和倉温泉 渡月庵

c0112559_08371216.jpg
初日の夜は和倉温泉の渡月庵(とげつあん)に泊まりました。大正ロマンの宿というネーミング通り、大正4年に芝端館(しばはなかん)という屋号で営業を開始した温泉旅館です。当時は本館と別館があったそうですが、本館はすでになく、現在の渡月庵は別館だった建物です。

建物は平成14年に改修されましたが、そのときに目の前の入り江に架かる渡月橋の名前をとって渡月庵に改名されたとか。和倉温泉の多くの旅館は、すべて新しく建て替えられているため、ここが現存する最も古い建物です。木造2階建て。

渡月庵
旧柴端別館
1915(大正4)年 / 1992(平成4)年改修
設計・施工 : 不明
石川県七尾市和倉町タ部1
撮影 : 2017.6.5 & 6
c0112559_08424114.jpg
c0112559_08434908.jpg
渡月橋からの眺めが素晴らしい。この橋の周辺は埋立地です。
c0112559_08443230.jpg
ちなみにこの入り江の渡月庵側の淵が昔の海岸線でした。
c0112559_08451978.jpg
昔は宿の往来は舟だったそうです。
c0112559_08471897.jpg
c0112559_08474262.jpg
c0112559_08480704.jpg
c0112559_08482581.jpg
玄関は向かって左側の引っ込んだところ。
c0112559_08490201.jpg
c0112559_08491568.jpg
案内されたのは2階の入り江に面した中央の部屋でした。
c0112559_08501692.jpg
c0112559_08503444.jpg
c0112559_08505190.jpg
檜や屋久杉など、当時最高のものを使ったといわれています。
c0112559_08514348.jpg
数寄屋造りの歴史を感じる佇まい。
c0112559_08521841.jpg
広い縁側からの眺めがいいです。
c0112559_08535026.jpg
向こうに見えるのが渡月橋。その向こうのビルのようなのが、あの「加賀屋」の一部です。加賀屋については明日に。
c0112559_08553839.jpg
昔は海岸線にあったのに、埋め立てられて眺めが制限されてしまいました。
c0112559_08561977.jpg
手前が昔の海岸線。
c0112559_08570619.jpg
c0112559_08572438.jpg
c0112559_08574139.jpg
c0112559_08575861.jpg
c0112559_08581472.jpg
c0112559_08583076.jpg
c0112559_08584824.jpg
大浴場の入り口。
c0112559_08592309.jpg
c0112559_08594200.jpg
男湯には浴槽が二つありました。
c0112559_09002453.jpg
食事は大広間で。
c0112559_09011464.jpg
c0112559_09013563.jpg
c0112559_09015893.jpg
夕食は海の幸と和牛のステーキがメインでした。
c0112559_09024452.jpg
ピクチャレスクな夜景。
c0112559_09031735.jpg
c0112559_09033286.jpg
柴端別館時代の写真がネットにありました。釣りをしていますね。海岸線だった証拠です。
c0112559_09040731.jpg
向かって左の建物は今はなき本館。

by gipsypapa | 2018-02-19 09:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29320508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-02-20 06:53
素敵な旅館ですね。
こういうところで、
温泉に浸かって、
ゆったりとした時間を過ごしたいものです。
ただ、
お部屋からの景色は、
ちょっと俗世間っぽいですねえ。
Commented by gipsypapa at 2018-02-21 09:11
j-garden-hirasato さん
季節はずれだったのか
宿泊客は2組だけで
自由に館内探索ができました。
眺めは前も左横も
加賀屋とそのチェーンのホテルしか見えません。
<< 和倉温泉 加賀屋 七尾市の町並み >>