タグ:香川 ( 83 ) タグの人気記事

倉の館三角邸洋館

c0112559_13221989.jpg
 この建物が見たくて遠回りしてJR宇多津駅で下車。元肥料商の接客用の建物で、純和風の入母屋造主屋の北側に、尖塔のようなとんがり屋根のある洋館が建っています。1階、2階ともに部屋は1室しかありません。外壁は目地を切ったモルタル塗で、縦長のアーチ窓が並んでいるユニークな建物です。

 平成8年の改修時に、屋根は天然スレート葺を平瓦菱葺に葺き替え、ステンドグラスを新調したそうです。国の登録有形文化財の木造2階建て。

倉の館三角邸洋館
旧堺家住宅
昭和初期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
香川県綾歌郡宇多津町2148
撮影 : 2011.11.26
c0112559_13231519.jpg
c0112559_1323253.jpg
c0112559_13232971.jpg
c0112559_13231554.jpg
c0112559_1323439.jpg
c0112559_13233199.jpg
c0112559_13233936.jpg
 なお、純和風建築の主屋や門、塀も登録有形文化財です。
c0112559_13242940.jpg
 実はこのときは思わぬトラブルが発生。高松から移動するJRの車内にカメラを置き忘れてしまいました。改札を出たところで気が付き、すぐに窓口に届けたのですが、見つかるかどうかはすぐには分からないとのこと。しばらく駅の周辺で待っていましたが、連絡がなく、仕方ないのでお目当てのこの建物へ。

 カメラも大事ですが、Gitano Familyの結婚式やヴォーリズの礼拝堂などの、大事なデータがなくなるのが困ります。意気消沈していましたが、仕方なく、ここまで歩いてきて、もう一つ持っていたポケット型のコンデジで撮ったものです。門が開いていたし、普段なら中に入って許可を取って写真を撮るのですが、さすがにこのときはそういう気分になりませんでした。1時間以上待ったでしょうか、携帯にカメラがあったという連絡が入りやっと胸をなでおろしたわけです。
by gipsypapa | 2012-12-14 13:25 | 建築 | Trackback | Comments(4)

旧高松港管理事務所

c0112559_13125681.jpg
 JR高松駅から高松港の埠頭に向かうと目に入るビル。3階建てと2階建てがつながった大型の建物です。大阪商船の高松支店として昭和初期に建てられ、最近まで関西汽船の高松支店として使われましたが、今は空き家になっています。

 細部の装飾など見どころが多い意匠で、ロケーションがいいので事務所ビルに最適。再利用して欲しいところですが、瀬戸大橋が開通して以来、宇高連絡船が廃止となり、高松港の機能も縮小されたようです。設計・施工は清水組高松出張所。


Sakyo さんから、この建物は旧高松港管理事務所であり、かつこの写真を撮影したすぐ後に解体されたということを教えていただきました。確認できましたので改正します。(2014.2.1)

解体のニュースです。↓

 高松港のシンボルとして戦前から多くの香川県民に利用された旧高松港管理事務所(高松市玉藻町)の取り壊し工事が12月下旬から始まる。昭和初期の建築デザインを伝えるモダンな外観が特徴で、施設を管理する県は17日、惜別の意を込めて座談会や見学会を開く。

 同事務所は1927(昭和2)年に建築後、2001年に高松港旅客ターミナルビルに役目を譲るまで、75年間にわたって小豆島などの島しょ部、阪神・別府航路などの発着施設として多くの旅行客やビジネス利用者らでにぎわった。昨年開催された瀬戸内国際芸術祭では外壁にミラーパネルが装飾され、ギャラリーとしても使用された。

 建物は機能的でありながらも装飾美を兼ね備えたアールデコ感覚のモダンな外観で、当時の建築デザインを後世に伝える貴重な近代建築物として保存を望む声もあった。しかし、基礎地盤の陥没や外壁のはがれ、ひび割れが目立つなど老朽化が進んでいることから、県が取り壊しを決定。12月下旬に解体工事に着工し、来年3月下旬までに工事を完了する予定という。
鉄筋コンクリート造り、2/3階建て。

旧大阪商船高松支店旧高松港管理事務所(解体)
1928(昭和3)年1927(昭和2)年
設計・施工 : 清水組田村工務所
施工 : 不明

高松市玉藻町10-10
撮影 : 2011.11.26
c0112559_13133258.jpg
c0112559_13133938.jpg
c0112559_13134693.jpg
c0112559_13133483.jpg
c0112559_13134095.jpg
c0112559_131469.jpg
c0112559_13135582.jpg
c0112559_13142016.jpg

by gipsypapa | 2012-12-13 13:15 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

百十四銀行高松支店

c0112559_12525670.jpg
 1年以上前になります。Gitano Family のライブを初めて高松で行いました。その時にヴォーリズの大島青松園礼拝堂を見たあと、市内と近傍の近代建築を廻った時の写真です。

 高松市の繁華街にある、小振りながら銀行らしい大正末期の重厚な銀行建築。外壁全体は石積み風の化粧タイル貼りで、腰周りに花崗岩の切石が積まれています。正面の2本の飾りオーダーやテラコッタ飾りが特徴。3階部分はタイルの色が微妙に違います。昭和27年に増床されたそうですが、デザインや素材を同じにしていて違和感がありません。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

百十四銀行高松支店
旧高松百十四銀行本店
1926(大正15)年 / 1952(昭和27)年増築
設計・施工 : 清水組
高松市丸亀町15-7
撮影 : 2011.11.25
c0112559_12542880.jpg
c0112559_12541865.jpg
c0112559_12544110.jpg
c0112559_12543011.jpg
c0112559_12543774.jpg
c0112559_125512.jpg
c0112559_1255871.jpg
c0112559_1255165.jpg

by gipsypapa | 2012-12-12 12:56 | 建築 | Trackback | Comments(4)