和倉温泉 少比古那神社

c0112559_08094713.jpg
渡月庵の裏手にある少比古那神社(すくなひこなじんじゃ)。大同年間(806年~810年)に裏手から温泉が湧き出たことを感謝して祀った湯の神、つまり和倉温泉の守り神です。石段を登ると小さな境内に拝殿と本殿、無病息災、家内安全、夫婦円満が叶うという夫婦神木があります。

少比古那神社
詳細 : 不明
石川県七尾市和倉町ヨ47
撮影 : 2017.6.6
c0112559_08102497.jpg
少名毘古那(スクナビコナ)は須久那美迦微、少彦名、少日子根などとも表記される日本神話の神です。
c0112559_08112869.jpg
裏手にある長く急な石段を上ると、かつての湯脈である「湯湧谷」へと続くそうですが、未確認。
c0112559_08121087.jpg
c0112559_08122987.jpg
夫婦神木。檜(ひのき)と欅(けやき)のペアです。
c0112559_08130160.jpg
「湯湧谷」に温泉が湧き出たことが和倉温泉の始まりだそうです。
c0112559_08133168.jpg
しかし、永承年間(1046~1053)年に起こった地震による地殻変動で湯脈が海の沖合に移動。
c0112559_08142657.jpg
現在は祠のみが、この裏の近くに移転されて残っています。
c0112559_08151294.jpg

by gipsypapa | 2018-02-24 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29331994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-02-25 08:33
源泉は移動してしまっても、
神様は、
ずっと鎮座されているのですね。
Commented by gipsypapa at 2018-02-28 09:16
j-garden-hirasato さん
はい、源泉は海の中だそうで
今もそこからくみ上げて
配管で温泉地に供給されているようです。
<< 和倉温泉 青林寺の御便殿 和倉温泉 弁天崎源泉公園 >>