岩国市の錦雲閣

c0112559_09170375.jpg
錦雲閣 (きんうんかく) は、旧岩国藩主吉川家の歴代を祀る吉香神社の絵馬堂。1885(明治18)年に旧岩国藩主吉川家の居館跡が吉香公園として開放されたときに、旧藩時代の矢倉に似せて造られました。

入母屋造り、桟瓦葺きの楼閣風建築で、階下は土間敷で,外周は入口を除き腰を板壁として内側に腰掛縁を設け、階上は板敷で高欄付切目縁を廻しています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

錦雲閣
1885(明治18)年
設計・施工 : 不明
山口県岩国市横山2-8
撮影 : 2018.2.27
c0112559_09181657.jpg
c0112559_09183728.jpg
c0112559_09185568.jpg
これ以降はネットにあった写真を借用しています。
c0112559_09192578.jpg
c0112559_09194083.jpg
c0112559_09195524.jpg
c0112559_09201222.jpg
c0112559_09202987.jpg

by gipsypapa | 2018-10-07 09:20 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29782196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-10-08 09:32
絵馬を飾るために、
こんな立派なお堂を造っちゃったんですか。
スゴイですね。
Commented by gipsypapa at 2018-10-09 08:47
j-garden-hirasato さん
かなり特殊な建造物です。
よく残っているなと感心します。
公園内のランドマークなので
大事にしたいですね。
<< 岩国市の旧目加田家住宅 岩国市の香川家長屋門 >>