春田文化集合住宅

c0112559_1194096.jpg
 2年前、武五一設計の故春田鉄次郎邸を見に行きアップしましたが、敷地の西側に同じ武田五一設計の集合住宅があるので再訪しました。

 1925(大正14)年築の春田鉄次郎邸から3年後に第1期、そのまた4年後に第2期と、計12戸の住宅が中庭を取り巻いて建てられました。当時は外国人や学者などの文化人が集う高級住宅地だったそうです。

 大通りから通りに面した2軒は見ることができますが、中庭への通路が立ち入り禁止になっていて、奥にある建物は見えません。建物や塀は傷みが散見され、現在はすべての家が使われているわけではなく、空き家もあるようです。建物はすべて木造の2階建て。

春田文化集合住宅 1928(昭和3)年、1932(昭和7)年
設計 : 武田五一
施工 : 志水組、大林組
名古屋市東区主税町3
撮影 : 2007.6.9 & 2008.7.11
c0112559_11135271.jpg
 Google で見ています。右にある空間の大きな一角とその西に続く2棟が故春田鉄次郎邸。その左の敷地に洋風の住宅が中庭を囲むように並んでいます。北側(奥)に並ぶ2棟(多分、それぞれ3軒で構成)は屋根の形が複雑で、よさそうな洋館に見えます。ちなみに南の中央にある寄棟の建物は、次に紹介する旧太陽商工社屋です。
c0112559_11142191.jpg
2年前に故春田鉄次郎邸の2階から見えた春田文化集合住宅の1棟。
c0112559_1116860.jpg
c0112559_11161955.jpg
コンクリートの塀は傷みが目立ちます。
c0112559_1117534.jpg
c0112559_11171456.jpg
c0112559_11172671.jpg
c0112559_11173556.jpg
細い路地は奥の中庭に通じていますが、このように立ち入り禁止です。
c0112559_11183391.jpg
 ベイウィンドウがある、当時としてはお洒落な洋館だったでしょう。
c0112559_11191426.jpg
c0112559_11192438.jpg
c0112559_11193588.jpg

by gipsypapa | 2009-04-29 11:24 | 建築 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/11428151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-04-30 05:20
ずいぶんくたびれてきていますが、
まだ、現役なんですね。
ここらで、手を入れた方がいいですね。
一見、廃墟のようです。
かまぼこを切ったような断面になっているのは、
最初から、こうだったんでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2009-04-30 10:28
j-garden-hirasato さん、
現役です。少なくとも通りに面した2軒には表札がありました。
この地区は「文化のみち」として、市が観光の目玉にしています。
今の状態では将来が心配になりますね。

> かまぼこを切ったような断面になっているのは、
最初から、こうだったんでしょうか。

一般に住宅は妻面を見せていれば、必ず窓があるはずです。
こちらの面の隣は今駐車場ですが、少なくともここに
近接した建物があったと思います。

Commented at 2017-04-19 11:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gipsypapa at 2017-04-22 10:26
こでらえつこさん
なるほど春田邸のレストランですか。
写真の提供はまったく問題ありませんが
オリジナルサイズがいいでしょうね。
どの写真がいいか
上からでも下からでもいいので
何枚目と何枚目・・というふうに
数枚を指定していただければ
メールで送ります。

Commented by Louis at 2019-05-08 14:59 x
旧春田邸の一部がレストラン・デュボネとしてオープンしたのがたしか1999年か2000年頃です。(ちなみに当時と今ではオーナーが変わっています)
その当時のオーナーが別に経営していた店舗で働いていましたが、前年離職し、ここがオープンすると言う事で周囲を散策をしていたところ、春田文化集合住宅の存在を知りました。
最初は名前が分からない古い空き家だと思っていたのですが、市政資料館でここの名前を知り大変驚いた記憶があります。
当時はまだ中庭に入れて、国産御影石の石畳を歩いて中庭に入ると、中央に大きな木がそびえ、その周囲を半分和式半分様式の折衷建築群が囲み、まさにスタジオジブリ作品に出てきそうなどこか懐かしい感じのする町並みを良く眺めていました。

各戸の玄関入り口の横にはブーツスクレイバーと呼ばれる靴の裏に付いた泥を落とす金具も備え付けられており、建築当時はかなりハイカラな建物だと思えましたが、当時ですらかなり廃墟化が進んでいました。
たしか、当時の記憶をたどると、うち一件(中庭に入って左手の一番西側の家)には住んでいる気配はないものの、表札があった記憶があります。
当時からこの辺りは町並み保存区域になっていたはずなので、リメイクして観光に使えば良さそうなほどの保存状態でしたが、残念ながら現在は結婚式場(?)に建て替えられているようで、このような昭和初期の歴史的な建造物がなくなったのは淋しい物ですね。
Commented by LouisISHR at 2019-05-08 15:16
PS

血族のお一人であるランデル(春田)洋子さんがブログに取り壊し直前の中の様子を少しだけですが公開されているようです。
Commented by gipsypapa at 2019-05-09 08:14
LouisISHR さん
ここの一部がレストランになっていたのは知りませんでした。
いくつかの住宅が消えていっているのですね。
でもレストランは今もあるのかな。
貴重な情報をありがとうございました。
<< 名古屋市の旧大洋商工社屋 金城学院高等学校榮光館 >>