北海道開拓の村 旧近藤染舗

c0112559_1259522.jpg
 近藤染舗は、明治31年(1898)に創業された旭川で最も古い染物店である。この建物は、店の繁盛に伴い大正2年(1913)に地元の建築業者によって新築された店舗兼住宅である。外観や内部の間取りは、当時の店舗建築の様子をよくあらわしている。

北海道開拓の村 旧近藤染舗
1913(大正2)年
設計・施工 : 不明
旧住所 : 旭川市
現住所 : 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1 北海道開拓の村 市街地群
撮影 : 2011.8.28
c0112559_1303971.jpg
c0112559_130471.jpg
c0112559_1305422.jpg

by gipsypapa | 2012-06-14 13:01 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/18100710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2012-06-17 07:39
モノクロの世界で、
そこだけ色を付けたように、
看板と暖簾の色が、
ひときわ目立ちます。
何か、不思議な感じです。
Commented by gipsypapa at 2012-06-18 09:46
j-garden-hirasato さん
ここにも人形がいますが、
少し気持ち悪い風貌でした。
看板が鮮やかですね。
近藤染舗が何故 へ上 の紋章になるのか・・・
<< 北海道開拓の村 旧武岡商店 北海道開拓の村 旧近藤医院 >>