津和野カトリック教会

c0112559_08102898.jpg
津和野町役場の向かい側には、武家屋敷のなまこ壁が並ぶ殿町の景観の中では異彩を放つ津和野カトリック教会があります。長崎浦上のキリシタン信徒の殉教地として知られる津和野にヴィリオン神父によって明治中期に創設された教会で,現在の建物は昭和初期の再建です。

津和野町観光協会の記事では「ドイツ人シェーファー神父が建てた教会」とありますが、神父が設計したのか、単に再建の指揮を執ったのかはわかりません。さらに別のサイトではドイツ人ヴェケレー神父というのもいくつかあり、これも確認できませんでした。また再建年も昭和4年と6年の二つの記述があります。ここでは文化庁の文化遺産オンラインにある昭和4年とします。

カトリック教会らしい尖塔単塔式の重厚なゴシック建築ですが、礼拝堂内部は畳敷きに色鮮やかなステンドグラスの組み合わせが印象的です。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

津和野カトリック教会堂
1929(昭和4)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
島根県鹿足郡津和野町後田66
撮影 : 2018.2.26
c0112559_08171606.jpg
c0112559_08174600.jpg
c0112559_08180835.jpg
なまこ壁の向こうに尖塔が立つ不思議な風景。
c0112559_08185927.jpg
c0112559_08191976.jpg
石造りのように見え、ネット上にそういう記述もありましたが、文化遺産オンラインでは木造平屋建てです。
c0112559_08201512.jpg
木造にモルタル仕上げして、石貼り風に見せているのでしょう。
c0112559_08205185.jpg
c0112559_08211299.jpg
玄関口から堂内を覗くことが出来ました。
c0112559_08214412.jpg
実際、内部を見ると窓のところの壁が薄いので石造りではないです。
c0112559_08223348.jpg
ツアーの案内が次に向かったので、中に入ることが出来ませんでした。
c0112559_08231953.jpg
幼稚園が併設されています。
c0112559_08235651.jpg
c0112559_08243694.jpg
帰りにも通りかかりましたが時間がなくこれ以上見れませんでした。ということでこれ以降はネットから。
c0112559_08251956.jpg
c0112559_08253906.jpg
c0112559_08255805.jpg
c0112559_08261700.jpg
c0112559_08263733.jpg
聖堂の右奥に神父館があります。内部は1階に事務室や応接室、食堂、2階に居室三室などがあるとか。昭和2年に建てられた木造2階建てで、地方における教会施設の一例として国の登録有形文化財に指定されています。

津和野カトリック教会 神父館
1917(昭和2)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08273633.jpg

by gipsypapa | 2018-09-17 08:27 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29746949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-09-18 07:17
ナマコ壁の町並みに、
教会がドーンとですか。
これは目立ちますね。
礼拝堂が畳敷きなんですか。
日本ならではの光景ですね。
Commented by gipsypapa at 2018-09-18 21:04
j-garden-hirasato さん
目立ちますね。
武家屋敷の町並みに堂々と
典型的な西洋建築があるのも
キリシタン難民を受け入れた
津和野の歴史に関係しているようです。

<< 国定公園 秋吉台 津和野町役場津和野庁舎 >>