日本銀行金沢支店

c0112559_13433218.jpg
日銀金沢支店は1909(明治42)年に日本海側初の出張所として開設し、全国9統括支店の一つで、北陸3県を統括しているそうです。初代の建物は辰野金吾だったそうです。今の日銀金沢支店の建物は昭和29年に建てられた2代目に当たります。鉄筋コンクリート造り2階建て、地下1階。

日本銀行金沢支店
1954(昭和29)年
設計・施工 : 不明
石川県金沢市香林坊2-3-28
撮影 : 2017.6.6
c0112559_13440777.jpg
c0112559_13442693.jpg
c0112559_13444309.jpg
c0112559_13450009.jpg
c0112559_13451784.jpg
ネット情報によると、老朽化のために解体して金沢駅の西側に移転することが検討されているそうです。

by gipsypapa | 2018-03-19 13:45 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29379617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-03-21 14:14
戦後になると、
ずいぶんアッサリとしたデザインになっちゃうんですね。
Commented by gipsypapa at 2018-03-22 07:21
j-garden-hirasato さん
もともと銀行建築は2階建てで
1階の店舗が吹き抜けになっています。
戦後に建て替えられた日銀の建物も
同じ構造ですが
共通してこういうアッサリ系ですね。

<< 尾山神社 石川県庁舎石引分室 >>