山口市の八坂神社

c0112559_08153858.jpg
大内弘世が室町時代の応安3年(1370年)に京都の祇園神社から勧請した神社です。素盞嗚尊(スサノオノミコト)、稲田姫命(イナダヒメノミコト)、手名槌命(テナズチノミコト)と足名槌命(アシナヅチノミコト)を祀っています。

京を模した街造りを行った大内家24代の弘世が、応安2年(1369)に京都の八坂神社を勧請して建立した神社。本殿は三間社流造り、檜皮葺きで、30代義興が永正16年(1519)に再建したもの。室町時代の様式をよく伝えているとして、国の重要文化財に指定されています。

八坂神社 本殿
1519(永正16)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
山口市上竪小路100
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08162196.jpg
c0112559_08163810.jpg
c0112559_08165154.jpg
狛犬も古そう。
c0112559_08172758.jpg
c0112559_08175152.jpg
c0112559_08180396.jpg
c0112559_08184154.jpg
c0112559_08185773.jpg
拝殿。さすがに室町時代は古い。
c0112559_08193337.jpg
c0112559_08195506.jpg
消えてしまいそうな絵馬。
c0112559_08202866.jpg
昔の八坂神社は、京都と同じ「祇園社」という名前でした。この扁額も当時のものか。
c0112559_08204758.jpg
左から拝殿、幣殿、本殿。
c0112559_08221427.jpg
本殿です。良い状態で維持されています。
c0112559_08230847.jpg
c0112559_08232464.jpg

# by gipsypapa | 2019-12-06 08:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)

山口市の河村写真館

c0112559_08070991.jpg
次にアップする八坂神社の境内脇に、今回のお目当ての一つだった写真館があります。典型的な擬洋風建築で、正面2階に手すりと、3連続アーチのベランダがあり、その上には時計台のような塔屋を載せています。

正確な建築年代は不明だそうですが、から明治20年(1887年)前後に旧士族の松原繁が写真館として建築したと考えられるとか。山口県内で最初の写真館で、毛利藩の砲術師範だった小野為八が渡米して写真術を学び、帰国後建築したといわれています。山口県指定有形文化財の木造2階建て。

河村写真館
旧小野写真館
1887(明治20)年ころ
山口県有形文化財
設計 : 小野為八か
施工 : 不明
山口市上竪小路103
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08075994.jpg
西南側からアプローチ。
c0112559_08085224.jpg
入り口は神社側、つまり反対側です。
c0112559_08092551.jpg
c0112559_08094770.jpg
下見板が変色しています。
c0112559_08100469.jpg
八坂神社への脇鳥居。
c0112559_08111385.jpg
c0112559_08112953.jpg
刺激的な色の赤瓦。
c0112559_08120853.jpg
c0112559_08122443.jpg
表側へ回りました。

c0112559_08130140.jpg
c0112559_08132014.jpg
営業していないような。



# by gipsypapa | 2019-12-05 08:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)