九份の阿妹茶楼

c0112559_07550994.jpg
九份で最も有名なスポットかもしれません。湯婆婆の油屋のモデルになったと噂される阿妹茶楼(あめちゃろう)は中国茶専門のお茶屋(茶芸館)です。ジブリ映画・宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の油屋のモデルになったと噂されて、日本でも知られるようになりました。

建物は金鉱工場を改修したとのことですが、階段の途中にあり、蔦が絡まっていかにもレトロな雰囲気から、人気の撮影スポットになっています。木造3階建て。

阿妹茶楼(阿妹茶酒館)
詳細 : 不明
新北市瑞芳区豎崎路市下巷20号
撮影 : 2016.9.5 & 2017.4.19
c0112559_07581772.jpg
c0112559_07585214.jpg
c0112559_07591638.jpg
c0112559_07593482.jpg
「阿妹茶樓 あめおちゃ」と「湯婆婆の屋敷」で日本人を呼び込んでいますね。
c0112559_08001294.jpg
c0112559_08005817.jpg
店は湯婆婆の油屋を意識した装飾にしています。
c0112559_08013283.jpg
婆婆の油屋のモデルになったといわれるのは、日本では道後温泉本館や渋温泉の金具屋旅館斉月楼などがあります。
c0112559_08031686.jpg
日本の二つの建物は、特にそういうPRはしていませんが、ここは意図的に全面に押し出す戦略ですね。
c0112559_08034657.jpg
去年は昼間。自由時間に余裕があったので、中に入りました。
c0112559_08042138.jpg
c0112559_08045364.jpg
c0112559_08050944.jpg
お茶屋ですが、食事もできるようです。
c0112559_08053961.jpg
お茶のセットをいただきました。お茶菓子つきです。
c0112559_08060838.jpg
これ以下のお茶の写真はネットから借用しています。
c0112559_08072520.jpg
でかい急須に熱湯が沸かしてあり、それをお茶葉が入った小さな急須に。最初は店員がやってくれますが、あとはご自由にというスタイル。
c0112559_08075870.jpg
小さな急須の茶殻を捨てて、新しいのを入れて、熱湯を注ぎ、また飲むのです。確か、一人、3,000円前後でした。結構高いです。
c0112559_08090647.jpg
2回目の今年は、九戸茶語での食事の後。夕闇です。
c0112559_08104616.jpg
夜景が美しい。
c0112559_08110870.jpg
「阿妹茶樓・あめおちゃ」と日本人を呼び込むだけでなく、「悲情城市阿妹茶樓」で地元の人も世界の映画ファンも、なんでもありです。
c0112559_08131122.jpg
c0112559_08132978.jpg
「阿妹茶樓・あめおちゃ」という名前のせいかもしれませんが、雨が降っていました。
c0112559_08140793.jpg
さすがに観光スポットです。雨なのに観光客でいっぱいでした。


by gipsypapa | 2017-08-25 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/26998364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-08-26 08:37
確かに、提灯とか、
千と千尋の神隠しの雰囲気が出ていますね。
それをしっかり宣伝するところ、
さすがです。
日本では、逆効果かもしれませんね。
Commented by gipsypapa at 2017-08-26 12:48
j-garden-hirasato さん
台北ツアーでは
九份は定番になっていますね。
バスの中で
「千と千尋の神隠し」のDVDを
流しっぱなしにして
気分をあおっていました。
<< 野柳風景特定区 九份の九戸茶語 >>