徳島の三河家住宅

c0112559_08071975.jpg
徳島で最も見たかった建物です。ドイツのベルリンに留学した産婦人科医学博士の三河義行氏が、思いを込めて建てた自邸を兼ねた医院建築。留学中に知り合った、同じ徳島出身の建築家、木内豊次郎氏に設計を依頼しました。

直角に折れ曲がった瀟洒な3階建ての洋館で、高い煙突があります。3階の交差部分は円形の展望部屋で、2階には広い波形平面テラスを持ち、背後のドアには窓上にステンドグラスの半円アーチ窓を配するなど、複雑で変化に富んだ外観になっています。鉄筋コンクリート構造を用い、独特の造形意匠でまとめあげた住宅建築として価値が高いことから国の重要文化財に指定された、鉄筋コンクリート3階建て、一部地下1階。

三河家住宅洋館
旧三河医院
1928(昭和3)年
重要文化財
設計 : 木内豊次郎
施工 : 不明
徳島市富田浜4-7-2
撮影 : 2016.3.28
c0112559_08083741.jpg
お目当ての建物でしたが、なぜかそのときだけカメラの調子が悪く、というか、多分設定がまずく、まともに写っていませんでした。ということで連れがポケット型のコンデジで撮った写真しかありません。
c0112559_08100424.jpg
庭も凝った意匠で、ライオンがいます。
c0112559_08110123.jpg
c0112559_08112180.jpg
c0112559_08113802.jpg
屋根の上に何か見えますが、それは後で。
c0112559_08120498.jpg
コンクリートを固めたような不思議なものがあります。
c0112559_08130090.jpg
c0112559_08131601.jpg
内部写真が「studioKEN」というブログにありましたので、以下に一部借用しています。
c0112559_08140227.jpg
c0112559_08141950.jpg
c0112559_08143924.jpg
屋根上にある奇妙な彫像は魔除けだそうです。ガーゴイル(英: gargoyle)という怪物などをかたどった彫刻のことだとか。「さまよう雨男」というブログから借用しています。
c0112559_08164776.jpg
「文化遺産オンライン」の写真。普通には撮影できないアングルなので、ご参考まで。
c0112559_08172414.jpg
グーグルで見ています。アングル的に撮影できるのは上(北)と左(西)側だけです。右(東側)を牟岐線が走っています。列車に乗れば違った角度から撮れるでしょうね。

by gipsypapa | 2017-06-23 08:18 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/26760709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame-fukusima at 2017-06-23 10:39
うーむ。何とも奇妙な外観の建物ですね。宮崎駿氏の映画に登場しそうで感激。
いつもブログを拝見しています。ぼちぼちいきましょう。
 kame
Commented by j-garden-hirasato at 2017-06-24 07:06
凝った建物ですね。
遊び心満載です。
コンクリートの塊、
何でしょうね。
中は部屋になっているのでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2017-06-24 10:21
kame-fukusima さん
洋風の住宅で
重要文化財というのは珍しいのですが、
それだけの価値があるすぐれものですね。
> ぼちぼちいきましょう。
??
Commented by gipsypapa at 2017-06-24 10:25
j-garden-hirasato さん
そうなんですよ、
コンクリートの山みたいですよね。
ネットで調べていたら
「岩屋(コンクリート製の倉庫、ヨーロッパのバロック庭園によく観られる)」
というのがありました。
これかな?
<< 徳島中央公園 徳島の国際東船場113ビル(旧... >>