日月潭文武廟

c0112559_09221616.jpg
台中市から南東へ向かい山を登っていくと日月潭という湖があります。その日月潭を見下ろす高台にある「文武廟」へ行きました。

ネット情報では「日本統治時代に、台湾総督だった明石元二郎と高木友枝が率いる台湾電力株式会社が水力発電所を建設するため、台湾で最も長い川である濁水渓から地下導水路で水を引く計画を立案。途中資金不足や関東大震災による影響などで計画は中断しましたが、1928年に松木幹一郎が台湾電力社長に就任したことにより計画が再開され、1934年6月にダム湖と発電所が竣工した。」とあります。現在、この「大観水力発電所」の発電量は台湾の水力発電全体の半分以上を占めているそうです。

それ以前、この日月潭湖畔には二つ廟がありましが、発電所計画によって湖面が上昇したため廟は元の場所から移動することになり、その際に二つの廟を一つにして、この「文武廟」を新しく建てらたそうです。

日月潭文武廟
1938(昭和13)年
設計・施工 : 不明
南投県魚池郷日月村中山路63號
撮影 : 2017.4.17
c0112559_09225198.jpg
「文武廟」と書かれた大きな「山門」をくぐると・・・
c0112559_09231973.jpg
大きな二頭の赤い獅子!狛犬。
c0112559_09235350.jpg
台湾の廟だとこれは「石獅」とよばれる獅子で、高さが6mあるそうです。
c0112559_09243167.jpg
c0112559_09244795.jpg
c0112559_09251360.jpg
c0112559_09253980.jpg
赤や金色の派手な色使いや・・・
c0112559_09263044.jpg
反り返ったオレンジ色の屋根はあくまでも中華風。
c0112559_09270564.jpg
c0112559_09273456.jpg
c0112559_09275433.jpg
c0112559_09281251.jpg
c0112559_09283250.jpg
堂内の円形の天蓋も色鮮やかです。
c0112559_09291670.jpg
c0112559_09294253.jpg
c0112559_09300223.jpg
c0112559_09302103.jpg
c0112559_09304294.jpg
さらに上段にも廓があります。
c0112559_09313917.jpg
c0112559_09315868.jpg
c0112559_09321884.jpg
屋上展望台まで登りました。
c0112559_09325540.jpg
c0112559_09331324.jpg
c0112559_09333340.jpg
展望台から見ると裏にも門があります。
c0112559_09341801.jpg
c0112559_09343840.jpg
日月潭を眼下に望む絶景スポットでした。
c0112559_09352100.jpg
c0112559_09354010.jpg
バスの窓越しに撮った日月潭の湖面です。

by gipsypapa | 2018-01-05 09:36 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/28945860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-01-06 20:20
派手ですねえ。
天井の意匠が、
オモシロいです。
Commented by gipsypapa at 2018-01-07 10:33
j-garden-hirasato さん
中国のお寺は
ほとんど見たことがありませんが、
台湾のは共通してド派手です。
それはそれで、面白いのですが。
<< 日月潭 向山遊客中心(向山ビジ... 台中の宝覚寺 >>