名古屋の那古野神社

c0112559_08222472.jpg
名古屋東照宮の東に隣接する那古野神社(なごやじんじゃ)です。創建は醍醐天皇の御代、延喜11年(911年)といわれています。現在の中区丸の内にありましたが、廃藩置県により明治9年に現在地に移されたとか。

この神社も1945(昭和20)年の空襲で焼失したのため戦後再建されたものです。また境内にあった神楽殿は戦災を免れたましたが、これも1992年(平成4年)に火災で焼失して再建されました。

那古野神社
1946(昭和20)年以降
設計・施工 : 不明
愛知県名古屋市中区丸の内2-3-17
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08230740.jpg
c0112559_08233336.jpg
向こうに見えるのは名古屋東照宮の福寿稲荷社です。
c0112559_08240606.jpg
神楽殿は古く見えますが、平成になって再建されたもの。
c0112559_08244611.jpg
c0112559_08250573.jpg
c0112559_08252694.jpg
本堂は戦災で消失したため戦後に再建されました。
c0112559_08262236.jpg
c0112559_08264952.jpg
本堂前の狛獅子。
c0112559_08274075.jpg
c0112559_08280528.jpg
神楽殿前にもう一対。
c0112559_08285352.jpg

by gipsypapa | 2018-07-26 08:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29653309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-07-27 07:14
あばら骨まで表現された狛犬、
見た記憶がありません。
意識していなかっただけかなあ。
Commented by gipsypapa at 2018-07-27 08:26
j-garden-hirasato さん
ははあ、気づきませんでした。
言われてみれば珍しいですね。
今まで気にしたことがないので
自信はありませんが。
<< 坂文種報徳会本町ビル(堤靴店) 名古屋東照宮 >>