精肉やまたけ曽根崎店

c0112559_8344343.jpg
 JR大阪駅から御堂筋を南下するとすぐ。曽根崎警察署の南側に、高層ビルにはさまれた変わった小さなビルがあります。この裏にある曽根崎商店で友人たちと飲んだ帰りに発見。遠景しか撮れなかったので、次に飲んだときに、この前を通って撮影しました。昔あった旭屋書店の南隣に当たりますが、当時は旭屋書店も含めて背が低いビルが並んでいたので、この建物の存在は気づかなかったです。

 頂部の半円形にあわせるような角の丸い窓が並び、入り口の庇をヤリのように上部に伸ばした装飾がある、ユニークなデザインです。なんとなく、昭和初期の香りがします。色々調べましたが、建物自体に関する情報は見つかりませんでした。鉄筋コンクリート造り、6階建て、多分、地下1階か?

前を通ったら閉店の張り紙がありました。それによると建物は戦後すぐ、昭和20年代前半の築のようです。(2019.3.29)

店頭の張り紙をアップします。(2019.7.26

精肉やまたけ曽根崎店
1994(平成6)年
設計・施工 : 不明
大阪市北区曽根崎2-12-5
撮影 : 2015.3.30 & 2015.12.8
c0112559_835374.jpg
 左右を新しく建て替えられた高層ビルに挟まれ、ポツンと取り残された不思議なビル。
c0112559_8361469.jpg
 不思議な形の庇。設計者のこだわりを感じます。
c0112559_8364349.jpg
c0112559_8365542.jpg
 営業中でした。しかし、このロケーションでは一般の人は買わないも。ただし、この裏側は飲食店が立ち並ぶ曽根崎商店街です。そちらの需要は多いのでしょう。
c0112559_8385693.jpg
 窓も角が丸い。
c0112559_8393636.jpg
 庇から上に伸びた線の天辺に正体不明の模様があります。
c0112559_840999.jpg
c0112559_8402273.jpg
 一応、テナントビルにもなっているようです。写っている側面に入り口があるバーかレストランのような店舗は撤退しているようです。「テナント募集中」の張り紙がありました。
c0112559_8412516.jpg
遠景ではこんな感じ。周辺の開発から取り残されたわけです。このスペースしかないので、今さら高層ビルに建て替えられることはなさそう。そっとしておいて欲しい優れものです。

閉店のお知らせです。
c0112559_12011316.jpg
c0112559_12013880.jpg

by gipsypapa | 2017-01-16 08:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/26323706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぽり at 2019-06-07 18:03 x
戦後まもなくというのは堺の本社のことで、ここ曽根崎店は1974年2階建ての精肉店として開業し、創業60年記念で1994年4月にルパ・ド・カロクとして建て直されたもので、やまたけ直営の肉系レストランビルとして開業しました。ご存知の通り、オーナーの方はいろいろあったようでレストランは全館撤退、その後テナントで一部入居がありましたが、また撤退、1階の精肉部門だけが残っておりました。高級志向だったので名物コロッケは裏通りの別ビルで一見さんにはわからないように販売されていました。こちらの上の階のレストランには一度しかいていないのですが、同時期に銀座に同じ設計者の方が担当されたレストランがありました。
Commented by gipsypapa at 2019-06-08 08:20
ぽりさん、
具体的で詳細な説明なので、
信頼できる情報と判断し
後で、ブログの記事を修正します。
貴重な情報を頂きありがとうございました。
<< 通天閣 網島町の洋風長屋 >>