利尻島のオタトマリ沼

c0112559_09355450.jpg
次に訪ねたのは「オタトマリ沼」です。利尻島の南部に広がる、島最大の湿原「沼浦(ぬまうら)湿原」にあり、アカエゾマツの原生林に囲まれた周囲約1.1kmの島で一番大きな沼です。

オタトマリ沼
利尻礼文サロベツ国立公園
北海道利尻郡利尻富士町鬼脇沼浦
撮影 : 2017.5.16
c0112559_09363091.jpg
アイヌ語で「砂のある入江」という意味のオタトマリ。
c0112559_09364874.jpg
c0112559_09383645.jpg
c0112559_09385194.jpg
遠くにたくさん浮かんでいる水鳥はカモメでしょうか?
c0112559_09391398.jpg
c0112559_09393383.jpg
c0112559_09401750.jpg
c0112559_09403550.jpg
湖畔にある「利尻富士町レストハウス」。
c0112559_09411110.jpg
c0112559_09412896.jpg
ここも再び「もし天気がよかったら」のネット写真です。
c0112559_09420284.jpg
逆さ富士。見たかったなあ。

by gipsypapa | 2018-01-25 09:42 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29186191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-01-26 06:41
利尻富士は見れませんでしたか。
それにしても、
舌を噛みそうな名前。
北海道の名前は独特ですね。
Commented by gipsypapa at 2018-01-26 08:51
j-garden-hirasato さん、
遠方への旅行の場合は
日程を決めるのが
かなり前になりますので
天候は運不運なのは仕方ないです。
とはいえ、アンラッキーでした。
<< 利尻島の仙法志御崎公園 利尻島の姫沼 >>