尾山神社

c0112559_08421590.jpg
市内に1泊し、翌日は、昼前にチャックアウト。駅に向かう途中に立ち寄った最後の訪問地は尾山神社です。尾山神社は江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつで、加賀藩祖の前田利家と正室お松の方を祀る神社です。

有名な神門は、石造と木造の混構造による3層の楼閣門。1層目は木骨煉瓦造りに石貼りを施した3連のアーチになっています。2階・3階は木造漆喰塗りで、上に行くごとに細くなり、垂直ではなく竜宮城のようにカーブしていて、中国南方の寺院の門の作りを想起させます。

欄干、ガラスなど、細部にさまざまな意匠をちりばめ、和風建築に洋風や中華風の手法を混用した特異な外観で、他に類例を見ない貴重な建物です。棟梁・津田吉之助の設計施工で、国の重要文化財の石及び木造、3階建て。

尾山神社神門
1875(明治8)年
重要文化財
設計・施工 : 津田吉之助
石川県金沢市尾山町11-1
撮影 : 2017.6.6
c0112559_08432817.jpg
c0112559_08440252.jpg
c0112559_08442008.jpg
c0112559_08444466.jpg
c0112559_08450182.jpg
c0112559_08452894.jpg
洋風の石貼りの門の中には、日本らしい装飾彫刻。
c0112559_08464185.jpg
c0112559_08470233.jpg
c0112559_08472007.jpg
c0112559_08473809.jpg
c0112559_08480079.jpg
c0112559_08482410.jpg
c0112559_08484379.jpg
避雷針が立っています。
c0112559_08492004.jpg
c0112559_08493975.jpg
夜景はネットにあった写真を借用しています。
c0112559_08501605.jpg
他にも見所がありました。境内のマップです。1.本殿 2.拝殿 3.神門 4.利家公像 5.お松の方像 6.授与所 7.金谷神社 8.東神門 9.神苑
c0112559_08505508.jpg
c0112559_08511968.jpg
拝殿は入母屋造屋根瓦葺き。
c0112559_08520769.jpg
c0112559_08523443.jpg
金沢城金谷出丸にあった旧金谷御殿から移築したそうです。
c0112559_08531549.jpg
c0112559_08533476.jpg
c0112559_08540184.jpg
HPにある内部の写真です。
c0112559_08543768.jpg
c0112559_08545908.jpg
c0112559_08552760.jpg
c0112559_08572167.jpg
拝殿の後方右側には煉瓦塀の玉垣。
c0112559_08581312.jpg
剣梅鉢のご紋すかしが入っています。建造年は分かりませんでしたが、金沢で最初に煉瓦を使ったらしいです。
c0112559_09002133.jpg
奥まった塀の向こうにあるのが本殿です。
c0112559_09011923.jpg
見にくいのですが、古式に則った三間社流造だそうで、簡素ながらも神厳に満ちた社殿です。
c0112559_09014061.jpg
金谷神社。
c0112559_09024844.jpg
2代藩主前田利長公をはじめ3代から17代までの藩主、当主と正室(夫人)をお祀りしています。
c0112559_09033578.jpg
c0112559_09035888.jpg
c0112559_09042374.jpg
c0112559_09044619.jpg
c0112559_09050830.jpg
c0112559_09053110.jpg
東神門は旧金沢城の二の丸の唐門だったもので、明治3年以来、旧卯辰山招魂社前にあったものを、昭和38年に当社境内地に移築したとか。桃山風御殿建築の様式を偲ぶ貴重な建造物として国の登録有形文化財に指定されたいます。

東神門
江戸中期 / 1963(昭和38)年移築
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_09074425.jpg
c0112559_09080930.jpg
金沢城は何度かの火災で、ほとんどの建造物が焼失しましたが、この門が難をのがれました。
c0112559_09082771.jpg
難をのがれたのは、この二匹の竜が水を呼んだためと伝えられています。
c0112559_09101525.jpg
利家公像。織田信長に仕え、槍の名手だったため、「槍の又左」の異名をもっていたそうです。
c0112559_09112384.jpg
お松の方像。前田利家の正室で、学問や武芸をたしなむ才能豊かな女性であったと伝えられています。
c0112559_09121799.jpg
神苑は旧金谷御殿の庭園で、古代舞楽の楽器を模した地泉廻遊式の名園で石川県指定名勝です。
c0112559_09131307.jpg
c0112559_09134021.jpg
c0112559_09140259.jpg
これ以降はネットの写真を借用しています。
c0112559_09144134.jpg
c0112559_09150030.jpg
七尾、和倉温泉から金沢を訪ねた石川県編はこれで終わりです。

by gipsypapa | 2018-03-20 09:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29381263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-03-21 14:18
以前、訪れたことがありますが、
こんな配置だったかなあ。
お庭も見たはずですが、
全然覚えていません。
人の記憶って、
当てにならないものですね。
Commented by gipsypapa at 2018-03-22 07:24
j-garden-hirasato さん
実は私も2回目でしたが
ずいぶん前のことで
記憶に残っているのは神門だけでした。
神門はさすがに、
ステンドグラスを覚えていました。
<< 海ほたる 日本銀行金沢支店 >>