和歌山県庁

c0112559_08015281.jpg
和歌山城公園に南側を西に進むと県庁があります。昭和初期に建てられ、和歌山大空襲で破壊を免れ残った建物です。タイル貼の外壁に二連アーチ窓を並べ、頂部や玄関ポーチをテラコッタの装飾で飾り、様式主義からモダニズムに移行する時代をよく表現しています。

設計は和歌山県技師の増田八郎で、顧問には「内田ゴシック」といわれる一連の東京大学の建物を設計した内田祥三が委嘱されました。この建物も「内田ゴシック」の影響を受けているようです。国の登録有形文化財の地上4階の鉄筋コンクリート造り、地下1階。

和歌山県庁舎
1937(昭和12)年
設計 : 増田八郎(県技師)+内田祥三(顧問)
施工 : 清水組
和歌山市小松原通1-1
撮影 : 2017.10.17
c0112559_08025070.jpg
c0112559_08031351.jpg
c0112559_08033590.jpg
c0112559_08040048.jpg
飾り柱の先端を三角形にした意匠は東京大学の建物で多く見かけた「内田ゴシック」
c0112559_08051078.jpg
c0112559_08053104.jpg
c0112559_08055242.jpg
c0112559_08061225.jpg
入ったところに受付があったので、見学を申し入れたら、あっさりと「ああ、レリーフですね。」とOK。
c0112559_08070467.jpg
c0112559_08072334.jpg
レリーフの意味は中に入って分かりました。
c0112559_08080057.jpg
和歌山県庁本館には、郷土の芸術家、保田龍門が製作したレリーフの大作2枚が飾られています。
c0112559_08091023.jpg
「丹生都比売命(にうつひめのみこと)」。古事記に登場する神で、天照大神の妹君です。
c0112559_08095833.jpg
c0112559_08101978.jpg
c0112559_08103736.jpg
c0112559_08105336.jpg
c0112559_08111270.jpg
c0112559_08113269.jpg
c0112559_08115210.jpg
c0112559_08121008.jpg
もう一つレリーフがあります。
c0112559_08133378.jpg
「高倉下命」。古事記・日本書記に登場する神です。
c0112559_08141042.jpg
c0112559_08143292.jpg
c0112559_08150287.jpg
c0112559_08152789.jpg

by gipsypapa | 2018-07-16 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29634979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-07-16 11:46
県庁は、
レトロな建物のものが多いですね。
この建物も立派です。
内部もキレイにリニューアルされていますか。
レリーフが有名なんですね。
Commented by gipsypapa at 2018-07-17 08:22
j-garden-hirasato さん
文化財の庁舎は各地にありますよね。
まだまだ見てないところがあります。
まったく知らずに行ったのですが
レリーフを見に来る人が多いんでしょうね。
<< 和歌山市の中心を歩く 和歌山の加田家住宅塀・表門 >>