伊東観光番

c0112559_08534725.jpg
ケイズハウスから東に進み松川に架かる大川橋を渡ると南側にある伊東観光番。戦後に建てられた松原交番だった建物を利用した観光案内所です。左右対称の真っ白な建物で、1階は左右が四半円形の曲面壁になる軽快で特徴的な外観です。静岡県内に現存する最古の交番建築だとか。国の登録有形文化財の補強コンクリートブロック造り2階建て。

伊東観光番
旧伊東警察署松原交番
1958(昭和33)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
静岡県伊東市渚町2-48
撮影 : 2017.8.29
c0112559_08543278.jpg
補強コンクリートブロック造りとは、空洞コンクリートブロックを鉄筋で補強して耐力壁をつくり、壁頂部を鉄筋コンクリート造の梁でつなぎ一体化した形式の構造だとか。
c0112559_08551866.jpg
詳細は分かりません。中村鎮の鎮ブロックのようなものでしょうか。
c0112559_08555906.jpg
交番建築はそれぞれの土地特有のデザインが採用されて、面白いのが多いのですが、これもその一つです。


by gipsypapa | 2018-05-07 08:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29479160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-05-08 07:01
おおー、
可愛らしいレトロな交番ですねえ。
いつまでも、
このままの姿で残してもらいたいものです。
Commented by gipsypapa at 2018-05-09 07:51
j-garden-hirasato さん
戦後の築で、
交番が有形文化財になってるのは珍しいです。
それに比べて東海館が国じゃなく
市の文化財にしかなってないのが不思議でした。
この建物は観光案内所になっているので
当面、大丈夫でしょうね。
<< 伊東温泉 壷ふじそば店 伊東温泉東海館(その2) >>