佐原三菱館

c0112559_08125762.jpg
佐原にあるもう一つの銀行建築、佐原三菱館です。旧川崎銀行佐原支店として建てられ、その後、三菱銀行と合併し、三菱銀行佐原支店となったために、三菱館と呼ばれています。

明治から大正時代に多く建てられた洋風煉瓦造建築で、外観はルネサンス建築様式を意識しています。左右非対称で正面右側にドームを載せた外観は、和風建築が数多く残り「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された、佐原の町ではランドマーク的な建物です。

銀行建築なので、内部は吹き抜けになっており2階周囲に回廊があります。外壁に使用されている煉瓦はイギリスから輸入されたものだとか。設計施工は清水組(現、清水建設)。千葉県指定有形文化財のレンガ造り、2階建て。

佐原三菱館
旧川崎貯蓄銀行佐原支店
1914(大正3)年
千葉県指定有形文化財
設計・施工 : 清水組(清水満之助本店)
千葉県香取市佐原イ1903-1
撮影 : 2017.7.9
c0112559_08133811.jpg
正面右に入り口があり、階段室もあるようです。
c0112559_08140945.jpg
側面です。
c0112559_08144760.jpg
c0112559_08150163.jpg
明治のルネサンス様式らしいドーム。
c0112559_08152785.jpg
c0112559_08154313.jpg
c0112559_08160091.jpg
館内で企画展を開催するなど、観光施設として活用されいるらしいのですが、この日は閉まっていました。ネットにあった内部の写真を借用します。
c0112559_08163133.jpg

by gipsypapa | 2018-04-09 08:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29422670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-04-10 07:42
三菱はレンガ造が多いですね。
当時の方針だったのでしょうか。
建物内も、
当時の銀行らしく、
二階に回廊が回されていますね。
Commented by gipsypapa at 2018-04-10 08:12
j-garden-hirasato さん
明治初期に東京駅の周辺に
多くの煉瓦建築を建てたのが
三菱地所だそうです。
その頃からの伝統でしょうか。
<< 佐原のX邸 佐原の小堀屋本店別館(旧千葉合... >>