台中の彩虹眷村

c0112559_07073750.jpg
この前の日月潭湖シリーズと順番が逆になりました。ツアー2日目の朝一番に行ったのは台中市の彩虹眷村です。この場所は、元は第2次世界大戦後、蒋介石の国民党軍が台湾に来た際に、同行した60万人の中国軍人たちなどが移住。そのときに開発された、台湾独特の「眷村」(軍人村)という住宅エリアです。

この手の地域は国民党が、以前からあった建物を利用し、集団住宅にした場合もありますが、多くは新しく都市の郊外に建てられたもので、小さな平屋の建物が集合した場所だそうです。ここ彩虹眷村は、時を経て老朽化し、再開発地区として取り壊しが計画された場所でした。

そんな場所が、ある日から、家の壁という壁、道路などいたる所にカラフルな絵が描かれた「虹の村」となり、徐々に有名になってきました。描いたのは「黄じいさん(黄伯伯)」こと黄永阜さん。すでに90歳を超えているそうですが、私が訪ねたときはまだまだお元気で、とてもそんな年齢には見えませんでした。

彩虹眷村
台中市春安路56巷
撮影 : 2017.4.17
c0112559_07080894.jpg
c0112559_07082524.jpg
今は観光地として、周辺も整備され、公園や・・・・
c0112559_07085622.jpg
遊園地もあります。
c0112559_07092721.jpg
c0112559_07094398.jpg
家屋の壁から地面まで、人や動物をデフォルメした抽象画のような絵が一杯。
c0112559_07101653.jpg
c0112559_07103285.jpg
c0112559_07104975.jpg
c0112559_07111269.jpg
c0112559_07113325.jpg
家の中も絵で埋まっています。
c0112559_07120580.jpg
c0112559_07122239.jpg
一人で「彩虹眷村」の全ての絵を描いた黄永阜さんです。90歳以上には見えません。
c0112559_07134158.jpg
土産物も販売中。
c0112559_07141549.jpg
絵を描き始めのは、取り壊しの話が出てきた2008(平成20)年からだとか。まだ10年経っていないわけです。
c0112559_07145637.jpg
c0112559_07152828.jpg
今では台中の観光名所です。

by gipsypapa | 2018-01-08 07:15 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/28992641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-01-09 06:48
お一人で、
これだけ描いたのですか。
取り壊しが計画されたことで、
何やってもいいや、
になったのでしょうか。
とても理解できませんが。
Commented by gipsypapa at 2018-01-09 08:26
j-garden-hirasato さん
ネット情報では
絵を描きだした動機は
「退屈だったから」だそうです。
絵を習ったことはなく
思いついた絵を描き続けたとありました。
<< 台中から高雄へ 日月潭 向山遊客中心(向山ビジ... >>