花蓮から台北へ

c0112559_09005803.jpg
花蓮から台北までは鉄道で移動です。特急列車、太魯閣号(タロコ号)に乗って2時間弱かかりました。
撮影 : 2017.4.19
c0112559_09013528.jpg
花蓮駅の外観写真はネットから借用しています。
c0112559_09022986.jpg
花蓮駅の構内。日本と変わりません。
c0112559_09020973.jpg
地下道を通ってホームへ。
c0112559_09032187.jpg
c0112559_09033823.jpg
華やかな列車が止まっていました。
c0112559_09043869.jpg
c0112559_09045301.jpg
太魯閣号(タロコ号)が到着。
c0112559_09052232.jpg
車両はTEMU1000型で、JR九州の885系「白いかもめ・ソニック」を基本とし、日立製作所が製造したものです。
c0112559_09055260.jpg
車両は台湾初の振り子式電車だとか。
c0112559_09061059.jpg
乗り心地はイマイチか。揺れを感じました。ちなみに西海岸を走る新幹線の乗り心地は日本と同じと聞きました。
c0112559_09083595.jpg
支給された駅弁です。
c0112559_09092611.jpg
車内も日本と変わりません。
c0112559_09101428.jpg
2時間弱で台北駅に到着。九份へ向かう途中、バスで市内を通ります。
c0112559_09110491.jpg
懐かしい総統府。以前、ここの正面を撮影しようとしたら、警備員にとめられましたが、写真を撮ってますね。
c0112559_09121553.jpg
・・と思ったら、やはり正面は誰も撮影してません。
c0112559_09124630.jpg
周辺には警察の車両が止まっています。
c0112559_09132192.jpg
やはりこの周辺はキュリティが厳しいです。総統府の裏側はそんなことはないんですが。
c0112559_09153149.jpg
c0112559_09154710.jpg
台北市の中心部を通っています。
c0112559_09163511.jpg
c0112559_09164821.jpg
ガイドさんがこれから行く九份の訪問先を漢字表記で教えてくれています。
夕食後は自由行動になるので、迷子になったときは、この漢字を見せろと言っているのです。

この日の夜は九份で、夕食と観光した後、野柳風景区のホテルに宿泊。
最終日の5日目は野柳風景区の地質公園を見て、故宮博物館の二度目の訪問した後、大阪へ帰りました。
この辺の写真は以前アップしていますので、今回の台湾編はこれで終わります。

by gipsypapa | 2018-01-20 09:19 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29162544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-01-21 10:08
写真すら撮らせてもらえませんか。
裏側は全然警備してませんけど。
どういうことでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2018-01-21 14:06
j-garden-hirasato さん
よく分からないのです。
裏側は衛兵は裏口に立っているだけで、
写真撮影をとがめるような人もいませんでした。
↓ の後半は裏側の写真です。
http://gipsypapa.exblog.jp/20937818/
<< サロベツ湿原センター 花蓮の大理石工場を見学(石之家) >>