小布施の高井鴻山記念館

c0112559_08234941.jpg
高井鴻山(たかい こうざん)は本名を市村健といい、江戸時代に小布施で財を成した豪農商。この屋敷は葛飾北斎が晩年に滞在したところで、佐久間象山、久坂玄瑞、藤本鉄石などの文人墨客が多く訪れたそうです。高井鴻山記念館は小布施町教育委員会が運営する、高井鴻山の足跡を伝える記念館です。

高井鴻山は小布施にある、小布施堂や桝一市村酒造場を経営する市村家 12代当主でした。当時の面影を色濃く残す建物とともに、鴻山が数多く残した書画の作品を展示しています。

高井鴻山記念館
江戸末期
設計・施工 : 不明
長野県上高井郡小布施町小布施805-1
撮影 : 2017.12.16
c0112559_08242398.jpg
裏口が栗の小径にあります。
c0112559_08245821.jpg
c0112559_08254135.jpg
中を見たかったのですが、すでに夕暮れ間近。時間切れです。
c0112559_08262724.jpg
c0112559_08264743.jpg
正門は裏口の反対側にあるようです。この写真以降はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08273597.jpg
c0112559_08275922.jpg

by gipsypapa | 2018-08-25 08:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29705791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-08-26 08:39
北斎のパトロン、高井鴻山のお屋敷ですね。
長野に来たばかりの頃は、
よく行きましたが、
最近では、
栗の小道は歩いても、
ずいぶんご無沙汰していました。
今度行ったときは、入ってみようかな。
Commented by gipsypapa at 2018-08-27 10:51
j-garden-hirasato さん
この一角は雰囲気がよくて気に入りました。
この屋敷も入るつもりでしたが
北斎館で時間をかけすぎて
閉館時間になっていたので
あきらめました。
チャンスがあれば再挑戦したいです。
<< 小布施 寄り付き料理 蔵部 小布施の「栗の小径」 >>