タグ:長崎 ( 80 ) タグの人気記事

旧唐人屋敷 観音堂

c0112559_14265710.jpg
 やや小ぶりな煉瓦建築。当初の建物は元文2年(1737)に建立されましたが焼失し、天明7年(1787)に再建。その後何度かの改修の後、大正6年(1917)当地在住の中国商人により改築されました。観音堂とはいえ、あくまでも中華風。入口のアーチ型の石門は唐人屋敷時代のものと言われています。煉瓦造り、平屋建て。

旧唐人屋敷 観音堂 1787(天明7)年 / 1917(大正6)年改築
長崎市指定史跡
設計・施工 : 不明
長崎市館内町12
撮影 : 2009.5.17
c0112559_1428940.jpg
c0112559_14282749.jpg
c0112559_14285885.jpg
c0112559_14291510.jpg
c0112559_14293552.jpg
c0112559_14295436.jpg
c0112559_14301275.jpg
c0112559_14302728.jpg
c0112559_14304580.jpg

by gipsypapa | 2010-01-05 14:31 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧唐人屋敷 福建会館

c0112559_1242423.jpg
 旧唐人屋敷の敷地にありますが、ここだけは江戸時代ではなく、明治元年に建てられた八閩(びん)会館という寺院建築。媽姐(まそ)神を祀る唐寺です。明治30年に改装されて福建会館と名前が替わりました。福建省泉州出身者が建てたためにこの名称になったとか。中国風に和風を取り入れた、長崎市指定有形文化財の煉瓦造り、平屋建て。

旧唐人屋敷 福建会館
1868(明治元年)/1897(明治30)年改築
長崎市指定有形文化財
設計・施工 : 不明
長崎市館内町3
撮影 : 2009.5.17
c0112559_12443989.jpg
c0112559_1245241.jpg
c0112559_12451391.jpg
c0112559_1245244.jpg
唐人屋敷の他の建物でも見かける「金爐」。経文などを焼却浄化するための焼却炉です。
c0112559_12462974.jpg
c0112559_12464068.jpg
c0112559_12465061.jpg
c0112559_1247073.jpg
c0112559_1247940.jpg
c0112559_12472457.jpg
c0112559_12473570.jpg
c0112559_12474311.jpg
c0112559_12475935.jpg
c0112559_1248952.jpg
c0112559_12482261.jpg
c0112559_12483286.jpg
c0112559_1251264.jpg
c0112559_12484285.jpg
坂道に沿って煉瓦塀に囲まれています。長崎は石畳と坂の町ですが、この一角はまだ序の口。
by gipsypapa | 2010-01-04 12:52 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧唐人屋敷 土神堂(どじんどう)

c0112559_11135769.jpg
 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今日から再開します。

 長崎の館内町には元禄時代に建設された唐人屋敷があり、今も4棟が残っています。鎖国時代、唯一の海外貿易港であった長崎で出島と共に海外交流の窓口として重要な役割を果たしました。

 江戸時代初期、1635年(寛永12年)から長崎のみに制限された中国貿易。唐人たちは長崎市中に散宿していましたが、密貿易の増加を恐れた幕府は、その対策として、1688年(元禄元年)唐人屋敷の建設に着手し、翌1689年(元禄2年)に完成しました。当初、長屋数十棟が建ち並んでいたといわれ、一度に2,000人前後の唐人たちの住居はここに集められ、長崎奉行所の管理・支配下におかれていました。

 土神堂(どじんどう)は土神の石殿を建立したいという唐船の船頭たちの願いが許され創立されたもの。天明4年(1784)の火事で焼失しましたが、復旧され、その後も数度にわたり華僑たちによって改修、保存されてきましたが、昭和25年(1950)に 老朽のため解体され、石殿だけが残っていました。現在の建物は昭和52年(1977)に長崎市が復元工事を行ったものです。

旧唐人屋敷 土神堂 1691(元禄4)年/1977(昭和52)年復元
長崎市指定史跡
設計・施工 : 不明
長崎市館内町2
撮影 : 2009.5.17
c0112559_1116950.jpg
 館内町に残る4棟の唐人屋敷。
c0112559_11173894.jpg
c0112559_1117497.jpg
c0112559_1118152.jpg
c0112559_11181126.jpg
c0112559_11182176.jpg
c0112559_1118309.jpg
c0112559_11184065.jpg
c0112559_11185070.jpg

by gipsypapa | 2010-01-03 11:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)

長崎県印刷会館

c0112559_15261749.jpg
 出島の一角にあります。新地中華街に向かうときに見つけたビル。予備知識がなかったのですが、なんとなく古そうなので、カメラに収めました。調べるとやはり昭和初期の建物。アールのついたコーナー部や縦長窓が時代を感じさせます。ただ、外壁の色はなんとかなりませんかねぇ。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

長崎県印刷会館
旧日本生命保険長崎支社 1927(昭和2)年ころ
設計・施工 : 不明
長崎市出島町10-13
撮影 : 2009.5.17
c0112559_15271839.jpg
急いでいたので近づきませんでしたが、じっくり写真を見ると、丸窓がある玄関周りはよさそうです。

 今日は大みそか。よいお年を。来年は明るい年でありますように。
by gipsypapa | 2009-12-31 15:29 | 建築 | Trackback | Comments(4)

出島橋

c0112559_12421718.jpg
 出島のすぐそば、中島川の河口近くにかかる鉄橋。特別な外観ではありませんが、細めのトラス組鉄骨材が使われています。トラス受けにある唐草模様が気になって写真を撮りましたが、調べると明治中期の古い橋でした。

出島橋
旧新川口橋 1890(明治23)年 / 1910(明治43)年移設
設計 : 不明
施工 : 日本土木
長崎市出島町6 ~江戸町9
撮影 : 2009.5.17
c0112559_1243758.jpg
c0112559_12432453.jpg
 この部分に唐草模様。
c0112559_12441549.jpg
 中央にも何か飾りがありますが、なんの形でしょう。
c0112559_12451587.jpg
 向こうに見えるのは旧出島神学校。
by gipsypapa | 2009-12-30 12:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)

出島資料館本館(旧出島神学校)

c0112559_1048581.jpg
 明治初期に建てられた、現存するわが国最古のキリスト教(日本聖公会)の神学校。元々、1875(明治8)年に建てられた出島教会がこの位置にあり、数年後に隣接してこの出島神学校が建てられました。後に東側に宣教師宿舎を増築して、ほぼ今の姿になり、その後、増築や模様替えがなされ、明治末から病院として使われていたそうです。現在は長崎市が管理し、1977(昭和52)年から3年がかりで半解体・修理復元工事を行い、出島史料館として保存活用されています。

 面と裏側に幅広のベランダを持つ横長の建物で、左右両側に直交する切妻。その片側には塔屋を持つ、明治らしい美しい建物です。木造2階建て。

出島資料館本館
旧出島神学校 1877(明治10)年
設計 : モンドレル(施主)
施工 : 不明
長崎市出島町9
撮影 : 2009.5.17
c0112559_1049459.jpg
c0112559_10491326.jpg
c0112559_10492255.jpg
c0112559_10493285.jpg
c0112559_1049396.jpg
c0112559_10494912.jpg
c0112559_10495771.jpg
c0112559_1050688.jpg
c0112559_10501916.jpg
c0112559_10503249.jpg
c0112559_10504273.jpg
c0112559_10505893.jpg
c0112559_1051810.jpg
c0112559_10511962.jpg
c0112559_10512814.jpg
c0112559_10513934.jpg
c0112559_10524195.jpg

by gipsypapa | 2009-12-29 10:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧長崎内外クラブ

c0112559_10313327.jpg
 復元建築の多い出島の中で、この建物は昔から現在の位置に建っている明治の英国式洋風建築。とはいえ、老朽化のための大規模な補修が行われています。

 旧内外クラブは、明治36年にイギリス人のフレデリック・リンガー(トーマス・B・グラバーのグラバー商会社員で、後にホーム・リンガー商会を設立)が建てた、出島最後の外国人所有の建物。長崎に暮らす外国人と日本人との親交の場として利用され「長崎内外倶楽部」といわれました。現在は史料館のひとつとして居留地時代の建物に関する展示するとともに休憩施設として無料開放されています。和瓦葺き、下見板貼りの木造2階建て。

旧長崎内外クラブ 1903(明治36)年
設計・施工 : 不明
長崎市出島町9
撮影 : 2009.5.17
c0112559_10322519.jpg
c0112559_10323367.jpg
c0112559_10324099.jpg
c0112559_10324859.jpg
c0112559_1033541.jpg
c0112559_10331559.jpg
c0112559_10332343.jpg
c0112559_10333836.jpg
c0112559_10334848.jpg
c0112559_10335871.jpg
c0112559_10341225.jpg
c0112559_10342383.jpg
c0112559_10343331.jpg
c0112559_10344590.jpg
c0112559_1034546.jpg
c0112559_1035456.jpg
c0112559_10351645.jpg
 内部は見どころが多いのですが、個人的に最も気に入った名刺を入れる棚。当時の手書きの名刺が残されていました。

c0112559_10361786.jpgc0112559_10363122.jpg














c0112559_10365682.jpgc0112559_10371757.jpg
























 細部の建具も昔のもの。
c0112559_10375514.jpg

by gipsypapa | 2009-12-28 10:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)

出島旧石倉(考古館)

c0112559_2293552.jpg
 こちらも江戸時代末期の建築で、安政の開国後に建てられた石造倉庫を復元したもの。1階は出島から出土した遺物を中心に展示し、2階は出島の石垣の修複や復元方法を紹介しています。石造り、2階建て。

 施工は天草の棟梁、小山秀之進(1829-1898)。彼が請け負った建築としては、南山手の大浦天主堂、オルト邸、リンガー邸が有名。またグラバー邸の施工も彼の仕事といわれています。

出島旧石倉(考古館)
旧ハルトマン・ベシル商会倉庫 1861~1864年(文久年間)/ 復元
設計 : 不明
施工 : 小山秀之進
長崎市出島町8
撮影 : 2009.5.17
c0112559_22103326.jpg
c0112559_22104411.jpg
c0112559_22105438.jpg
c0112559_2211457.jpg
c0112559_22111367.jpg
c0112559_22112259.jpg
c0112559_22113247.jpg
c0112559_2211401.jpg
c0112559_2211494.jpg

c0112559_22144035.jpgc0112559_22145063.jpg
























c0112559_2215477.jpg

by gipsypapa | 2009-12-27 22:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)

出島のカピタン部屋

c0112559_10142236.jpg
 オランダ商館長(カピタン)の事務所や住居として使用されていた大きな木造の建物。商館長の私室以外にも、迎賓館としての機能をもった公的な部屋を持ち、日本の役人や大名などが出島を訪れたときの接待所としても使われました。これも最近復元された和洋折衷の木造2階建て。

カピタン部屋 1809(文化6)年 / 復元
設計・施工 : 不明
長崎市出島町6
撮影 : 2009.5.17
c0112559_10151018.jpg
c0112559_10151889.jpg
c0112559_10152846.jpg
c0112559_10154010.jpg
c0112559_10155591.jpg
c0112559_10161456.jpg
c0112559_10165429.jpg
c0112559_1017618.jpg
c0112559_10171629.jpg
c0112559_10173069.jpg
c0112559_10174625.jpg
c0112559_1017583.jpg
c0112559_10183184.jpg
c0112559_10184883.jpg
c0112559_1019737.jpg
c0112559_10192774.jpg

by gipsypapa | 2009-12-25 10:20 | 建築 | Trackback | Comments(4)

出島シアター

c0112559_1131938.jpg
 しばらくお休みをいただきましたが、本日より再開し、長崎をやります。今年の連休明けからJR西日本が始めた西日本パスを利用して、2泊3日の旅でした。JR西日本、JR四国の全路線とJR九州の北半分をカバーするお得な切符。現在も継続していますが、エリアが拡大(九州が全域になった)して、料金が高くなりました。

 では長崎を訪問順に紹介します。最初は出島。出島は江戸時代の初期にポルトガル人を隔離収容するために寛氷13年(1636)完成した人工島です。その翌年に島原の乱が起こり、幕府はキリスト教の普及に熱心だったポルトガル人を渡航禁止にしました。その後、寛永18年(1641)平戸のオランダ商館をここに移し、安政の開国まで約220年間、出島は阿爾陀屋敷と呼ばれました。

 出島シアターは1865年(慶応元年)に建てられた石張りの瓦葺倉庫を再建したもの。出島のガイダンスとして「阿蘭陀通詞の出島案内」を上映しています。石造り、平屋建て。

出島シアター
旧スハット商会倉庫 1865(慶応元)年/復元
設計・施工 : 不明
長崎市出島町6
撮影 : 2009.5.17
c0112559_1132815.jpg
c0112559_11322338.jpg
c0112559_11324090.jpg
c0112559_11325747.jpg
c0112559_11332954.jpg
c0112559_11335597.jpg
c0112559_1134146.jpg

by gipsypapa | 2009-12-24 11:34 | 建築 | Trackback | Comments(0)