タグ:F.L.ライト ( 3 ) タグの人気記事

博物館明治村 帝国ホテル中央玄関

c0112559_13132066.jpg
 この建物は、20世紀建築界の巨匠、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによって設計され、大正12年(1923)4年間の大工事の後に完成した帝国ホテルの中央玄関部である。

皇居を正面にして建てられた帝国ホテルは総面積34,000㎡余の大建築で、中心軸上に玄関、大食堂、劇場などの公共部分が列ねられ、左右に客室棟が配されていた。全体計画から個々の客室に到るまで、きわめて多様な秀れた空間構成がなされ、それまでの建築空間が主として平面的なつながりであったものを、立体的な構成へと発展させた世界的に重要な作品である。

 この中央玄関は、建物の特色をよく遺しており、軒や手摺の白い大谷石の帯が水平線を強調し、またその帯が奥へ幾段にも重なって、内部空間の複雑さを予想させる。大谷石には幾何学模様の彫刻を施し、レンガには櫛目を入れて、柔らかで華麗な外観を現出している。

 レンガ型枠鉄筋コンクリート造とも言える構造であり、複雑な架構に鉄筋コンクリートの造形性が生かされた作品である。移築に当たっては、風化の著しい大谷石に代えてプレキャストコンクリートなどの新建材も使った。

 メインロビー中央には三階までの吹き抜きがある。中央玄関内の全ての空間は、この吹き抜きの廻りに展開し、その個々の空間は、床の高さ、天井の高さがそれぞれに異なっており、大階段、左右の廻り階段を昇る毎に、劇的な視界が開かれる。

 建物内外は、彫刻された大谷石、透しテラコッタによって様々に装飾されている。特に左右ラウンジ前の大谷石の壁泉、吹き抜きの「光の籠柱」と大谷石の柱、食堂前の「孔雀の羽」と呼ばれる大谷石の大きなブラケットは、見る者を圧倒する。

 吹き抜かれた大空間の中を光が上下左右に錯綜し、廻りの彫刻に微妙な陰影を与え、ロビーの雰囲気を盛りあげている。


博物館明治村 帝国ホテル中央玄関
1923(大正12)年
登録有形文化財
設計 : フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)
施工 : 大倉土木
旧所在地 : 東京都千代田区内幸町
犬山市内山5-67博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_13145920.jpg
c0112559_1315687.jpg
c0112559_13151244.jpg
c0112559_13152522.jpg
c0112559_13153371.jpg
c0112559_13153488.jpg
c0112559_13154873.jpg
c0112559_13155443.jpg
c0112559_131645.jpg
c0112559_13161298.jpg
c0112559_13161327.jpg
c0112559_13162018.jpg
c0112559_13163086.jpg
c0112559_13164060.jpg
c0112559_13165711.jpg
c0112559_1317059.jpg
c0112559_13171126.jpg
c0112559_13172126.jpg
c0112559_13173162.jpg
c0112559_13174557.jpg
c0112559_1318351.jpg
c0112559_13181319.jpg
c0112559_13181479.jpg
c0112559_13182357.jpg
c0112559_13183967.jpg
c0112559_13184389.jpg
c0112559_1319023.jpg
c0112559_131998.jpg
c0112559_13191259.jpg
c0112559_13192170.jpg
c0112559_13193048.jpg
c0112559_13194579.jpg
c0112559_13205781.jpg
 大正時代のものとは思えない斬新な意匠。これだけの魅力的な建物は、現代でも最先端といってもいいような素晴らしさ。さすがに「近代建築の三大巨匠」と呼ばれるフランク・ロイド・ライトです。

 帝国ホテルの設計には、後にライトの後継者となり、数多くの素晴らしい建物を日本に残した、若き遠藤新、アントニン・レーモンド、田上義也、土浦亀城らが様々な形で参加しており、いわゆるライト系といわれる優れた建築家を生み出すきっかけとなりました。当時の日本建築界は長くコンドルの流れをくむ古典様式主義が主流でしたので、ライトのプレイリースタイル(草原様式 Prairie Style)という斬新な形状美は、若い建築家たちには驚きととも受け入れられ、強く心をつかんだに違いありません。

 この建物は明治村でも最大の見どころ。正門から順番に見ていくと最後に到達する位置にあります。内部には喫茶室があり、歩き疲れた足を休めるのにお勧めです。

 約3か月間に渡って紹介してきた明治村シリーズは、今回で終わります。
by gipsypapa | 2012-12-04 13:24 | 建築 | Trackback | Comments(4)

ヨドコウ迎賓館

c0112559_1342279.jpg
 れも2年以上前の写真です。芦屋川沿いの小高い丘、緑の中に建つモダンで瀟洒な住宅。有名なフランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の設計した貴重な作品、旧山邑(やまむら)邸です。

 この建物は、ライトが1915(大正4)年から旧帝国ホテル設計のために来日していた時に、櫻正宗で知られる灘の酒造家・山邑太左衛門の別邸として設計されたものです。彼自身は1922(大正11)年に帰国しましたが、 弟子の遠藤新や南信らに引き継がれ完成しました。戦後すぐに淀川製鋼所がこの建物を購入。社長邸のあと独身寮として使用していましたが、現在はヨドコウ迎賓館として一般公開されています。

 訪れたころはライト作品に思い入れが強くなかった(というかあまり知らなかった)のと、受付まで行って、有料なのに館内の写真撮影が禁止されていると聞き、短気を起して中を見ずに帰ってしまいました。そのあと東京で自由学園明日館を見て、ライト建築の造形美の素晴らしさを体験。今になって、よく見なかったのを後悔しています。重要文化財の鉄筋コンクリート造4階建。

ヨドコウ迎賓館
旧山邑家住宅
1924(大正13)年
重要文化財
設計 : F.L.ライト+遠藤新+南信
施工 : 女良工務店
芦屋市山手町3-10
撮影 : 2006.5.6
c0112559_13431253.jpg
c0112559_13433388.jpg
c0112559_1343467.jpg
c0112559_13435561.jpg
c0112559_1344333.jpg
 この直線で構成された独特のフォルムは巨匠ライトの特徴がよく出ています。日本ではまだまだ古典主義が多かった大正時代に、このようなモダンなデザイン。さすがです。
c0112559_134543100.jpg
 このように芦屋の森の高台に建っています。外観もそうですが、自由学園明日館の例からすれば、内装も美しいはず。またいつかは再訪するつもりですが、いつになるかわからないので、とりあえず少ない写真をアップすることにしました。
by gipsypapa | 2008-10-24 13:48 | 建築 | Trackback | Comments(6)

自由学園明日館

c0112559_14121266.jpg
c0112559_14124759.jpg 
 
 せっかく池袋に来たからには自由学園も見なければ。立教大学で時間を使ったので、着いたのは午後3時過ぎ。敷地の入り口の事務所で、中に入れるかどうか訪ねたところ、結婚式をやっていて、それがもうすぐ終わる。もう少し待ってほしい。その代り今日は無料でいいとのことでした。ラッキー。それまでの間は、道を挟んだところにある講堂を見てくださいとのアドバイスがあったので、まず講堂を見た後にこの明日館に入りました。

 ライト建築として有名ですが、行く前にネットで見た正面の写真が、新しい建物のようで、かつ近代的な印象でしたので、実はあまり期待はしていませんでした。ところが中に入ってみるとこれが素晴らしい。ということで建物の紹介は↓。

自由学園は1921年(大正10)、羽仁吉一、もと子夫妻が創立した女学校。明日館(みょうにちかん)は自由学園の校舎として、アメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトとその弟子遠藤新の設計により建設されました。
 軒高を低く抑えて水平線を強調した立面、幾何学的な建具の装飾は「プレイリースタイル(草原様式)」と呼ばれる一連のライト作品の意匠を象徴しています。日本に残るライト作品の特徴である大谷石が多用され、建物の基本構造が現在の2x4工法の先駆けと言われるなど、他の日本建築に見られないライトの作風を示す典型的な建築です。平成9年(1997)に国の重要文化財に指定され、平成11年(1999)以降、国および都の補助事業による保存・修理工事を行い、別棟3棟の新築を含めて、平成13年(2001)9月に完了しました。
<パンフレットより>


自由学園明日館
中央棟 1921(大正10)年
西教室棟 1922(大正11)年
東教室棟 1925(大正14)年
重要文化財
設計 : フランク・ロイド・ライト、遠藤新
施工 : 女良工務店
東京都豊島区西池袋2-31-3
撮影 : 2007.5.2











c0112559_1416365.jpg
c0112559_14165710.jpg
c0112559_14172310.jpg
c0112559_14175948.jpg
c0112559_14182956.jpg
 幾何学模様の窓。スパニッシュ・スタイルのようなアーチ窓は一切ありません。
c0112559_14232043.jpg
c0112559_14272712.jpg
c0112559_14234940.jpg

c0112559_14224562.jpg
 正面入り口から入ると廊下が交差する玄関ホール。天井の明り採りのデザインも幾何学模様で素晴らしい。しばし見とれる。
c0112559_1425506.jpg
c0112559_14263469.jpg
 本館両脇に配置された、東教室と西教室。
c0112559_1428518.jpg
 本館中央にある最も有名で印象的な幾何学模様の窓。大ホールの南向きに大型の長窓を配していて素晴らしい。
c0112559_14314044.jpg
c0112559_14321398.jpg
c0112559_14335736.jpg
c0112559_14342171.jpg
c0112559_143505.jpg
c0112559_14353356.jpg
 大ホールの裏側は中二階になり、そこが食堂です。ここが一番気に入りました。木の柔らかさが心休まる雰囲気です。中央に大食堂があり、そこから3方に小食堂を配しています。
 外光を巧みに取り込み、幾何学的な装飾を用いて変化に富ませた内部空間。ライトの特徴がよく表現されています。ライト自身が設計した照明が昔のまま使われているとか。
c0112559_14432554.jpg
 食堂から階段を少し登って南に出ると、そこは大ホールのバルコニー。ライトの資料が展示してあり、ライト氏がいました。
c0112559_14461446.jpg
 バルコニーから再び大ホールの窓を。
c0112559_14472088.jpg
 ミスター・ライトと遠藤さんに脱帽の建物でした。
 なお見学は400円、喫茶付なら600円。休館日は月曜日(休日の場合はその翌日)と年末年始です。
by gipsypapa | 2007-05-29 14:57 | 建築 | Trackback | Comments(6)