須坂の旧上高井郡役所

c0112559_08080218.jpg
旧上高井郡役所は、大正6年(1917年)に建築された、長野県内に唯一残る郡役所の建物です。その後も名称を変えながら、役所や保険所として利用されたそうです。現在は須坂市の管理により耐震補強されて、市民の交流と各種歴史資料の収集・展示を行う施設になっています。

左右対称の正面は両端の壁面をわずかに前に突き出し、中央にペディジメント(切妻破風)を配した意匠は、明治から大正前期の公共建築によく用いられたバロック様式の本格的な木造洋風建築です。縦長の上げ下げ窓を持つ薄緑色の外壁はドイツ下見という板張りの工法だとか。正面玄関の車寄せ上にはテラスを備えた木造2階建て。

旧上高井郡役所
1917(大正6)年
設計・施工 : 不明
長野県須坂市常盤町812−2
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08090499.jpg
c0112559_08092717.jpg
c0112559_08094776.jpg
車寄せのある玄関ポーチの上にはテラスがありますが、2階からテラスに出る扉はありません。単なる飾りです。
c0112559_08102669.jpg
c0112559_08111115.jpg
想像以上に奥行きがあります。
c0112559_08115674.jpg
c0112559_08121848.jpg
c0112559_08124053.jpg
玄関ポーチは3本の細い柱を組み合わせて支える構造。
c0112559_08125832.jpg
玄関ドアは閉まっていましたが、自由に出入りできます。無料です。
c0112559_08142441.jpg
入った右に牛のこて絵が飾ってありました。
c0112559_08150768.jpg
レトロな牛乳屋の看板でした。
c0112559_08160191.jpg
1階の小部屋は市民交流室。会議などに使われているようです。
c0112559_08163819.jpg
この背後にいくつもの部屋があるはずですが、事務所にも使われているようなので、遠慮しました。
c0112559_08171260.jpg
c0112559_08173665.jpg
2階へ上がります。
c0112559_08180877.jpg
c0112559_08183543.jpg
2階には多目的ホールという大広間があります。
c0112559_08191024.jpg
c0112559_08193199.jpg
昔は議場だったのかも。
c0112559_08200269.jpg
c0112559_08202140.jpg
天井の蛍光灯の配置が気になったので、スイッチを押しました。
c0112559_08210177.jpg
蛍光灯なので当初からあったわけではないでしょうが、幾何学的でセンスがいいです。
c0112559_08222458.jpg
c0112559_08224392.jpg
c0112559_08230354.jpg
夕暮れが近づいてきました。このあと長野市内に戻ります。

# by gipsypapa | 2018-08-21 08:23 | 建築 | Trackback | Comments(0)

日本キリスト教団 須坂教会

c0112559_08144668.jpg
須坂市の銀座通りにある「須坂教会」はダニエル・ノルマンの指導により献堂された教会堂だそうです。1892年にカナダのメソジスト教会に所属するJ・Gダンロップが長野に「長野教会」を設立した際に、須坂地域の伝道に当たったのが「須坂教会」設立者のダニエル・ノルマンでした。

D.ノルマン氏は「ヴォーリズを訪ねて」のブログで軽井沢教会軽井沢ユニオン教会で紹介したように、軽井沢でも活躍した宣教師です。まだ訪ねていませんが、長野市には旧ダニエル・ノルマン邸が残っているとか。つまり長野県のかなり広い範囲で宣教活動を行っていたのですね。

濃い茶色の下見板の腰部の上部は淡い色のスタッコ壁。縦長の尖塔アーチ窓を並べ、右にある玄関上に十字架を載せた鐘楼を配した、いかにもプロテスタント系教会らしい、簡潔で瀟洒な建物です。木造平屋建て。

日本キリスト教団 須坂教会堂
1993(昭和8)年
設計・施工 : 不明
長野県須坂市 大字須坂東横町405
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08165498.jpg
c0112559_08175130.jpg
c0112559_08181246.jpg
c0112559_08183281.jpg
c0112559_08184833.jpg
会堂内部の写真は教会のHPから借用しています。

# by gipsypapa | 2018-08-20 08:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)