タグ:香川 ( 83 ) タグの人気記事

玉藻公園 披雲閣

c0112559_813311.jpg
 玉藻公園を訪ねた目的はこの披雲閣(ひうんかく)です。高松城だったこの場所には、江戸時代には政務を行い、かつ藩主が生活する場所として「披雲閣」という名前の御殿がありました。

 現在の披雲閣は、明治維新後に老朽化のため取り壊された旧披雲閣を高松松平家の12代当主賴寿伯爵が3年余りの歳月をかけて完成したものです。

 大規模な和風住宅建築で、江戸時代の御殿を意識した伝統的な配置や意匠を採用した近世以来の正統的書院造りで、伝統技術と洋風技術が見事に融合された構造となっています。

 敷地の中央に本館があり桜御門を正門とし、海に面した北側に庭園が広がっています。本館は、接客、居住、家政などの機能をもつ多くの部屋が廊下でつながっています。中でも142畳敷の「大書院」からが見どころで、そのほかに複数の小座敷が配置されていました。

 江戸期の建築様式を踏襲しながら、清水組の近代的な組織体制により設計と施工の管理が徹底された住宅建築であり、大正時代におけるわが国の大規模和風住宅の技術的水準を示すものとして貴重であることから、国の重要文化財に指定された木造平屋、一部2階建て。

玉藻公園 披雲閣
旧松平家高松別邸
1917(大正6)年
重要文化財
設計・施工 : 清水組
高松市玉藻町2-1
撮影 : 2014.11.27
c0112559_8174667.jpg
c0112559_8175952.jpg
 三の丸の南面に開く桜御門を正門として敷地の中央に本館があります。
c0112559_8193385.jpg
c0112559_819471.jpg
c0112559_820838.jpg
c0112559_8201994.jpg
 脇門をくぐって・・
c0112559_8205410.jpg
 美しい日本庭園。
c0112559_8214985.jpg
c0112559_822355.jpg
c0112559_8221347.jpg
c0112559_8222676.jpg
c0112559_8224179.jpg
c0112559_8225275.jpg
c0112559_8233424.jpg
c0112559_8235698.jpg
c0112559_8242367.jpg
c0112559_8244064.jpg
c0112559_8245526.jpg
c0112559_825141.jpg
 裏側に出ると2階建ての棟があります。
c0112559_826153.jpg
c0112559_8261597.jpg
c0112559_8263088.jpg
c0112559_8265172.jpg
c0112559_827558.jpg
c0112559_8272036.jpg
c0112559_8274042.jpg
c0112559_827592.jpg
 1階に大書院があります。
c0112559_8283919.jpg
 中には入れませんでしたが、ガラス戸なのでガラス越しに見えます。
c0112559_8293827.jpg
c0112559_8295251.jpg
c0112559_830378.jpg
c0112559_8301675.jpg
c0112559_8302991.jpg
c0112559_8304219.jpg

by gipsypapa | 2015-06-24 08:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)

玉藻公園 高松城旧東之丸艮櫓

c0112559_111851.jpg
 高松駅の近くに玉藻公園(たまもこうえん)があります。高松藩主、生駒・松平家の居城だった高松城跡を整備した公園で、国の指定史跡。園内には枯山水庭園などがあります。

 高松城は瀬戸内海の海水を堀に引き込んでいて、日本三大水城として知られ、園内には本末などはありませんが、重要文化財に指定されている艮櫓、月見櫓、水手御門、渡櫓が残っています。

 今回見たのは艮櫓(うしとらやぐら)。延宝5年(1677)に東ノ丸の北東隅に建築された建物です。櫓が所在する場所が高松城の丑寅(うしとら)だったために、こう呼ばれました。三重三階の総塗籠で、初重には二重の屋根を貫く千鳥破風が見られ、城外側の隅には袴型の石落としが設けられています。国の重要文化財。

玉藻公園
高松城旧東之丸艮櫓(うしとらやぐら)
1677(延宝5)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
高松市玉藻町2-1
撮影 : 2014.11.27
c0112559_1115768.jpg
c0112559_1121078.jpg
 手前に見える線路は琴平電鉄です。
c0112559_1121920.jpg
c0112559_1122868.jpg
c0112559_1123886.jpg
c0112559_1124753.jpg

by gipsypapa | 2015-06-23 11:05 | 建築 | Trackback | Comments(2)

華下天満宮

c0112559_847173.jpg
 中部地方のGitano Familyライブが終わり、姫路で一回やってから、海を渡って最後の会場になった高松市へ来ました。

 華下天満宮(はなしたてんまんぐう)は市中心部の片原町商店街の真ん中にあります。商店街から社殿へ至る参道は小路になっていて、居酒屋や飲食店などが軒を連ねていました。

 高松市内で最も古い神社でもとは現在の玉藻公園にあったのが、江戸初期の高松城築城時に現在地に遷座しました。神社としては珍しく社殿が北向きですが、これは高松城の方向を向いているためだそうです。

 ネット情報では「1945年(昭和20年)7月4日の米軍による無差別絨毯爆撃「高松空襲」によって当社の社殿など建築物は一切が失われ、戦後まもなく社地の敷地内を闇市のバラックが占めるようになり、それがそのまま酒場や飲食店に変わったため、戦前の社地はほとんどが失われた。」とあります。昭和20年代の創建でしょうか。

華下天満宮
詳細不明
高松市百間町3-8
撮影 : 2014.11.27
c0112559_8481460.jpg
c0112559_8482987.jpg
c0112559_848409.jpg
c0112559_849087.jpg

c0112559_8531915.jpg
 前日に海辺のレストラン・ミケイラでのライブシーンを少し。↓
c0112559_85713.jpg
c0112559_8571784.jpg

by gipsypapa | 2015-06-22 08:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)

善通寺のK邸

c0112559_1544182.jpg
 駅前の大通りにある洋館。水尾写真館を小ぶりにしたような、まっ白な下見板張りの壁に水色の窓枠が明るい印象です。木造2階建て。

善通寺のK邸
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
善通寺市上吉田町3-2-2
撮影 : 2012.2.27
c0112559_1545384.jpg
c0112559_15451340.jpg
c0112559_15452496.jpg
 側面を見ると瓦葺きの切妻面が見えます。よくわかりませんが、これも一種の看板建築でしょうか。
by gipsypapa | 2013-05-06 15:46 | 建築 | Trackback | Comments(4)

旧大正湯

c0112559_20401313.jpg
 総本山善通寺の東側にある大正時代の古い銭湯。玄関上部の棟飾り付きぺディメントが銭湯としては珍しい。外壁は縦に切れ込みのある板貼りで、縦長の上げ下げ窓が並んでいます。昔は善通寺詣でのお遍路さんで賑わったのかもしれません。この手の古い銭湯は中も見たいところです。木造2階建て。

旧大正湯
大正期
設計・施工 : 不明
善通寺市善通寺町2-7-7
撮影 : 2012.2.27
c0112559_20411087.jpg
c0112559_20412065.jpg
c0112559_20413266.jpg
c0112559_20414281.jpg

by gipsypapa | 2013-05-04 20:42 | 建築 | Trackback | Comments(0)

善通寺のミッション

c0112559_21295057.jpg
 自衛隊前の大門通りを北上し総本山善通寺に戻りました。南門の前にいかにも古そうな建物があります。
 
 黒い下見板貼りの壁に縦長の上げ下げ窓が並び、明治か大正期の建物に思えます。向かって左側の1階部分はコンクリートで改修されていて、元は食堂だったとか。右側は「MISSION」という字が見えます。喫茶店か食堂のようです。木造2階建て。

ミッション
築年 : 不明(明治期)?
設計・施工 : 不明
善通寺市善通寺町3-1-7
撮影 : 2012.2.27
c0112559_21304055.jpg
c0112559_21305374.jpg
c0112559_2131248.jpg

by gipsypapa | 2013-05-02 21:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)

赤レンガ 自衛隊資材倉庫

c0112559_16392229.jpg
 県道24号線と総本山善通寺を結ぶ大門通りに、明治時代後期から大正時代に建てられた赤レンガの自衛隊建物が3棟並んで建っています。旧陸軍第十一師団兵器庫として建てられたもので、ドイツ人技師の設計らしいのですが、詳細はわかりません。現在も現役で使い続けられ、地元では「自衛隊の赤レンガ」として親しまれているそうです。

 いずれも2階建の大型倉庫でずらりと並ぶ縦長窓には白い鉄製の両開き扉。旧陸軍の威厳を感じる一連の倉庫群です。道路に面して2棟、奥に1棟見えますが、建てられた順番は不明です。いずれも煉瓦造り2階建て。

赤レンガ 自衛隊資材倉庫
旧陸軍第11師団兵器庫
1909/1911/1921(明治42/44/大正10)年
設計 : 陸軍省営繕組織
施工 : 不明
善通寺市南町1-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_1640172.jpg
c0112559_16401273.jpg
c0112559_16402542.jpg
c0112559_16403616.jpg
c0112559_16404779.jpg
c0112559_1641117.jpg
 門から奥の倉庫をもう少し見たかったのですが、自衛隊なので写真は自由に撮れません。
by gipsypapa | 2013-05-01 16:42 | 建築 | Trackback | Comments(4)

陸上自衛隊善通寺駐屯地資料館(乃木館)

c0112559_1391280.jpg
 善通寺にはかつて大日本帝国陸軍第11師団があり、現在も陸上自衛隊の駐屯地です。その一角にある第3キャンプ内に駐屯地資料館があり、初代師団長の乃木希典に因み乃木館という通称で一般公開されています。

 旧陸軍第11師団の司令部だった建物で、木造ルネッサンス様式の大規模な洋風建築です。白い漆喰塗りの外壁に水色の窓枠の上げ下げ窓が整然と並び、ブルーの瓦屋根とともに明るい印象です。明治31年の築とは思えないくらい綺麗に使われています。木造2階建て。

陸上自衛隊善通寺駐屯地資料館(乃木館)
旧陸軍第11師団司令部
1898(明治31)年
設計 : 不明
施工 : 小野長吉(建築請負人)、木下幾治郎(大工棟梁)
善通寺市南町2-1-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_1310018.jpg
c0112559_13101826.jpg
c0112559_13101654.jpg
c0112559_13102352.jpg
 時間がなく周りから撮っただけでした。
by gipsypapa | 2013-04-30 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)

善通寺の磯野家住宅

c0112559_161355.jpg
 大正から昭和初期に多くみられる和風住宅に洋館を付した住宅建築です。2階部分に大きな縦長アーチ窓があり、外壁は薄いあずき色のモルタル仕上げ。1階と2階の間にあるロンバルディアバンドや4隅の飾り柱の上部に装飾を施す、凝った意匠です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

磯野家住宅
1930(昭和5)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
善通寺市生野町2146-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_16133048.jpg
c0112559_16134153.jpg
c0112559_16135140.jpg
c0112559_1614184.jpg
c0112559_16141133.jpg
c0112559_1614211.jpg

by gipsypapa | 2013-04-28 16:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

四国学院大学2号館

c0112559_1391243.jpg
 善通寺は今でも市街地近くには陸上自衛隊の旅団司令部や駐屯地が配置されていますが、明治時代から帝国陸軍の師団が置かれていた軍都だったので、当時の建物が残っています。

この建物は旧陸軍第11師団の兵舎だったもので、今は四国学院大学の校舎として使われています。南側中央に1本石によるロマネスク風の大オーダーと大振りなペディメントの玄関ポーチが特徴です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

四国学院大学2号館
旧陸軍第11師団兵舎棟
1897(明治30)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
善通寺市文京町3-2-1
撮影 : 2012.2.27
c0112559_13105161.jpg
c0112559_13103019.jpg
c0112559_13103751.jpg
c0112559_13104432.jpg
c0112559_13112218.jpg
c0112559_1311176.jpg
c0112559_13115141.jpg

by gipsypapa | 2013-04-26 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)