台湾大学文学院

c0112559_10335872.jpg
 旧台北帝国大学の校舎群に共通した様式の建物。3つのアーチ型開口部を持つ大型の車寄せのある玄関ポーチを中心に左右対称に両翼を張る重厚な建物。外壁は石積みの腰に、正門と同じ淡褐色の唭哩岸石(きりがんせき)という台湾台北市北投区で採取された火成岩のタイルを貼っています。

 内部は広々としたホールは前面褐色のタイル貼りの床に2階までの吹き抜け。2階に上がると吹き抜けを取り巻く回廊は8本のイオニア式柱で支えられた優美な空間です。設計は再び井出薫。市定古蹟の鉄骨鉄筋コンクリート造り、2階建て。

台湾大学文学院
旧台北帝国大学文政学部
1929(昭和4)年
市定古蹟
設計 : 井出 薫(総督府官房営繕課)
施工 : 不明
台北市大安区羅斯福路四段1号
撮影 : 2013.3.23
c0112559_1035982.jpg
c0112559_10351956.jpg
c0112559_10352897.jpg
c0112559_10354186.jpg
c0112559_10355791.jpg
c0112559_10361066.jpg
c0112559_10362059.jpg
c0112559_10362987.jpg
c0112559_1036389.jpg
c0112559_10364637.jpg
c0112559_10365714.jpg
c0112559_1037630.jpg
c0112559_10371488.jpg
c0112559_10372367.jpg
c0112559_10373263.jpg
c0112559_10374137.jpg
c0112559_10375675.jpg
c0112559_1038694.jpg
c0112559_10381753.jpg
c0112559_10382859.jpg

by gipsypapa | 2013-12-04 10:39 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/21041521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 台湾大学校史館 台湾大学小小福 >>