尾道の島居邸洋館 

c0112559_08041689.jpg
千光寺へと続く長い階段の途中にスパニッシュ風の洋館を見つけました。寺社や和風建築が多い山手では珍しい華やかな住宅です。普通のレトロな住宅かと思いましたが、調べると現在は一棟貸町家「せとうち 湊(みなと)のやど 島居(しまずい)邸洋館」という滞在形の宿泊施設として使われていることがわかりました。

昭和初期建築のお洒落な洋館で、スクラッチタイルを貼り付けた、カーブを描く特徴的な塀で囲まれています。建物の屋根は赤いスペイン瓦、外壁はクリーム色のモルタル仕上げのスタッコ壁にアーチ型や丸窓を配した、欧風の意匠になっています。滞在施設にするに当たり、外観は当時の面影を残しつつ、内装を宿泊客がくつろげるモダンな空間に改造したそうです。木造2階建て。

せとうち 湊のやど 島居邸洋館
旧島居邸
1931(昭和6)年
設計・施工 : 不明
広島県尾道市東土堂町11
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08045682.jpg
c0112559_08051374.jpg
c0112559_08053625.jpg
c0112559_08055456.jpg
宿泊施設に改修するときの設計は桐谷昌寛氏が行ったそうです。
c0112559_08065265.jpg
これ ↑ 以降の写真はせとうち 湊のやど 島居邸洋館のHPなどから借用しました。
c0112559_08084707.jpg
c0112559_08090157.jpg
c0112559_08091556.jpg
c0112559_08092992.jpg
c0112559_08094203.jpg
c0112559_08095469.jpg
すばらしい空間です。いつか泊まってみたい。

by gipsypapa | 2017-05-26 08:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/26689749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-27 05:17
ほー、
素敵なリフォームです。
こういう活かし方もありますね。
どんどん広がってほしいです。
Commented by gipsypapa at 2017-05-27 08:44
j-garden-hirasato さん
尾道では
古い建物を再生して
活用する運動が盛んです。
観光地として積極的ですね。
レトロ好きとしては
貴重な活動として敬意を表したいです。
<< 尾道の千光寺山ロープウェイ 尾道市文学記念室(旧福井邸) >>