和倉温泉 信行寺の清涼閣

c0112559_08180317.jpg
青林寺の近くに真宗大谷派の信行寺があります。本堂は昭和48年に再建されたもので鉄筋コンクリート造りです。

渓雲山 信行寺
1978(昭和43)年
設計・施工 : 不明
石川県七尾市和倉町ソ11−1
撮影 : 2017.6.6
c0112559_08184799.jpg
c0112559_08190789.jpg
c0112559_08192425.jpg
c0112559_08194832.jpg
青林寺にあった明治42年の皇太子(後の大正天皇)の行啓にあわせて建てられた御便殿のうち、随行員の控室だった供奉殿をここにで移築したものです。ネットでは「清涼閣」とも呼ばれているようです。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

信行寺書院
旧和倉御便殿供奉殿
1909(明治42)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08212789.jpg
訪ねたときは御便殿供奉殿のことを知らなかったので、建物に近づいていせん。ストリートビューで横から。民家の向こうに屋根が見えます。
c0112559_08241453.jpg
これと次の写真は文化庁の文化遺産オンラインから。
c0112559_08244988.jpg
c0112559_08250384.jpg
こちらはネットにあった写真を借用しています。青林寺に移築された本殿部分とは廊下を介して接続していたそうです。

by gipsypapa | 2018-03-01 08:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29342433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 和倉温泉 無名の家屋 和倉温泉 青林寺の御便殿 >>