天草の十三仏公園

c0112559_08412404.jpg
草の下島の西海岸を南下。十三仏公園(じゅうさんぶつこうえん)でトイレ休憩でした。北に妙見ヶ浦(みょうけんがうら)を望む景勝ポイントです。公園の名前は、近くに十三仏堂というお堂があり、室町時代に普及した十三仏供養に由来していまるそうです。

十三仏公園
熊本県天草市天草町高浜北
撮影 : 2018.10.3
c0112559_08422298.jpg
c0112559_08425066.jpg
c0112559_08430643.jpg
南に白鶴浜海水浴場.。
c0112559_08434323.jpg
北には妙見ヶ浦。奇岩、洞門が連なる国指定の名勝・天然記念物です。
c0112559_08442076.jpg
妙見ヶ浦の近影はネットから借用しています。
c0112559_08445627.jpg
c0112559_08451327.jpg
フェリーで見た筋雲が大きくなって空一杯に広がっています。
c0112559_08455499.jpg
c0112559_08460999.jpg
c0112559_08462437.jpg
偶然ですが美しい景観を見ることが出来ました。
c0112559_08465986.jpg
c0112559_08471530.jpg
十三仏公園からさらに南に進んだところに白い教会が見えます。大江教会です。キリスト教解禁後、天草で最も早く造られた教会で、現在の建物は昭和8年(1933年)天草への伝道に生涯を捧げたフランス人宣教師ガルニエ神父が地元信者と協力して建立したものです。

大江教会
1933(昭和8)年
設計・施工 : ガルニエ神父
熊本県天草市天草町大江1782
c0112559_08475363.jpg
今から訪ねる崎津教会が世界遺産の候補になる前は、この教会はツアーの定番だったそうです。
c0112559_08482228.jpg
行かなかったのでネットの写真を借用しています。丘の上に建つ白亜のロマネスク様式の教会です。


# by gipsypapa | 2019-01-19 08:52 | | Trackback | Comments(1)

口之津から鬼池へ

c0112559_07590216.jpg
原城跡を見た後、口之津港へ来ました。これからフェリーで天草に、つまり長崎県から熊本県へ向かいます。
撮影 : 2018.10.3
c0112559_07593520.jpg
島鉄フェリーは島原半島南端の口之津港から天草の鬼池港を結ぶフェリーです。「フェリーくちのつ」「フェリーあまくさ」の 2隻で運航しています。

口之津港フェリーターミナル
長崎県南島原市口之津町丙4134-71
c0112559_08001664.jpg
c0112559_08004098.jpg
c0112559_08010482.jpg
バスのまま乗り込みます。船室はゆったりしていました。
c0112559_08013316.jpg
c0112559_08014966.jpg
c0112559_08020312.jpg
天気が良いのでデッキの方が気持ちがいい。
c0112559_08023946.jpg
c0112559_08030326.jpg
所要時間は30分です。
c0112559_08033593.jpg
c0112559_08035233.jpg
晴れ渡った空に筋状の雲。この珍しい形の雲は、この後ずっと見ることになりました。
c0112559_08042308.jpg
鬼池港へ到着。ここは熊本県。天草の下島(しもしま)です。

鬼池港フェリーターミナル
熊本県天草市五和町鬼池5087
c0112559_08050037.jpg
早速、天草四郎はお出迎え。このあともあちこちで見ることに。
c0112559_08052774.jpg
天草の下島の西海岸を南下。
c0112559_08060299.jpg
妙見ヶ裏を通過して・・・
c0112559_08063221.jpg
十三仏公園へ向かいます。ところでバスの中で案内があった「島原の子守唄」。悲しく暗い印象です。



鬼(おん)の池ン久助(きゅうすけ)どんの連れんこらるバイ

久助どんはからゆきさん(島原地方から外国へ売られていった女性たちの総称)を買いつける、いわゆる女衒(ぜげん)だったとは、知りませんでした。それにしても天草から島原まで船で渡って、そんなことをしていたのか。

# by gipsypapa | 2019-01-18 08:10 | | Trackback | Comments(2)