名古屋市役所へ再び

c0112559_08273360.jpg
愛知県庁の北隣が名古屋市役所。県庁の5年前に建てられました。この建物も9年ぶりの訪問。愛知県庁と同様にそのときは登録有形文化財でしたが、今は重要文化財に格上げされています。今回は中を見ることが出来ました。

昭和初期に昭和天皇の即位御大典の記念事業として建設されました。懸賞募集に当選した平林金吾の案を基に,名古屋市建築課が設計。設計に当たっては,近代的な建築に和風の屋根を載せる帝冠様式のはしりとされる神奈川県庁舎の設計スタッフを招聘したといわれています。

塔の屋根は名古屋城を意識したもので,頂部に四方睨みの鯱を載せています。隣接する愛知県庁舎のデザインに影響を与えたそうです。国の重要文化財の鉄骨鉄筋コンクリート造り5階建て、地下1階、塔屋付。

名古屋市役所本庁舎
1933(昭和8)年
重要文化財
設計 : 平林金吾(コンペ原案)、名古屋市建築課
施工 : 大倉土木
愛知県名古屋市中区3-1-1
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08462890.jpg
c0112559_08465184.jpg
中央にそびえ立つのはシンボルの時計塔。
c0112559_08472465.jpg
c0112559_08474638.jpg
c0112559_08480462.jpg

ここも何事もなく中へ入ることが出来ました。
c0112559_08483645.jpg
玄関ホールの柱や階段手すりは大理石が使われ、アーチ部分には文様を刻んだテラコッタ。
c0112559_08491375.jpg
大理石は山口県産の「小桜」というもので、国会議事堂の余材を使用したそうです。
c0112559_08495008.jpg
廊下の腰部がタイル貼りなのは、昭和初期らしいです。
c0112559_08502792.jpg
c0112559_08504796.jpg
大理石の階段と装飾された灯具。愛知県庁は質素でしたが、ここは豪華です。
c0112559_08512505.jpg
c0112559_08514427.jpg
c0112559_08520622.jpg
c0112559_08522897.jpg
レリーフがありますが、詳細はわかりませんでした。
c0112559_08532253.jpg
c0112559_08534335.jpg
c0112559_09023536.jpg
1階床の市松模様もおしゃれです。
c0112559_08543890.jpg
c0112559_08550334.jpg
c0112559_08552519.jpg
c0112559_08554469.jpg
c0112559_08560427.jpg
c0112559_08563001.jpg
これ以降はネットの写真を借用しています。屋根を二層にした塔の頂上には、四方にらみのしゃちを載せ、名古屋城を意識した意匠。
c0112559_08570615.jpg
市長の執務室。河村たかし市長の部屋ですね。
c0112559_08574024.jpg
貴賓室と、
c0112559_08581627.jpg
円形議場です。

名古屋編はこれで終わります。次回から長野です。

by gipsypapa | 2018-07-31 08:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29662441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-08-01 07:13
名古屋市庁内も素敵ですね。
県より市の方が、
まだ敷居は低いでしょうか。
屋根を取って、
無理無理屋上緑化をしていますが、
ココまで必要かなあ、という気がします。
Commented by gipsypapa at 2018-08-01 08:26
j-garden-hirasato さん
ははは、河村たかし市長の趣味でしょうか。
<< 蔵の町並み 須坂 愛知県庁を再訪 >>