弘前市の三上ビル

c0112559_10515058.jpg
 弘前公園の東側に回ったところにあるテナントビル。弘前相互銀行の前身、弘前無尽株式会社の自社ビルとして建てられたものです。現在は洒落たバーや喫茶店、雑貨屋などが入居しています。

 角地の隅を切りファサードとして、3階部分に縦長窓を並べています。壁面は窓の間に垂直性を強調した柱を並べ、3階窓上部には歯飾状装飾を回すなどアールデコ調の意匠が特徴。弘前に現存する最も古い鉄筋コンクリート建造物です。

 設計の大竹巽は青森工業学校長だった人物だとか。データによっては阿保喜久五郎というのもあります。国の登録有形文化財と弘前市趣のある建物の鉄筋コンクリート造り、4階建て。

三上ビル
旧弘前無尽社屋
1927(昭和2)年
登録有形文化財
弘前市趣のある建物
設計 : 大竹巽(青森工業学校長)
施工 : 不明
弘前市元寺町9
撮影 : 2013.8.27
c0112559_10543737.jpg
c0112559_10545123.jpg
c0112559_1055244.jpg
c0112559_10551173.jpg
c0112559_10552122.jpg
c0112559_10553025.jpg

by gipsypapa | 2013-12-29 10:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/21309735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-30 07:32
近くに寄ってみると、
少し痛みが目立ちますが、
それが味わい深さになっています。
現役で使われ続けられているのは
嬉しいことですね。
Commented by gipsypapa at 2013-12-30 15:01
j-garden-hirasato さん、
よくこういう建物が残っていますね。
弘前市は古い建物を
残そうという文化があるのでしょう。
それにここは使われ続けているのが
素晴らしいです。
<< 日本基督教団弘前教会堂 青森銀行記念館 >>