和歌山城西之丸庭園 御橋廊下

c0112559_08264688.jpg
御橋廊下(おはしろうか)は藩主が居住する二之丸と紅葉渓庭園のある西之丸を行き来するための橋で、長さ27m、幅約3m。江戸時代には藩主とそのお付きの人だけが行き来できました。

瓦葺きの屋根を載せ、外から見えないように廊下のような造りになっています。斜めに架かる廊下橋として、全国的にも珍しい構造。江戸時代の図面を元に復元されました。

和歌山城西之丸庭園 御橋廊下
2006(平成18)年(復元)
設計・施工 : 不明
和歌山市一番丁3-2
撮影 : 2017.10.17 & 2018.3.26
c0112559_08360009.jpg
c0112559_08374678.jpg
この堀をまたぐように架けられています。
c0112559_08383947.jpg
c0112559_08401668.jpg
東側の入り口。
c0112559_08404990.jpg
通り抜けは無料。
c0112559_08422173.jpg
入り口で履物を脱いで、ポリ袋に入れて手に提げて歩きます。
c0112559_08424006.jpg
外見以上に傾いた廊下です。
c0112559_08435394.jpg
いくつか小窓があり・・・
c0112559_08441378.jpg
堀を眺めることができます。
c0112559_08445340.jpg
靴下履きなので滑りそうで歩きにくかったです。
c0112559_08460684.jpg
c0112559_08462686.jpg
西の出口。
c0112559_08492077.jpg
西之丸紅葉渓庭園から。
c0112559_08520745.jpg
これは今年の3月の撮影です。

by gipsypapa | 2018-07-10 09:01 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29624300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-07-12 07:52
橋、なのか、廊下なのか、
これは珍しいですね。
さすが、徳川御三家です。
Commented by gipsypapa at 2018-07-12 08:16
j-garden-hirasato さん
当時、殿様やお付きの人たちは
草履をはいて渡ったんでしょうか。
それとも足袋?
いずれにしろ歩きにくいです。(^^)
Commented by Tomato at 2018-07-15 18:42 x
写真で見る感じだと結構角度がありますね、一回転ぶと下まで転がっていきそう。。
Commented by gipsypapa at 2018-07-16 07:56
Tomato さん、
十分ありえます。歩きながら不安になりました。
<< 和歌山城西之丸庭園(紅葉渓庭園) 和歌山城公園 和歌山城 >>