開山 中尊寺

c0112559_08223171.jpg
ツアー3日目の午前中に中尊寺へ到着。中尊寺は950(嘉祥3)年に、比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれた天台宗の寺院。 その後、12世紀の初めに奥州藤原氏の初代清衡公によって大規模な堂塔の造営が行われました。

奥州藤原氏三代ゆかりの寺として有名で、3000点以上の国宝や重要文化財など平安時代の美術、工芸、建築の文化財があります。境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されているほか2011(平成23)には「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されました。

開山 中尊寺
世界遺産
史跡名勝天然記念物
岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
撮影 : 2017.10.1
c0112559_08232896.jpg
c0112559_08252838.jpg
c0112559_08271449.jpg
月見坂と呼ばれる緩やかな参道を登った丘の上に諸堂が点在しています。
c0112559_08281966.jpg
ここ平泉は奥州藤原氏が二度にわたり源義経をかくまっています。
c0112559_08303996.jpg
義経・弁慶終焉の地としても知られていますね。
c0112559_08312265.jpg
松尾芭蕉は平泉で「夏草や 兵どもが 夢の跡」と「五月雨の 降り残してや 光堂」の2句を残したそうです。
c0112559_08331307.jpg
c0112559_08340144.jpg
本堂
c0112559_08352836.jpg
月見坂を登った右手の中尊寺本坊内に本堂があります。明治末期の建立です。本尊は丈六釈迦如来坐像。

本堂
1909(明治42)年
設計・施工 : 不明
c0112559_08362011.jpg
表門はいわゆる山門です。一関藩主「伊達兵部宗勝」の居城であった一関城から1659(万治2)年に移築されたそうです。
c0112559_08381402.jpg
普通の寺院の山門と形が違うのは、武家屋敷の薬医門だから。
c0112559_08391335.jpg
c0112559_08394463.jpg
本堂は中尊寺にある他の建物より新しい明治末期の建立。
c0112559_08410910.jpg
c0112559_08413610.jpg
c0112559_08420623.jpg
c0112559_08424316.jpg
c0112559_08430709.jpg
境内には他にも見所が一杯ですが、それらは徐々に。

by gipsypapa | 2018-06-05 08:43 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29536432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-06 06:39
ずいぶん前に行ったことがありますが、
金色堂しか覚えていませんね。
参道も本堂も、
記憶がございません(笑)。
Commented by gipsypapa at 2018-06-06 08:38
j-garden-hirasato さん
金色堂の印象が強いのはよく分かります。
自分も見たかったのは金色堂でした。
中尊寺が旅程に入っていたのも
ツアーに参加した理由の一つでした。
Commented by Tomato at 2018-06-10 05:16 x
綺麗な参道ですね。ここで数百年の出来事に思いを馳せるもいいかもです。
Commented by gipsypapa at 2018-06-10 08:08
Tomato さん
日本はお寺と神社が緑を守り続けています。
周辺が都市化してもそこだけは緑です。
ありがたいです。
<< 中尊寺金色堂 雫石高倉温泉に1泊 >>