旧花田屋番屋

c0112559_08475755.jpg
台北シリーズを終わり、一挙に北へ移動して、しばらく北海道の旅行記をやります。昨年の11月に北海道の三大岬を巡るツアーに参加しました。バスに乗って、北海道を1周して、宗谷岬、納沙布(のさっぷ)岬から襟裳(えりも)岬を3泊4日で見て回る、弾丸ツアーでした。

初日は新千歳空港から稚内まで、道央自動車道とオロロンラインから国道232号線を経由して日本海側を北上する、約5時間半の工程です。途中何ヶ所か休憩するわけですが、今回のツアーでは縁のないレトロ建築の唯一の例外、旧花田屋番屋です。隣が「おびら鰊番屋」という道の駅なのです。

時間的に閉まっていて中は見ることができませんでしたが、北海道に残る大型鰊漁場建築の数少ない遺構の一つで、ヤン衆(雇い漁夫)の宿泊設備がよく残っているとか。使われている梁などの巨材は、すべて地元の大椴(おおとど)山から切り出した木材を三半船(さんばせん)で海上を運び集め、製材されたものだそうです。国の重要文化財の木造平屋、一部2階建て。

旧花田屋番屋
1905(明治38)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富35-2
撮影 : 2016.11.4
c0112559_08491378.jpg
地元の網元だった花田家が建てた番屋です。
c0112559_08494600.jpg
北海道の鰊番屋はすでにこのブログでは旧茨木番屋旧茨木與八郎番屋旧白鳥家番屋(群来陣)旧田中家住宅(小樽市鰊御殿)旧青山家漁家などを紹介しています。
c0112559_08533016.jpg
道内で現存する番屋では最大の規模だそうです。
c0112559_08535989.jpg
c0112559_08551670.jpg
雇い人が200人を超えたという大鰊漁家でした。
c0112559_08553741.jpg
天登雁(てんとかり)村とあります。昔はそういわれた場所だったわけです。
c0112559_08562020.jpg
北側に並ぶ道の駅「おびら鰊番屋」。
c0112559_08565751.jpg
c0112559_08571100.jpg
c0112559_08572637.jpg
c0112559_08574813.jpg
番屋の雰囲気です。
c0112559_08582872.jpg
海岸沿いに鰊番屋と書かれた小屋がありますが、新しいようです。
c0112559_08585918.jpg
中を見れなかったので ↑ 以下はネットの写真を借用します。
c0112559_08595403.jpg
c0112559_09002773.jpg
大広間は吹き抜けです。
c0112559_09005595.jpg
c0112559_09011248.jpg
c0112559_09012852.jpg
ちなみに入場料は350円だそうです。

by gipsypapa | 2017-09-10 09:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/27403628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 野寒布(のしゃっぷ)岬と稚内灯台 鶯歌陶瓷老街 >>