石見銀山の銀山ゾーンを歩く

c0112559_08142101.jpg
ツアーの最終訪問地は石見銀山(いわみぎんざん)です。2007(平成19)年に世界遺産に登録されました。銀を精錬するためには、大量の薪炭用木材が必要とされます。石見銀山の特徴は、周辺の環境に配慮した「自然環境と共存した産業遺跡」であり、その点が高く評価され、世界遺産登録につながったそうです。

戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山でした。当時は日本は世界の銀の約3分の1を産出したとも推定され、石見銀山産出の銀がそのかなりの部分を占めたとか。ここでは龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)を見学するのが目的です。

世界遺産に指定されたためでしょう、道路整備が制限されているようで、観光バスの乗降所からゆるい坂道を約2.3km、片道45分、往復1時間半を歩く必要うがあります。登って龍源寺間歩に行くか、ほぼ平地の大森地区の武家・町家ゾーンや代官所ゾーンを散策するかの2者択一。我々は龍源寺間歩に向かう銀山ゾーンに挑戦することにしました。

石見銀山の銀山ゾーン
島根県大田市大森町イ1597-3 付近
撮影 : 2019.3.23
c0112559_08163012.jpg
c0112559_08165090.jpg
小雨が降っています。
c0112559_08174962.jpg
c0112559_08191403.jpg
清水谷精錬所跡。
c0112559_08194160.jpg
寛永8年創建と伝わる西本寺(さいほんじ)があります。門前の掲示板には「山吹城城門西本寺」と書かれています。山吹城とは要害山山頂にあった城のこと。山門は石見銀山を守護する為に築城された山吹城の城門と伝わるもので、切妻、桟瓦葺、四脚門です。西本寺山門は大田市内に残る山門建築の中でも最古級にあたる貴重なものとして大田市指定文化財に指定されています。

西本寺
江戸時代中期(17世紀初期)
大田市指定文化財
島根県大田市大森町ホ209
c0112559_08201406.jpg
c0112559_08202994.jpg
c0112559_08204459.jpg
c0112559_08210018.jpg
普通の観光地のように土産物屋や食事処はほとんどありません。これは例外ですが閉まっていました。
c0112559_08213610.jpg
豊栄神社(とよさかじんじゃ)は、毛利元就の木像がご神体として祀られています。元は洞春山・長安寺という曹洞宗の寺でした。幕末の慶応2年(1866)に第2次長州戦争が起こり、毛利氏を藩主とする長州藩の隊士達が石見に侵入し長安寺に駐屯したそうです。

大森に進撃した長州軍の面影をとどめ、激動の幕末の遺跡として興味深い神社です。明治2年に朝廷は、元就に対して豊栄神社の神号を与えたので、長安寺から豊栄神社に変わりました。

豊栄神社
詳細不明
大田市指定文化財
島根県大田市大森町ホ211
c0112559_08221731.jpg
c0112559_08223259.jpg
c0112559_08225037.jpg
福神山間歩。
c0112559_08232215.jpg
c0112559_08234142.jpg
こちらは甘南備坑の表示。この周辺の木立の間には、大きく口を開けた間歩がいくつかありますが、中には入れません。
c0112559_08242036.jpg
江戸末期から石見銀山の町年寄山組頭を勤めた高橋家の住宅。山組頭とは鉱山の取締役で、山師の中から2~3名任命される役職。高橋家は、代々銀山の町年寄・山組頭等、山方・町方の役人を勤めた家で、付属建物では酒造も行っていたそうです。山組頭の遺宅としては唯一現存する建物だとか。

現存する主屋は、安政年間(1858~1860)に建設されたで、瓦葺き切妻造り、2階建てで、往時の風格を偲ばせます。1975(昭和50)年に「石見銀山御料銀山町寄山組頭遺宅」として島根県指定史跡に指定されました。

高橋家住宅
旧石見銀山御料銀山町寄山組頭遺宅
安政年間(1858~1860)年
島根県指定史跡
島根県大田市大森町
c0112559_08245317.jpg
c0112559_08251047.jpg
c0112559_08252469.jpg
c0112559_08253936.jpg
道路わきを流れる小川は銀山川。
c0112559_08261029.jpg
龍源寺間歩の見学を終えて、山道を下る途中にある佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)。境内までは急勾配の石段がありますが、社殿にブルーシートがかけられていました。16世紀中頃に創建された鉱山の守り神で、精錬の神「金山彦命」を祀る神社です。

壮大で全国一の規模の山神社だそうです。地元では、「山神さん」と呼ばれ親しまれている古社です。現在の建物は文政2年に再建されたもの。

佐毘売山神社
1819(文政2)年
島根県大田市大森町
c0112559_08265711.jpg
銀山が盛んな頃に物資の輸送に使われた旧道ですが、今は使われないため草に埋もれています。
c0112559_08273081.jpg
往き同じ道を下ってきて、駐車場が近づいてきました。往きに写真を取れなかった渡邊家住宅へ再び。渡邊家住宅は、江戸後期の1811(文化8)年に建てられた銀山付地役人の居宅で、同町の銀山地区内に唯一現存する武家屋敷です。

世界遺産の石見銀山遺跡に関連する史跡で、主屋は木造一部2階建て。土塀を巡らせて前庭を設け、奥に主屋や土蔵を配置する当時の武家屋敷の特徴を伝えています。

渡邊家住宅
1811(文化8)年 / 2019(平成31)年3月改修
島根県大田市大森町銀山
c0112559_08282303.jpg
c0112559_08283760.jpg
このときは、大田市教育委員会が行っていた保存修理工事の終わりかけだったようで、復元工事がこのあとすぐに完了。現在は一般公開され、隣接地で和食を提供する日本料理店「渡辺家咄々庵」として営業しているそうです。
c0112559_08291237.jpg
壁などが塗り替えられて、Brand New になっています。



# by gipsypapa | 2019-05-20 08:34 | | Trackback | Comments(0)

出雲の日の出館

c0112559_07454818.jpg
出雲大社の参道筋にあたる神門通りある和風旅館の日の出館。創業百有余年の老舗旅館で、昔から出雲大社の参拝客に愛されてきた宿です。

通りに面した玄関棟は、西面して建つ木造2階建てで、正面は入母屋造り。この向こうには、これより古い明治時代に建てられた明治棟や坪庭、中庭など風情ある佇まいです。2棟とも国の登録有形文化財に指定された木造2階建て。

日の出館 玄関棟および明治棟
明治時代 / 1916(大正5)年 / 1991(平成3)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
島根県出雲市大社町杵築南776
撮影 : 2019.3.23
c0112559_07462440.jpg
c0112559_07463894.jpg
c0112559_07471382.jpg
c0112559_07473051.jpg
c0112559_07474732.jpg
c0112559_07480539.jpg
c0112559_07482371.jpg
c0112559_07483713.jpg
これ以上は宿泊客しか見ることができません。ネットの写真をいくつか借用して覗いてみしょう。
c0112559_07490710.jpg
c0112559_07492487.jpg
中庭もよさそうです。
c0112559_07495504.jpg
c0112559_07501289.jpg
c0112559_07502912.jpg
c0112559_07504349.jpg



# by gipsypapa | 2019-05-19 07:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)