横浜の伊勢ビル

c0112559_139416.jpg
 関内駅から西へすぐ、首都高速に面し、イセザキモールの入口に立つ「救心」のでっかい看板があるビル。首都高速側から見ると横幅が長いビルで、5階部分にあずき色のタイルで縁取られた半円アーチ窓が整然と並び、窓間に飾り柱やレリーフの装飾があるクラシックな意匠です。

 大きな商業ビルに見えますが、横に回ってみるとビルの厚みは窓3枚分しかないのがわかります。左端の部分は階段と廊下のスペースのようで、ビルの中の部屋は窓2枚分の奥行でしょうか。鉄筋コンクリート造り5階建て、屋根裏部屋付き。

伊勢ビル
1928(昭和3)年
設計 : 復興建築助成株式会社
施工 : 三引建設
横浜市中区伊勢佐木町1-3-1
撮影 : 2012.11.20
c0112559_131229.jpg
c0112559_13121018.jpg
c0112559_13121798.jpg

by gipsypapa | 2013-09-05 13:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/20700156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by GMビルファン at 2018-05-10 15:30 x
去年、伊勢ビルの地下に若者用のイタリア居酒屋ができました。名前は333と言います。その地下は、20年ぶりに封印を解かれた空間で、中はオリジナルに近い状態です。
驚いたのは、そこには昔オリエンタルな社交場があったようで、1930年頃の大きな壁画が描かれていました、一つはスフィンクスのような、もう一つは女神でした。日経つとも見ましたが、横浜の往時の華やかな時代を思わせる出来栄えでした。
Commented by gipsypapa at 2018-05-11 09:00
GMビルファンさん
地下のイタリア居酒屋。
いいですねえ。
私好みのレトロ感もあるようですね。
機会があれば行ってみたいです。
<< 慶應義塾 日吉キャンパス第1校舎 エクセル伊勢佐木 >>