タグ:長野 ( 47 ) タグの人気記事

松本市の中町通り

c0112559_11081605.jpg
松本城を出ると、もうお昼過ぎ。そろそろ大阪へ帰る時間が近づいてきました。最後に歴史がある町並みが残る中町通りを散策して、昼ごはんを食べることにしました。中町通りは昔から、主に酒造業や呉服などの問屋が集まって繁盛した通りです。しかし江戸末期や明治時代に大火に見舞われ主要な施設や町家が多数失われたとか。

特に明治21年1月、極楽寺から出火した火は本町、中町周辺の町人町をほとんどを焼きつくし、約1500戸を消失したと言われています。この大火を機会に、多くの商家が再建にあたって、土蔵造りの建物を建てたとかで、当時の土蔵造りの家屋が今も残っており、独特な雰囲気をの町並みになっています。

松本市 中町通り
長野県松本市中央2 & 3
撮影 : 2016.7.12

紹介するほとんどの建物は、明治期の築と思われますが、詳しい情報があるものは、限られています。歩いていて気になった建物を紹介します。


カレーの店 デリー
c0112559_11103003.jpg
カレーの店 デリー
明治後期
設計・施工 : 不明
長野県松本市中央2-4-13
c0112559_11104583.jpg
c0112559_11113399.jpg
内部の写真は食べログ借用しています。
c0112559_11120065.jpg

伊原漆器店
c0112559_11124223.jpg
1907(明治40)創業の漆器専門店。木曽漆器をはじめ、山中、会津、越前漆器を主に扱っています。建物は明治40年以前からあったみたいです。

伊原漆器店
明治後期
設計・施工 : 不明
長野県松本市中央2-10-16
c0112559_11131910.jpg
唐獅子とボタンの花の看板がユニークです。
c0112559_11135847.jpg
店内の写真は「地球 津々浦々 旅ブログ。」から借用しました。


食い飲み屋 BUN
c0112559_11151496.jpg
その横に建つのは築100年以上というので、やはり明治後期の蔵造りで、内装もレトロです。

食い飲み屋 BUN
明治後期
設計・施工 : 不明
長野県松本市中央2-10-15
c0112559_11155194.jpg
内部の写真は食べログ借用しています。
c0112559_11163074.jpg

中町 蔵シック館(1号館)
c0112559_11172925.jpg
中町・蔵シック館(正式名称:松本市中町蔵の会館)は、中町に隣接する宮村町にあった造り酒屋「大禮(たいれい)酒造」の母屋・土蔵・離れの3棟を現地に移築し、平成8年に開館した松本市の施設です。この建物は土蔵です。明治21年の極楽寺の大火の直後に建てられたといわれています。

中町 蔵シック館(1号館)
1888(明治21)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市中央2-9-15
c0112559_11180365.jpg
c0112559_11182000.jpg
土蔵は喫茶室としても利用されています。内部写真は食べログから。
c0112559_11185084.jpg

中町 蔵シック館(2号館)
c0112559_11194210.jpg
ちらは母屋です。これも明治21年に建てられた、典型的な町家建築です。母屋は無料で見学ができ、貸し展示施設にもなっています。

中町 蔵シック館(2号館)
1888(明治21)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市中央2-9-15
c0112559_11201639.jpg
c0112559_11203747.jpg
c0112559_11205681.jpg
無料休憩所を兼ねているので気楽に入りましたが、なかなか興味深いところでした。
c0112559_11212897.jpg
c0112559_11214459.jpg
c0112559_11220079.jpg
c0112559_11221442.jpg
c0112559_11223356.jpg
c0112559_11224622.jpg
c0112559_11230372.jpg

中町 蔵シック館(3号館)
c0112559_11235223.jpg
母屋の奥に離れがあります。こちらは1923(大正12)年に増築されたものです。離れは貸し会議室として活用されています。中町 蔵シック館は、蔵のある町づくりを推進している中町地区の中核施設になっています。

中町 蔵シック館(3号館)
1923(大正12)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市中央2-9-15
c0112559_11243030.jpg
c0112559_11244856.jpg

サムサラ(SAMUSARA)
c0112559_11253512.jpg
蔵作りの町家。雑貨・インテリアの店で、世界各国から集められた手工芸品を販売しています。詳細は不明ですが、見る限り明治後期の築でしょう。

サムサラ(SAMUSARA)
明治後期
設計・施工 : 不明
長野県松本市中央3丁目3−18
c0112559_11260709.jpg
内部写真は「地球 津々浦々 旅ブログ。」その他から借用しています。
c0112559_11265614.jpg

ミドリ薬品
c0112559_11274041.jpg
蔵や町家風の建物が並ぶ中町通りで、周囲とは雰囲気の違う粋な外観で目を引くミドリ薬品。いわゆる「看板建築」で、ネット情報では建てられたのは80年以上前とあるので、昭和10年頃に立てられたと思います。

ミドリ薬品
昭和初期
設計・施工 : 不明
長野県松本市中央3-3-15
c0112559_11283602.jpg

凸凹堂 松本
c0112559_11292662.jpg
各地の観光地で時々見かける凸凹堂。天然石やアクセサリーのショップです。

凸凹堂 松本
詳細 : 不明
長野県松本市中央3-5-8
c0112559_11301472.jpg
HPの写真です。
c0112559_11304939.jpg
この後、食事をして大阪に帰りました。松本編はこれで終わります。次回からは滋賀県の長浜市です。

by gipsypapa | 2017-07-26 11:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松本城

c0112559_08190079.jpg
松本市の二日目は、朝から県(あがた)の学校建築を訪ねたあと、見逃すわけにはいかない松本城へ行きました。松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現在の天守閣は江戸時代初期、大坂夏の陣のころに築城されたものです。

日本で今も天守の建物を残す城は12しかないとかで、そのうち五重の天守は松本城と姫路城だけだそうです。現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城で、城跡は国の史跡に指定されています。

松本城天守
1615(慶長20)年ころ
国宝
設計・施工 : 不明
長野県松本市丸の内4番1号
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08193316.jpg
c0112559_08195213.jpg
現存している天主のある城は、弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城、備中松山城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城、 の12城だそうです。
c0112559_08203423.jpg
その中でも国宝に指定されているのが松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城の5城で、残りの7城は重要文化財に指定されています。
c0112559_08210846.jpg
天主のほかにも、乾小天守(いぬいこてんしゅ)、渡櫓(わたりやぐら)、 辰巳附櫓(たつみつけやぐら)、月見櫓(つきみやぐら)が国宝です。
c0112559_08213852.jpg
松本の観光の中心です。
c0112559_08222368.jpg
観覧料は610円でした。
c0112559_08241592.jpg
c0112559_08243764.jpg
c0112559_08245503.jpg
c0112559_08251372.jpg
c0112559_08253305.jpg
c0112559_08255181.jpg
c0112559_08260614.jpg
c0112559_08262335.jpg
c0112559_08264178.jpg
c0112559_08265818.jpg
全景がウィキペディアにあったので、借用します。

by gipsypapa | 2017-07-25 08:27 | 建築 | Trackback | Comments(4)

松商学園高等学校(旧松本商業学校)講堂&柔剣道場

松商学園には他にも2棟、文化財の建物があります。近づきにくい位置にあるので、写真は少ないです。まとめてアップします。

松商学園高等学校講堂
c0112559_08090728.jpg
まず、本館の東側に建つ講堂です。こちらは鉄筋コンクリート造りで、切妻面は中央に細い柱形を三本立てた外観が特徴で、側面は高い柱形の間に大きな縦長窓が並んでいます。昭和初期における鉄筋コンクリート造講堂の好例として、国の登録有形文化財に指定された、鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

松商学園高等学校講堂
旧松本商業学校講堂
1936(昭和11)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県松本市県3-6-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08094361.jpg
c0112559_08100839.jpg
c0112559_08102235.jpg
以下は文科省の文化遺産オンラインから。
c0112559_08110941.jpg
c0112559_08112135.jpg
松商学園高等学校柔剣道場
c0112559_08125313.jpg
講堂とは反対の本館西側に建つ、切妻の建物。外観は講堂と同様に高い柱形の間に半円アーチ窓や矩形窓を配置したモダンな意匠です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

松商学園高等学校柔剣道場
旧松本商業学校柔剣道場
1936(昭和11)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県松本市県3-6-1
c0112559_08133442.jpg
本館前の広場や前の道路からはほとんど見えません。これらも文化遺産オンラインから。
c0112559_08151588.jpg

by gipsypapa | 2017-07-24 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松商学園高等学校本館

c0112559_08490004.jpg
あがたの森公園の南側にもう1箇所、文化財の学校建築があります。旧名は松本商業学校で、略称の松商(まつしょう)が現在の校名に残っています。元々は私塾「私立戊戌(ぼじゅつ)学会」といい、110年以上の歴史があるそうです。

入母屋造桟瓦葺の学校建築で、中央に張出した玄関は石造風のポーチになっています。外壁は下見板張り、屋根に千鳥破風を配するなど和洋折衷の意匠の大型木造校舎です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

松商学園高等学校本館
旧松本商業学校本館
登録有形文化財
1936(昭和11)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市県3-6-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08514840.jpg
c0112559_08520569.jpg
c0112559_08522118.jpg
c0112559_08523577.jpg
c0112559_08525022.jpg
c0112559_08530410.jpg
c0112559_08532066.jpg
c0112559_08533556.jpg
車寄せのある大きな玄関ポーチです。
c0112559_08541581.jpg
c0112559_08542845.jpg
玄関からガラス越しに少しだけ中の玄関ロビーが見えました。
c0112559_08551483.jpg
文科省の文化遺産オンラインにある写真です。
c0112559_08560007.jpg
こちらは全景を撮ったウィキペディアの写真を借用しています。

by gipsypapa | 2017-07-22 08:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)

あがたの森文化会館(旧松本高等学校講堂)

c0112559_07551503.jpg
本館の北側にある講堂は、「あがたの森文化会館」の一部です。本館と同様の外観で、本館の2年後に建てられたもの。意匠的には、円形庇の玄関ポーチや、屋根の換気窓など、内外の装飾細部に見るべきものがあります。本館同様、当時の木造学校建築の特徴を典型として、国の重要文化財に指定された木造2階建て。

あがたの森文化会館
旧松本高等学校講堂
1922(大正11)年
重要文化財
設計 : 文部省大臣官房建築課
施工 : 守会商会
長野県松本市県3-1-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_07554784.jpg
c0112559_07560137.jpg
玄関は2箇所あります。西側の隅切部にある円形庇は珍しい。
c0112559_07565771.jpg
c0112559_07571413.jpg
屋根にある換気窓も印象的です。
c0112559_07573647.jpg
もう一箇所の玄関は東側に南面しています。
c0112559_07585971.jpg
c0112559_07591738.jpg
ドンドンという音に惹かれて中へ。
c0112559_07594076.jpg
講堂の2階にあるテラスに上る階段。
c0112559_08001650.jpg
子供たちが和太鼓の練習中でした。
c0112559_08012228.jpg
c0112559_08013812.jpg
c0112559_08015328.jpg

by gipsypapa | 2017-07-21 08:02 | 建築 | Trackback | Comments(2)

あがたの森文化会館(旧制松本高等学校本館)

c0112559_08250615.jpg
「あがたの森公園」のシンボルである旧制松本高等学校本館。大正中期の高等教育機関拡張期に開校した文部省直轄学校の一つです。現在は松本市民の文化芸術活動の場、「あがたの森文化会館」として、企業も含めた会議、研修会場として使われています。

建物は、左右対称形ではない「コの字」形の平面をもつ和瓦葺の洋風木造二階建て校舎で、玄関正面は左右対称のペディメントの張り出しがあり、中央はマンサード屋根の換気口。整然と並ぶ縦長上げ下げ窓が、学校らしさを印象付けています。明治末期から大正時代前期にかけての木造学校建築の特徴を典型的に示すとして、国の重要文化財に指定された木造2階建て。

あがたの森文化会館
旧制松本高等学校本館
1920(大正9)年
重要文化財
設計 : 文部省大臣官房建築課
施工 : 守会商会
長野県松本市県3-1-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08254655.jpg
本館の入口は道路に面していてます。
c0112559_08262921.jpg
「コの字」の北西の隅切部(すみきりぶ)に玄関を配置。
c0112559_08273387.jpg
見学は無料です。
c0112559_08280171.jpg
中央階段は公共施設では多い幅が広く長いです。中間の踊り場で、左右に分かれています。
c0112559_08295992.jpg
c0112559_08301224.jpg
校長先生の像?
c0112559_08304658.jpg
c0112559_08310606.jpg
c0112559_08312065.jpg
c0112559_08313200.jpg
c0112559_08315751.jpg
c0112559_08321868.jpg
c0112559_08323636.jpg
c0112559_08325242.jpg
c0112559_08332072.jpg
c0112559_08334196.jpg
c0112559_08341378.jpg
c0112559_08343285.jpg
コの字の内側は洋風庭園になっています。
c0112559_08350709.jpg
c0112559_08352428.jpg
c0112559_08354588.jpg
c0112559_08361178.jpg
c0112559_08363580.jpg
再び「あがたの森公園」の広場から見ています。
c0112559_08370536.jpg
グーグルで見ると、北側と南側の長さが違う、変形「コの字」であることがわかります。北側に離れて建っているのは、次回にアップする講堂です。

by gipsypapa | 2017-07-20 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松本市の「あがたの森公園」


c0112559_07461121.jpg
松本市の二日目です。この日は、まず東部の学研都市である県(あがた)を訪れました。大正8年に植えられたヒマラヤスギの並木に囲まれた「あがたの森公園」。池を中心とした日本庭園や重要文化財の旧制松本高校の校舎がシンボルです。教育文化の歴史と香りを伝える公園で、松本市民の憩いの場となっています。

あがたの森公園
長野県松本市県3-2102-15
撮影 : 2016.7.12
c0112559_07464256.jpg
向こうに見えているのは旧制松本高校の本館裏側です。
c0112559_07471360.jpg
c0112559_07473429.jpg
c0112559_07475394.jpg
池のある日本庭園。
c0112559_07482816.jpg
洋風の庭園は公園の南側と、旧制松本高校の中庭にもあります。
c0112559_07492039.jpg
c0112559_07510437.jpg
c0112559_07513997.jpg
西側の公園入り口です。旧制松本高校の写真は次回から。

by gipsypapa | 2017-07-19 07:52 | | Trackback | Comments(0)

アルモニービアン(旧日本勧業銀行松本支店)

c0112559_08200897.jpg
松本城に向かう大名町通りにある歴史的建造物。日本勧業銀行松本支店として建てられたもので、2003年に銀行統合のために閉鎖されて建物存続の危機がありましたが、市民など、2万人の署名活動や市民募金がおこなわれ、解体を免れたそうです。現在はアルモニービアン(HARMONIE BIEN)という、ホテル併設型のウェディング施設になっています。

建物は銀行らしい、重厚さのなかに華やかさを感じさせるデザインです。外壁は石張り風にし、先が尖った、独特な形状をしたアーチの開口部が正面に7連、側面と背面に各3連並んでいるのが特徴。長野県の近代建築の代表例の一つとされて、商業都市の松本を象徴する建物です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、3階建て、一部地下1階、塔屋付。

アルモニービアン
旧日本勧業銀行松本支店
1937(昭和12)年
登録有形文化財
設計 : 日本勧業銀行営繕課
施工 : 清水組
長野県松本市大手3-5-15
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08210741.jpg
c0112559_08212158.jpg
このアーチが美しい。教会にありそうな形です。
c0112559_08215250.jpg
c0112559_08224363.jpg
c0112559_08230088.jpg
c0112559_08231139.jpg
側面は「じゃらんカメラ」というブログから借用しています。以下、内部写真は食べログから。
c0112559_08235101.jpg
c0112559_08240414.jpg
c0112559_08242285.jpg
c0112559_08244532.jpg

by gipsypapa | 2017-07-17 08:24 | 建築 | Trackback | Comments(4)

松本市の四柱神社

c0112559_07541049.jpg
NTT大名町ビルの北側にある四柱神社(よはしらじんじゃ)。四柱とは天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)の四人の神のことだそうで、地元では、すべての願い事が叶う「願い事むすびの神」として親しまれています。

1879(明治12)年、現在地に社殿を造営しましたが、1888(明治21)年の松本大火で社殿が焼失し、1924(大正13)年に再建したものです。木造平屋建て。

四柱神社
1924(大正13)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市大手3-3-20
撮影 : 2016.7.11
c0112559_07545130.jpg
c0112559_07550830.jpg
c0112559_07552577.jpg
c0112559_07554231.jpg
御幸橋(みゆきばし)1879(明治12)年。松本城の総堀に架けられた眼鏡橋で、明治天皇の信濃地方巡幸のときに、最初に渡られたことから名づけられました。
c0112559_07561666.jpg
神社の傍にカエルがいくつか飾ってあります。松本市なわて通り商店街を舞台に、商店主・地元の学生・市民が協力して運営するかえるをテーマにしたお祭りがあるとか。毎年全国からたくさんのかえる作家さんの連なる「かえる市場」やかえるに関する様々な催し・学生が運営する楽しい遊びコーナーなどが開催されるそうです。
by gipsypapa | 2017-07-16 07:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)

NTT東日本松本営業支店大名町ビル

c0112559_08154250.jpg
大手の大名町通りを更に西へ。いかにも昭和初期を感じるビルがあります。白い外壁の腰部はレンガ張り、アーチの門がある、逓信省らしいモダンな建物です。鉄筋コンクリート造り3階建て。

NTT東日本松本営業支店大名町ビル
旧松本郵便局電話事務室
1930(昭和5)年
設計 : 旧逓信省建築局
施工 : 不明
長野県松本市大手3-3-9
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08161897.jpg
窓が斜めに配置されているところは階段ですね。
c0112559_08165045.jpg
c0112559_08170263.jpg
「電話局の写真館」という優れもののHPから借用しました。
c0112559_08172906.jpg
グーグルで見ています。

by gipsypapa | 2017-07-15 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(4)