七尾市の神野邸

c0112559_08185543.jpg
仙対橋の東側にあるもう一つの洋風建築は神野邸です。歯科医院として建てられた洋風の町家で、外壁はモルタル仕上げで目地を切って石造り風にしています。1階窓枠上の装飾や最上部軒下のデンティル(歯型装飾)など凝った意匠の看板建築で、国の登録有形文化財に指定されている木造2階建て。

神野家住宅主屋
1934(昭和9)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
石川県七尾市塗師町36-1
撮影 : 2017.6.5
c0112559_08201222.jpg
c0112559_08202928.jpg
c0112559_08204297.jpg
c0112559_08205667.jpg

by gipsypapa | 2018-02-16 08:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29307485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-02-17 18:07
シンプルだけど、
存在感がある建物です。
窓が木枠のままなのが、
嬉しくなりますね。
Commented by gipsypapa at 2018-02-18 14:39
j-garden-hirasato さん
木枠の窓の桟の幾何学模様が
おしゃれな感じです。
<< 七尾市の町並み 七尾市の春木屋洋品店 >>