住吉大社(その1)

c0112559_07305513.jpg
思い立って住吉大社へ行って見ました。大阪市の南部の住吉区にある神社で、全国に約2300社あるという住吉神社の総本社です。地元では「住吉さん」と呼ばれて親しまれています。

大阪市南部の上町台地に、大阪湾の方角に西面して建っています。海の神である筒男三神すなわち、底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)と神功皇后の4神を祀っています。昔から航海の神、港の神として祀られてきた神社です。

境内の建造物の多くは江戸時代のもので、本殿4棟が国宝に指定されているほか、重要文化財が14棟、登録有形文化財が35棟もある文化財建築物の宝庫です。

住吉大社
大阪市住吉区住吉2-9-89
撮影 : 2019.4.17
c0112559_07314252.jpg
難波駅から南海本線で住吉大社駅まで、普通電車で5駅。難波駅にはいつものラピートが出発待ち。
c0112559_07320547.jpg
もちろんラピートは特急電車。住吉大社駅には止まりません。
c0112559_07325620.jpg
数週間前に新聞で住吉大社の紹介記事を読んで、思い立ちました。
c0112559_07395476.jpg
大阪府の北部に住んでいるので、南部に行く機会が少なく、まだ行ったことがなかったのでした。
c0112559_07403139.jpg
c0112559_08125015.jpg
c0112559_07410615.jpg
参道左右に大きな石灯籠。境内の周囲には他にも多くの古そうな石灯籠があります。
c0112559_07425169.jpg
c0112559_07431004.jpg
左右に絵馬殿が建っています。南絵馬殿と北絵馬殿ともに1929(昭和4)年造営で、国の登録有形文化財。
c0112559_07434340.jpg
絵馬はかかっていますが、吹きさらしなので色あせているのが多かったです。
c0112559_07435942.jpg
c0112559_07452349.jpg
c0112559_07454554.jpg
c0112559_07460013.jpg
c0112559_07461746.jpg
c0112559_07463490.jpg
c0112559_07465139.jpg
西側に建つ神馬舎は1931(昭和6)年造営の、これも登録有形文化財。
c0112559_07472068.jpg
c0112559_07473969.jpg
正面に反橋(そりばし)が見えてきました。
c0112559_07481567.jpg
c0112559_07483161.jpg
c0112559_07484940.jpg
c0112559_07581575.jpg
最初は慶長年間(16世紀末~17世紀初頭)に造営されたと伝えられています。
c0112559_07585225.jpg
造営者は豊臣秀頼という説と、淀殿という説があるとか。
c0112559_07592767.jpg
鮮やかな朱色の橋の欄干が大きな円を描く反橋。橋の下にある池の水面に映り込む姿から、「太鼓橋」とも呼ばれます。
c0112559_08000030.jpg
橋の基礎部分は創建当初のものをそのまま使用していると考えられているそう。
c0112559_08004078.jpg
木製の橋桁や欄干は老朽化に伴って何度もかけ直され、直近の掛け替えは2009(平成21)年です。
c0112559_08013948.jpg
昔は橋に階段がなかったので、渡ろうとして転げ落ちる人もいたそうです。
c0112559_08022989.jpg
幕末に刊行された「浪花百景」から。
c0112559_08025929.jpg
こちらは明治時代です。
c0112559_08033380.jpg
c0112559_08052254.jpg
c0112559_08035568.jpg
c0112559_08060040.jpg
橋を渡り終えて石段を登ります。
c0112559_08083541.jpg
朱色が鮮やかな瑞垣が境内を取り巻いています。この向こうが本殿。国宝の本殿は次回に。


# by gipsypapa | 2019-05-23 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)

石見銀山 龍源寺間歩

c0112559_08091228.jpg
世界遺産の石見銀山の見所はここ龍源寺間歩です。石見銀山には、銀鉱石を採掘するための坑道である間歩が大小合わせて600箇所以上も残っているそうです。龍源寺間歩は、約870メートルの大久保間歩の次に大きな、全長約600メートルです。

内部はノミで掘った跡がそのままの状態で残っていて、当時の作業の様子を知ることができます。大久保間歩は期間限定のみだそうですが、龍源寺間歩は唯一、常時一般公開されています。

石見銀山 龍源寺間歩
島根県大田市大森町銀山
撮影 : 2019.3.23
c0112559_08095796.jpg

c0112559_08201724.jpg
c0112559_08101645.jpg
c0112559_08103498.jpg
c0112559_08105092.jpg
c0112559_08110411.jpg
狭い箇所や天井画低いところが多いので、ソロソロ進みます。
c0112559_08114029.jpg
暗い穴だけのシーンで、どれも似たようなものですが、しばらくお付き合いください。
c0112559_08122090.jpg
ところどころに横穴。
c0112559_08125002.jpg
c0112559_08130568.jpg
c0112559_08132299.jpg
排水に使われた竪穴。
c0112559_08135382.jpg
c0112559_08140882.jpg
c0112559_08142508.jpg
新坑道との交差点まで来ました。
c0112559_08144089.jpg
観光用の新坑道は広くゆったりしています。
c0112559_08152921.jpg
坑道を出たら晴れていました。1泊2日の山陰ツアーはこれでお終い。大阪に戻ります。


# by gipsypapa | 2019-05-22 08:18 | | Trackback | Comments(2)