タグ:鳥取 ( 13 ) タグの人気記事

鳥っと屋(赤瓦十四号館)

c0112559_09101529.jpg
元帥酒造から旧街道「倉吉往来」を東へ白壁倶楽部に向かう途中には古い町家が何棟か並んでいます。そのうちの一つ、鳥っと屋(とっとや)。小物やアクセサリーが並ぶショップ、カフェとギャラリーになっています。築年を聞いたはずですが、忘れてしまいました。大正期だったような。赤瓦十四号館の木造2階建て。

鳥っと屋(赤瓦十四号館)
大正期か
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市魚町2551
撮影 : 2015.4.29
c0112559_09105047.jpg
まったく関係ありませんが、博多弁では「とっとやとっとうと~?」となります。
c0112559_09110835.jpg
店先を覗いていると中も見てくださいとお店の人に勧められました。
c0112559_09114298.jpg
c0112559_09121009.jpg
1階は「ショップとっと」。オリジナルアクセサリーや鳥取県伝統工芸品の因州和紙、和小物などの販売をしています。
c0112559_09124179.jpg
2階もどうぞといわれ、トコトコと上がっていきました。
c0112559_09131744.jpg
c0112559_09135032.jpg
2階は二間あります。「ギャラリーとまり木」です。このときは陶磁器などが並んでいました。
c0112559_09142039.jpg
もう一つの部屋は和風。
c0112559_09145787.jpg
再び1階へ。奥が「カフェ カラット」になっていて・・・
c0112559_09154051.jpg
その奥は小さな坪庭です。当時の町家の様子がよくわかります。
c0112559_09161178.jpg
気持ちよく見学させてもらいました。ありがとうございました。

by gipsypapa | 2017-02-22 09:16 | 建築 | Trackback | Comments(0)

元帥酒造本店(赤瓦七号館)

c0112559_08201758.jpg
木屋旅館のご主人に送ってもらった観光案内所から中心部へ向かったとき、最初に出会った赤瓦館です。嘉永年間(1848年~1854年)創業の元帥酒造の本店。160年の伝統があり、全国的に高い評価を得ているという「元帥 大吟醸」をはじめ「くらよし白壁土蔵」、「赤瓦」、「八賢士」など、日本酒の製造販売を行っています。少なくとも大正期以前の築に見えますが、詳細はわかりませんでした。赤瓦七号館になっている木造2階建て。

元帥酒造本店(赤瓦七号館)
詳細 : 不明
鳥取県倉吉市東仲町2573
撮影 : 2015.4.29
c0112559_08204666.jpg
c0112559_08211992.jpg
c0112559_08213509.jpg
c0112559_08214948.jpg
c0112559_08220498.jpg
c0112559_08222174.jpg
c0112559_08223782.jpg
店舗の北側の2階建てと蔵も元帥酒造のものと思われます。
c0112559_08232189.jpg
c0112559_08233652.jpg

by gipsypapa | 2017-02-21 08:23 | 建築 | Trackback | Comments(2)

白壁倶楽部(赤瓦十三号館)

c0112559_09104897.jpg
倉吉でのお目当ての一つです。旧街道「倉吉往来」の四つ角にある明治後期に建てられた土蔵造りの疑洋風建築。第三銀行の倉吉支店ととして建造されたのち、いくつかの金融機関を経て,協同組合倉吉大店会の事務所として使われていました。現在は「レストラン&カフェ 白壁倶楽部」として観光客でにぎわっています。

1905(明治38)年に倉吉支店のある魚町一帯が火災により消失したため不燃構造の土蔵造りに立て替えられました。壁と軒裏は漆喰塗り、腰は石張り、1階の窓には銀行らしく鉄格子がはめられています。赤瓦十三号館になっている、国の登録有形文化財の木造土蔵造り2階建て。

白壁倶楽部(赤瓦十三号館)
旧第三銀行倉吉支店
1908(明治41)年
登録有形文化財
設計・施工 : 山田幸一(大工)
鳥取県倉吉市魚町2540-1
撮影 : 2015.4.29
c0112559_09112078.jpg
c0112559_09113808.jpg
c0112559_09115307.jpg
c0112559_09120929.jpg
外観は和風ですが、中に入るとやっぱり元銀行。
c0112559_09123734.jpg
吹き抜けに周囲を回廊が取り囲んでいます。支店長が時々出てきて、店内を視察するところですね。
c0112559_09130389.jpg
c0112559_09132385.jpg
1階がレストラン&カフェです。
c0112559_09135787.jpg
c0112559_09141232.jpg
c0112559_09142876.jpg
2階も案内してくれました。元支店長室らしい部屋と・・・
c0112559_09150335.jpg
会議室。ここは貸切で食事ができるのかな。
c0112559_09154782.jpg
c0112559_09160500.jpg
天井の真ん中にはレリーフがある天井飾り。メダリオンと呼ばれるシャンデリアを吊り下げる部分です。
c0112559_09181825.jpg
c0112559_09184341.jpg
c0112559_09190119.jpg
c0112559_09191800.jpg
c0112559_09193648.jpg
このときは開店直前の準備中でしたが、快く見学させてもらえました。ありがとうございました。


by gipsypapa | 2017-02-20 09:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)

赤瓦一号館

c0112559_09130530.jpg
赤瓦館は倉吉の玉川沿いに残っている、江戸末期から昭和初期にかけて建てられた建物群。赤い石州瓦(せきしゅうがわら)の屋根が特徴で、倉吉独特の風景を形成しています。これらは番号が割り当てられ、みやげ物店、ギャラリー、郷土玩具の工房などの観光資源として活用されています。

赤瓦館は一号から十六号館までがありますが、四と九号は縁起が悪いからでしょうが、欠番です。すべてを見たわけではありませんが、面白いものを順不同に紹介します。まずは一号館から。

赤瓦一号館
旧醤油もろみ蔵
大正期
設計・施工 : 不明
鳥取県倉吉市新町1-2441
撮影 : 2015.4.29
c0112559_09133851.jpg
c0112559_09135743.jpg
大正時代に建てられた古い大きな醤油屋のもろみ蔵だった建物です。
c0112559_09145135.jpg
各種の倉吉特産品や、手作りアクセサリー、ちりめん細工を販売しています。
c0112559_09152860.jpg
巨大な梁をむき出しにして、古いというより、むしろモダンな空間を演出しています。
c0112559_09180670.jpg
c0112559_09182350.jpg
c0112559_09184146.jpg
c0112559_09191263.jpg
石州瓦は島根県の石見地方で生産されている粘土瓦のことです。三州瓦、淡路瓦と並ぶ日本三大瓦の一つだとか。

by gipsypapa | 2017-02-19 09:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)

倉吉の白壁土蔵群

c0112559_09064791.jpg
三朝温泉で一泊した翌日は、再び木屋旅館のご主人の車に乗せてもらって倉吉へ向かいました。倉吉市は江戸時代末期から昭和前期までの伝統的な建物が多く残っているので、一度行ってみたかった場所でした。

まずは有名な白壁土蔵群です。白壁土蔵群は通称で、打吹玉川(うつぶきたまがわ)沿いに位置する伝統的建造物群保存地区の一部。伝統的建造物は本町通りの赤い石州瓦の町家群や玉川沿いの土蔵群をはじめ約100棟が現存しています。保存地区の町家は、ほぼ2階建てで、切妻造り、平入を基本としています。建築年代は、江戸時代末期が数棟、明治時代中後期が約3割、大正期が約2割、昭和前期が約2割だそうです。国の重要伝統的建造物群保存地区。

白壁土蔵群
倉吉市打吹玉川伝統的建造物群保存地区
江戸末期~昭和初期
鳥取県倉吉市魚町、研屋町、東仲町、西仲町、西町の各全域と新町1丁目、新町2丁目、新町3丁目、堺町1丁目の各一部
撮影 : 2015.4.29
c0112559_09074490.jpg
c0112559_09080698.jpg
c0112559_09200019.jpg
c0112559_09082170.jpg
c0112559_09083688.jpg
c0112559_09085894.jpg
かおり風景100選、美しい日本の歴史的風土100選、平成17年度都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」など、数多く受賞しています。
c0112559_09093214.jpg
c0112559_09095399.jpg
私が訪ねた翌年、2016(平成28)年10月21日に鳥取県の中部を震源として発生したM(マグニチュード)6.6の地震が発生しました。
c0112559_09101779.jpg
ニュースで白壁土蔵群の壁の崩落などの被害を伝えていました。
c0112559_09103646.jpg
今でも時々ニュースなどで町の様子が伝えられますが、まだ完全復興には至っていないようです。予算や時間的な困難があるとは思いますが、一日も早い復興を望んでいます。
c0112559_09105459.jpg
以下はWikipedia にあった優れた写真。自分のカメラ技術ではこうはいきません。 ↓↓
c0112559_09113272.jpg
c0112559_09115875.jpg
c0112559_09121559.jpg
c0112559_09123526.jpg
c0112559_09125312.jpg

by gipsypapa | 2017-02-18 09:13 | | Trackback | Comments(2)

三朝温泉の宿

三朝温泉には数多い旅館やホテルがあります。そのうち散歩のときに通りかかったものをいくつか紹介します。

三朝温泉の旅館
鳥取県東伯郡三朝町三朝
撮影 : 2015.4.28/29

万翠楼
c0112559_08382293.jpg
三朝橋のときに登場した老舗旅館「万翠楼」。この中に茶室「無声庵」という武田五一設計で、人間国宝の宮大工・魚津弘吉棟梁の施工による建物が移設されているそうです。

万翠楼
鳥取県東伯郡三朝町山田5
c0112559_08404811.jpg
今は鉄筋コンクリート造りに立て替えられていますが、昔は3階建ての巨大な木造建築でした。意識的に朱色の欄干を回すなど、オリジナルの意匠を引き継いでいると思われます。
c0112559_08402701.jpg
当時の写真が「木屋旅館」の部屋に置いてあったパンフレットにありました。記事では堀口捨己の設計とありますが、彼の作品リストに載っていないので、やや疑問です。以下はHPから借用した内部写真です。(他の宿も同様)
c0112559_08430893.jpg
c0112559_08500521.jpg
c0112559_08501999.jpg
三朝温泉 後楽
c0112559_08514200.jpg
しばらく三徳川の南で川べりから離れたところにある温泉旅館です。この一帯をあるいていると、目を引く格式が高そうな門がある純和風の「後楽」です。総欅(けやき)造りの長屋門は鳥取の豪農より譲り受けたものを生かして堀口捨己(ほりぐち すてみ 1895 - 1984)が設計したものです。今は立て替えられているかも知れませんが、本館も彼の設計で1955(昭和30)年に建てられました。堀口捨己は分離派建築会を結成し、後に日本の数寄屋造りの中に美を見出し、伝統文化とモダニズム建築の理念との統合を図った建築家です。

後楽
1955(昭和30)年
設計 : 堀口捨己(長屋門)
施工 : 不明
鳥取県東伯郡 三朝町三朝972-1
c0112559_08522948.jpg
c0112559_08534538.jpg
c0112559_08542989.jpg
c0112559_08503937.jpg
c0112559_08550566.jpg
木造りの宿 橋津屋
c0112559_08555837.jpg
橋津屋は三朝温泉発祥の温泉本通にあり、敷地内に自家使用の源泉を所有しています。創業は享保年間(約300年前)で、三朝温泉の草分け的存在です。HPでは「もともとは農家で現在の場所に温泉が湧くのでここに家を建てて木賃宿を始めたのが始まりだと言われております。」だそうですが、さすがに今は立て替えられています。

橋津屋
鳥取県東伯郡三朝町三朝886
c0112559_08563391.jpg
c0112559_08565584.jpg
c0112559_08571338.jpg
c0112559_08573003.jpg
梅屋旅館
c0112559_08584569.jpg
現代では珍しい、自炊専門の湯治旅館で、自炊に必要な備品は全て備えてあるそうです。またオンドル部屋があり入浴とは違う温泉利用が可能です。

梅屋旅館
鳥取県東伯郡三朝町三朝933-2
c0112559_08595328.jpg
c0112559_09001322.jpg
味な宿 花屋別館
c0112559_09011324.jpg
詳細は不明ですが、どうみても大きなホテルですね。「花でもてなし花の宿」といううたい文句です。

花屋別館
鳥取県東伯郡三朝町三朝818-6
c0112559_09020899.jpg
c0112559_09041475.jpg
ぬくもりの宿 中屋
c0112559_09055694.jpg
三朝医療センターの向かいにある旅館「中屋」。

中屋
鳥取県東伯郡三朝町三朝855
c0112559_09070354.jpg
c0112559_09073493.jpg
c0112559_09075633.jpg
c0112559_09081432.jpg
桶屋旅館
c0112559_09091972.jpg
再び三徳川の北側へ。湯治、滞在型の2食付。木造2階て、客室は和室8室、定員18人の小さな宿です。お風呂の一つは源泉で足下湧出です。旅館の創業は1913(大正2)年。旅館創業以前は桶を作っていたのでその屋号をとって桶屋となったそうです。内部写真は「トラベルjp」から借用しました。

桶屋旅館
鳥取県東伯郡三朝町山田150
c0112559_09094435.jpg
c0112559_09095878.jpg
c0112559_09105397.jpg
三朝館
c0112559_09114107.jpg
こちらも敷地内に源泉を持った、自家源泉かけ流しの天然温泉です。三朝随一の湯量を誇る高級旅館で、千坪に広がる日本庭園に庭の湯」と、源泉の滝を囲む「滝の湯」の二ゾーンに別れ、十二の湯処があるそうです。手前に平屋建ての和風建築がありますが、本館はホテル形式です。

三朝館
鳥取県東伯郡三朝町山田174
c0112559_09121483.jpg
c0112559_09123239.jpg
c0112559_09125357.jpg
c0112559_09131181.jpg
c0112559_09132454.jpg
c0112559_09133913.jpg
おまけ
c0112559_09142366.jpg
おまけ。桶屋旅館の東、旅館大橋の離れの前の道路を挟んだところに、気になる住宅があります。玄関脇の丸窓や屋根に湯気出しがあることから、昔は旅館だったかも知れません。

X邸
鳥取県東伯郡三朝町山田
c0112559_09150095.jpg
c0112559_09151830.jpg

by gipsypapa | 2017-02-17 09:15 | | Trackback | Comments(2)

三朝温泉を歩く

c0112559_06550906.jpg
木屋旅館の前の細道は温泉本通りです。この周辺を散歩しました。

三朝温泉の町並み
鳥取県東伯郡三朝町三朝
撮影 : 2015.4.28/29
c0112559_08242392.jpg
向こうに木屋旅館が見えます。手前に1658年創業西藤館(せいとうかん)という看板がありますが、営業していないようです。
c0112559_08250288.jpg
西藤館は閉まっていましたが、こんな看板や・・
c0112559_08253421.jpg
駐車場にはこんな案内板。ははは。
c0112559_08261304.jpg
関係あるかどうかわかりませんが、鳥取といえば自民党の石破茂氏の選挙区なのです。
c0112559_08265285.jpg
藤井酒造の店舗は古そう。
c0112559_08272546.jpg
c0112559_08274617.jpg
温泉街なので、スナックや・・
c0112559_08283306.jpg
ヌード・・・
c0112559_08291259.jpg
路地を挟んで変わった3階建てに見える建物があります。
c0112559_08301084.jpg
気になったのでストリートビューで反対側を眺めますが・・・元は旅館?企業の宿泊設備?
c0112559_08310707.jpg
薬師堂と・・
c0112559_08314358.jpg
その前の足湯。
c0112559_08322015.jpg
「カエル人形館」というのがあり、ウィンドウにたくさんのカエルが陳列されています。
c0112559_08330466.jpg
こちらは「かじか蛙保存研究会」ですって。三朝温泉はカエルの町です。
c0112559_08335278.jpg
同じ通りを夜にも散歩しました。
c0112559_08342297.jpg
c0112559_08343928.jpg
c0112559_08350551.jpg
c0112559_08354087.jpg
観光案内所前の広場にイルミネーション。
c0112559_08361951.jpg
c0112559_08364336.jpg
この蔵は藤井酒造のものみたいです。
c0112559_08372402.jpg
c0112559_08375872.jpg

by gipsypapa | 2017-02-16 08:38 | | Trackback | Comments(2)

万年山 南菀寺

c0112559_08453735.jpg
三徳川を三朝橋から東に進むと、北側の山の中腹に「南菀(なんえん)寺」があります。臨済宗相国寺派の管長だった橋本独山禅師が、1925(大正14)年に創建したと伝えられています。中華風の山門をくぐって山腹に上ると、西側から庫裏、本堂、隠寮(いんりょう)が一列に並び立つ、独特な形状となっています。梅雨時にはたくさんの紫陽花が咲き誇り「あじさい寺」の別称で親しまれているとか。

なお、文化庁の文化遺産オンラインではどの建物も1927(昭和2)年の築になっています。しかし、山門前の掲示板やネット情報から1925(大正14)年というのもあり、両方を併記します。山門と庫裏(くり)は木造2階建て、本堂と隠寮(いんりょう)は木造平屋建てのいずれも国の登録有形文化財。

万年山 南菀寺
1925(大正14)年/1927(昭和2)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
鳥取県東伯郡三朝町三朝205−3
撮影 : 2015.04.28
c0112559_08465137.jpg
落慶は大正14年(1925年)とあります。落慶って「社寺の新築または改築工事が完成した祝い」です。文化遺産オンラインと2年違っていますね。

山門

c0112559_09271854.jpg
山門は市街地から庫裏に至る石段の途中に建っています。入母屋造桟瓦葺の楼門で、下階を漆喰塗で通路がアーチ状のいわゆる竜宮造りの形式。上階は四面に竪格子をまわし、特徴的な伽藍景観を形成しています。木造2階建て。
c0112559_09260479.jpg
c0112559_08494027.jpg

庫裏
c0112559_08511358.jpg
階段を上ると正面は庫裏。南菀寺でもっともお寺らしい建物です。2階には高欄をまわし、花頭窓を並べて特徴的な外観となっています。温泉街からの眺めを意識したそうです。木造2階建て。
c0112559_08520675.jpg
この庫裏の屋根は後ほど。

本堂
c0112559_08531780.jpg
中央に建つ本堂は数奇屋作りで、三つの部屋が東西に並んでいます。中央は仏壇のある仏間、東隣に床の間がある居間と思われる部屋。鬼瓦も面白い形で、山腹に独特な境内を構成する本堂です。木造平屋建て。
c0112559_08542335.jpg
c0112559_08544210.jpg
c0112559_08550575.jpg
仏間。
c0112559_08553511.jpg
床の間。
c0112559_08560627.jpg
庫裏の鬼瓦
c0112559_08563189.jpg
c0112559_08565312.jpg
庫裏の屋根にはユニークな鬼瓦があります。

c0112559_08583549.jpg
c0112559_08585729.jpg
こんな瓦もあります。

隠寮
c0112559_09004623.jpg
本堂東側に階段を介した斜面に建っています。本堂側は急傾斜に沿って長さの異なる柱で支えた、いわゆる懸造(がけづくり)の構造です。腰の庇と屋根の軒に杉丸太を用いて数寄屋風につくり、側面には円窓や花頭窓がある、あまり寺院らしくない軽妙な外観。内部意匠にも趣向が凝らされているそうです。木造平屋建て。
c0112559_09012132.jpg
c0112559_09013910.jpg
c0112559_09020449.jpg
東(手前)から隠寮、本堂、庫裏と並んでいます。
c0112559_09031788.jpg

by gipsypapa | 2017-02-12 09:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)

岡山大学医学部付属病院 三朝医療センター分室

c0112559_09051235.jpg
宿泊した「木屋旅館」のすぐそばにレトロな建物を見つけました。見ると「岡山大学付属病院 三朝医療センター分室」とあり、「ラドン熱気浴施設」という看板も立っています。ネットで調べると、1939(昭和14)年、三朝温泉に「岡山医科大学三朝温泉療養所」が開設されたが、2016年(平成28)年2月6日 閉院とあります。つまり写真を撮った翌年に閉鎖されたようです。ただし、この建物は「分室」。古そうに見えますが、建年などの詳細はわかりませんでした。木造平屋建て。

岡山大学付属病院 三朝医療センター分室
詳細不明
鳥取県東伯郡三朝町三朝939
撮影 : 2015.4.28
c0112559_09060107.jpg
c0112559_09062532.jpg
完全予約制と書いてあるので、少なくともこのときは現役でした。ちなみにラドン熱気浴は世界有数の放射能温泉である三朝温泉ならではの入浴法です。空気中に放出されたラドンを吸入することにより、免疫力や自然治癒力を高めるそうです。
c0112559_09074028.jpg
三朝医療センター分室のHPに中の写真がありました。↓
c0112559_09084013.jpg
熱気浴室に温泉が湧き出ていて、その熱で室内は気温40℃、湿度90%になり、その室内に30分ほど入るそうです。
c0112559_09091611.jpg

by gipsypapa | 2017-02-11 09:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

かじか橋と恋谷橋

かじか橋
c0112559_08170837.jpg
古い橋ではありませんが、三朝橋の両側に架かっているのを二つ。下流にある「かじか橋」は三朝温泉の三橋の中で、唯一の歩行者専用橋です。橋の中央には雨もしのげる足湯や、休憩所があります。

かじか橋
鳥取県東伯郡三朝町三朝
撮影 : 2015.04.28

c0112559_08192454.jpg
c0112559_08194614.jpg
c0112559_08200525.jpg
橋の中ほどにある足湯。
c0112559_08204008.jpg
橋を渡って南側の小道は旅館などの建物はなく、緑の遊歩道です。ここから「旅館大橋」の全貌を見ることができます。
c0112559_08211620.jpg
c0112559_08213451.jpg
恋谷橋
c0112559_08223092.jpg
上流に架かるのは「恋谷橋」。1951年当時のフランス大使が命名した「プァレ・ドゥ・ラムールLa Vallee de l'Amour」、直訳すると「恋の谷」からきているそうです。

恋谷橋
鳥取県東伯郡三朝町三朝
撮影 : 2015.04.28
c0112559_08231113.jpg
この橋にも途中に二つ東屋があります。
c0112559_08234650.jpg
c0112559_08241024.jpg
橋の中央には、三朝温泉で良く見るマスコットのカジカガエルがいて、「縁結びかじか蛙」と呼ばれています。
c0112559_08244743.jpg
c0112559_08252714.jpg
映画「恋谷橋」の舞台になりました。映画.comの解説。”東京のデザイン事務所で働いていた朋子は不景気でリストラされ、鳥取県の温泉街で老舗旅館「大橋」を経営する実家に戻ってくる。そんな折、父・和夫が病気で倒れてしまい、母・祥子は自分が旅館の旦那として役割を果たすかわりに、朋子に若女将として働いてほしいという。デザイナーの夢をあきらめきれない朋子だったが、温泉街に失われた活気を取り戻そうと奮闘する。ダンス&ボーカルグループ「SPEED」の上原多香子が映画初主演。”
本編は見てませんが、Youtube の予告編にチラリと「旅館 大橋」の玄関がでてきます。

by gipsypapa | 2017-02-10 08:29 | | Trackback(1) | Comments(2)