鶴ヶ城(会津若松城)

c0112559_08493931.jpg
鶴ヶ城は会津若松市追手町にあった城です。同じ名前の城が他にあるため、地元以外では会津若松城と呼ばれ、その方がなじみ深いです。国の史跡として若松城跡(わかまつじょうあと)の名称で指定されています。

鶴ヶ城は1384(弘和4)年に造営されたのが始まりだそうです。1593(文禄元)年に蒲生氏郷が本格的な天守閣を築城し、この時に積まれた石垣が400年以上経った現在でも残されています。現在の天守は1965(昭和40)年に外観復興再建されたもので、内部は「若松城天守閣郷土博物館」として公開されています。鉄筋コンクリート造り。

鶴ヶ城(会津若松城)
1965(昭和40)年
史跡
設計・施工 : 不明
福島県会津若松市追手町1-1
撮影 : 2017.10.2
c0112559_08502020.jpg
c0112559_08511311.jpg
鶴ヶ城会館からお堀端を歩きました。
c0112559_08515308.jpg
c0112559_08524137.jpg
c0112559_08532269.jpg
c0112559_08542475.jpg
c0112559_08552637.jpg
c0112559_08555395.jpg
天守閣が郷土博物館になっていますが、自分たちは他のお目当てがあるので入場しませんでした。
c0112559_08563017.jpg
c0112559_08565367.jpg
c0112559_08573321.jpg
c0112559_08581276.jpg
天守閣以外はほとんどが史跡です。
c0112559_08594649.jpg
復元物もいくつか。
c0112559_09002683.jpg
c0112559_09005665.jpg
c0112559_09021651.jpg
もうすぐアップする予定の「麟閣」の塀。
c0112559_09035871.jpg
c0112559_09044025.jpg
c0112559_09050448.jpg
この一角は干飯櫓(左側)と南走長屋で、2000(平成12)年に復元されたそうです。
c0112559_09055953.jpg
帯郭から本丸に入る正門で、門柱や扉の木の肌を出さないために、全て鉄板で覆い包んでいるので鉄門(くろがねもん)と呼ばれます。
c0112559_09064490.jpg
c0112559_09070761.jpg
c0112559_09073034.jpg
c0112559_09075362.jpg
一周しました。

by gipsypapa | 2018-06-28 09:08 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29602044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tomato at 2018-06-30 00:18 x
漫画の影響で会津若松城は子供の頃から思い入れのあるお城です。いつか行ってみたいと思っています。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-30 18:04
コンクリート造ですか。
構造はどうであれ、
復元されたのは、イイことです。
今ならできないでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2018-07-01 08:51
j-garden-hirasato さん
大阪城や名古屋城も鉄筋コンクリート造り。
復元して記憶に残すというのはいいことですね。
たた名古屋城は立派な天守閣を壊して
木造に建て替えるそうです。
あの河村市長の強い意向です。
名古屋城は後にアップする予定です。
Commented by gipsypapa at 2018-07-01 08:52
Tomato さん
漫画?
知りませんが白虎隊かなにかがテーマでしょうか。
<< 鶴ヶ城公園 茶室「麟閣」 会津 鶴ヶ城会館 >>