鶴ヶ城公園 茶室「麟閣」

c0112559_08283538.jpg

鶴ヶ城公園の南端にある茶室「麟閣(りんかく)」は千利休の子、少庵が建てたといわれています。利休が豊臣秀吉に切腹を命ぜられたのち、少庵は、当時の会津領主の蒲生氏郷(がもううじさと)によって、会津に招かれ、保護されました。氏郷が、ここに茶室を建てて茶道振興を図ったことにより、千家茶道の命脈はつながれたわけです。少庵はのちに許され京都に戻り、千家茶道を再興。表千家、裏千家、武者小路千家と受け継がれることになります。

麟閣は明治7年に若松城が解体されるとき、石州流怡渓派森川善兵衛が政府に願い出て自宅に移築し、保存されていましたが、平成2年に、元の場所である鶴ヶ城内に移築復元されました。美しく手入れされた庭園と一体となった美しい茶室です。

鶴ヶ城公園 茶室「麟閣」
1990(平成2)年(移設・復元)
福島県指定重要文化財
設計・施工 : 不明
福島県会津若松市追手町1-1
撮影 : 2017.10.2
c0112559_08295048.jpg
c0112559_08301243.jpg
c0112559_08303296.jpg
c0112559_08322048.jpg
門をくぐると受付があります。入園料は200円でした。
c0112559_08310303.jpg
c0112559_08312645.jpg
c0112559_08330392.jpg
庭はよく手入れされています。
c0112559_08344883.jpg
c0112559_08352819.jpg
c0112559_08360535.jpg
庭園を眺めながらお茶を楽しむこともできます。
c0112559_08370028.jpg
c0112559_08373700.jpg
c0112559_08381256.jpg
茶室麟閣は三畳台目(さんじょうだいめ)席の「麟閣」と、その北側に六畳間の「鎖の間(くさりのま)」をつないで一つの建物にして、屋根は茅葺きです。
c0112559_08390729.jpg
c0112559_08395558.jpg
c0112559_08401582.jpg
c0112559_08403427.jpg
c0112559_08405330.jpg
c0112559_08411506.jpg
c0112559_08413394.jpg
c0112559_08415465.jpg
c0112559_08421594.jpg
c0112559_08423777.jpg
c0112559_08430750.jpg
c0112559_08433087.jpg
c0112559_08440943.jpg
c0112559_08442917.jpg
c0112559_08445088.jpg
c0112559_08451310.jpg
c0112559_08460064.jpg
c0112559_08465948.jpg
公園の南端、長い塀に囲まれた一角にあります。
c0112559_08482279.jpg
c0112559_08485710.jpg

by gipsypapa | 2018-06-29 08:49 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29603901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-30 18:02
そんな歴史があったのですね。
蒲生氏郷の保護がなければ、
今の千家茶道は存在しなかったということですか。
そう思うと、感慨深いですね。
Commented by gipsypapa at 2018-07-01 08:56
j-garden-hirasato さん
私もここで初めて知りました。
今の千家があるのは蒲生氏郷のおかげなんですね。
蒲生氏郷といえばレオ。
キリシタン大名でした。
Commented by Tomato at 2018-07-04 20:08 x
綺麗に手入れされた庭園で一休みにお茶をいただく、、いいですねぇ。。
都会の喧騒から離れたくなります。
Commented by gipsypapa at 2018-07-05 08:40
Tomato さん
お城よりここがお勧めです。
庭がいいですよね。
<< 鶴ヶ城稲荷神社 鶴ヶ城(会津若松城) >>