粉河とんまか通り

c0112559_09075152.jpg
JR粉河駅から粉河寺に向かい県道124号粉河寺線を歩いて北上しました。20分弱で到着します。県道124号は、粉河駅の南側を東西に走る国道24号と粉河寺を結ぶ事を目的とした観光道路として整備された道路。この道路は「粉河とんまか通り」ともよばれ、春には「粉河とんまか雛通り」が開催されるとか。

和歌山県紀の川市粉河
撮影 : 2018.3.27
c0112559_09081815.jpg
JR粉河駅。和歌山駅と奈良県の王寺駅を結ぶJR西日本の和歌山線の駅です。
c0112559_09091243.jpg
駅の北口から粉河寺に向かう道は2車線の広い道。
c0112559_09100626.jpg
現在は参道になっています。昔からそうだったのかは分かりません。両側にいくつか古い商家風の住宅があります。
c0112559_09104767.jpg
この望楼みたいなものを中心に載せた町家は立派です。
c0112559_09111700.jpg
c0112559_09113947.jpg
c0112559_09115711.jpg
他にも古そうな町家があります。
c0112559_09123361.jpg
c0112559_09125364.jpg
c0112559_09131259.jpg
c0112559_09134821.jpg
c0112559_09140722.jpg
春には「粉河とんまか雛通り」が開催され市内約60か所に、さまざまなお雛様が飾られるとかで、これも通りのショーウィンドウです。
c0112559_09144435.jpg
横長の町家に「桃谷政次郎記念館」の看板がありました。大阪市に本社を置く「桃谷順天館」の創業の地で、創業者である桃谷政次郎氏の記念館でした。非公開らしいです。

桃谷政次郎記念館
和歌山県紀の川市粉河2147
c0112559_09151877.jpg
c0112559_09153907.jpg
これ以降も他の町家です。
c0112559_09161761.jpg
c0112559_09163424.jpg
c0112559_09173962.jpg
粉河寺大門の近くある天照皇大神宮(てんしょうこうたいじんぐう)。天正年間(1573 - 1593年)に藤堂高虎が氏神として崇敬した神社だそうです。高虎が伊勢へ転封の際に、現社殿を改築したと伝えられているそうなので、江戸初期建立の可能性がありますが、確認できませんでした。一見、新しそうです。

天照皇大神宮
和歌山県紀の川市粉河2090
c0112559_09190098.jpg
神木といわれる大楠。樹令千年余と推定される天然記念物です。
c0112559_09165425.jpg
和風建築だけじゃなく変わった洋風建築もあります。
c0112559_09200884.jpeg
JR粉河駅に戻り、和歌山線で再び和歌山へ。そこで乗り換えて大阪に戻ります。

by gipsypapa | 2018-10-23 09:23 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29809958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-10-24 06:46
ちらほらと、
古い建物も残されているのですね。
点ではなく、線、面で残されていれば、
立派な観光資源となったでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2018-10-24 08:59
j-garden-hirasato さん
計画的に町並みを保存しなかったようです。
それが普通とは思いますが
少し気のきいた地元の有力者が
指導していれば、
もっと観光地として賑わったでしょうね。
<< 田辺市の鬪雞神社 粉河の十禅律院 >>