久保市乙剣宮

c0112559_08094123.jpg
暗がり坂を上ったところに神社があります。久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)で創建年代は平安時代の初めといわれているそうです。中世には門前に北加賀地方の中心的市場が立ち、ここから金沢のまちが形作られていったことから、金沢の「市場発祥の地」、「まち発祥の地」として、特に「商売繁盛・発展の神様」として広く崇敬されているそうです。現在の社の築年は分かりませんでした。木造平屋建て。

久保市乙剣宮
詳細不明
金沢市下新町6-21
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08101657.jpg
c0112559_08103230.jpg
c0112559_08104501.jpg
c0112559_08110264.jpg
c0112559_08111996.jpg
c0112559_08114233.jpg
c0112559_08120036.jpg
c0112559_08121474.jpg
c0112559_08123227.jpg
明治の文豪・泉鏡花は、この神社の前の民家で生まれたので、境内が子供時代の遊び場だったそうです。

by gipsypapa | 2017-12-26 08:13 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/28758362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 金沢市の泉鏡花記念館 主税町茶屋街 >>