軽井沢の別荘群と旧軽銀座

c0112559_12404281.jpg
 7年ぶりの軽井沢です。ツアーのため自由時間が少なく、あまり多くを見て回る時間がありません。お目当てのヴォーリズ設計の建物を初日の夕刻と翌日の早朝の2回にわけて訪ねました。それらのうち浮田山荘青葉幼稚園軽井沢山荘軽井沢集会堂軽井沢会テニスクラブ・クラブハウス軽井沢ユニオン教会を「ヴォーリズを訪ねて」で紹介していますので見てください。撮影 : 2013.10.7 & 8
c0112559_1244726.jpg
 途中散策した小道には多くの別荘があります。今回は「軽井沢通り名称」(クリックすると大きくなります)にある万平ホテルからハッピーバレーレーンとヴォーリズレーンだけを歩いたので、写真の別荘はそのいずれかにあります。もっとゆっくり歩いてみたい美しい別荘地です。
c0112559_12443277.jpg

c0112559_1354417.jpg
c0112559_1355836.jpg

c0112559_12444989.jpg
c0112559_12451321.jpg
c0112559_12454611.jpg
c0112559_12462220.jpg
c0112559_12472183.jpg
c0112559_12474260.jpg
c0112559_12475616.jpg
 「ヴォーリズを訪ねて」でも紹介した浮田山荘(旧ヴォーリズ山荘)と、
c0112559_12484039.jpg
 青葉幼稚園軽井沢山荘(旧アームストロング山荘)。
c0112559_12493675.jpg
 初日に歩いた旧軽井沢のメインストリート、旧軽銀座の様子です。軽井沢観光会館。建物は古そうに見えますが、新しいとか。
c0112559_12511392.jpg
c0112559_12512861.jpg
 明治からの老舗写真館である「土屋写真店」には、今の天皇皇后両陛下の有名な「テニスコートの恋」時代の写真や、ヴォーリズさんが写った写真など、軽井沢の昔のモノクロ写真が多く展示されていて、買うことができる店として有名です。
c0112559_12521473.jpg
 創業400年のつるや旅館。
c0112559_1253157.jpg
 江戸時代初期に、中山道の宿場町軽井沢宿の休泊茶屋、旅籠鶴屋として開業。明治に入って外国人宣教師たちの軽井沢への往来が始まると、日本風の建物のまま、西洋風な雰囲気を取り入れ旅館になりました。
c0112559_12552688.jpg
 軽井沢ショー記念礼拝堂。旧軽井沢の商店街を通り抜けた林の中にある木造平屋建ての小さな礼拝堂です。1885(明治18)年にこの地を訪れたA.C. ショー司祭が開いた避暑地軽井沢。彼がその翌年から夏を過ごしたバンガローが教会となりました。礼拝堂の木組みが美しい礼拝堂です。
by gipsypapa | 2014-02-28 12:59 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/21747352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-01 22:36
ショー記念礼拝しか分かりませんでした。
軽井沢、
どの別荘も素敵過ぎて、
あまりに実生活とかけ離れているので、
イマイチ、ピンときません(笑)。

Commented by gipsypapa at 2014-03-02 20:21
j-garden-hirasato さん、
軽井沢の別荘には
有名人の古いのが多いので
興味津津なのですが、
残念ながら、というか当然ながら
詳しい住所がわかりません。
別荘自体がよく似た雰囲気だし
長くここに住むことがない限り
見ることはできませんね。
<< 旧富岡製糸場 検査人館 万平ホテル本館(アルプス館) >>