石川四高記念文化交流館

c0112559_07513001.jpg
昼過ぎに金沢に到着。この年、金沢には3月にも行ったので2回目の訪問です。昼食を済ませて、ホテルのチェックイン前に兼六園周辺を散策しました。まずは石川四高記念文化交流館へ。

明治24年に建てられた旧第四高等中学校だった建物です。その後も旧制第四高高等学校を経て、金沢大学理学部、金沢地方裁判所、石川県立郷土資料館として使用されました。現在は文部科学省の所有で、石川県が文化庁から使用許可を受けた文化施設になっています。正面に向かって左側が無料の四高記念館、右側は有料の石川近代文学館です。

設計は文部省営繕の山口半六と久留正道(くる・まさみち)。単純な形状の煉瓦造ですが、初期の公立学校として貴重であることから国の重要文化財に指定されています。国の重要文化財の煉瓦造り、2階建て。

石川四高記念文化交流館
旧第四高等中学校本館
1891(明治24)年
重要文化財
設計 : 山口半六・久留正道
施工 : 真柄組
石川県金沢市広坂2-2-5
撮影 : 2017.6.6
c0112559_07524150.jpg
山口半六(1858 - 1900)は文部省在籍時に多くの学校建築を手がけた建築家。
c0112559_07532791.jpg
旧第五高等中学校本館、第三高等中学校寄宿舎、食堂(現・京都大学吉田寮)、旧東京音楽学校奏楽堂、兵庫県庁舎など公共施設を多く手がけています。
c0112559_07535935.jpg
いわゆる門衛舎です。
c0112559_07551698.jpg
c0112559_07553936.jpg
久留正道(1855-1914)は山口半六の文部省の後輩で、明治後期から学校建築を数多く手がけた建築家。
c0112559_07570481.jpg
大阪市立愛珠幼稚園、国際子ども図書館、京都大学学生部留学課留学生センター、京都大学本部構内正門などを設計しています。
c0112559_07580043.jpg
c0112559_07581819.jpg
c0112559_07583746.jpg
c0112559_07585639.jpg
c0112559_07591966.jpg
c0112559_07594198.jpg
c0112559_08000021.jpg
c0112559_08002005.jpg
c0112559_08003406.jpg
中に入らなかったので、内部写真はネットから借用します。
c0112559_08010860.jpg

by gipsypapa | 2018-03-08 08:01 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29356956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-03-09 06:42
金沢には何度か行きましたが、
そのときは兼六園メインだったので、
この建物は知りませんでした。
中にも入れるのですね。
ぜひ、訪れてみたいです。
Commented by gipsypapa at 2018-03-09 08:21
j-garden-hirasato さん
自分も中は見なかったので
今度行かれたら
中の写真を撮ってきてください。
<< 石川県政記念しいのき迎賓館 能登半島を七尾線で縦断 >>