タグ:銀行 ( 57 ) タグの人気記事

金沢文芸館


c0112559_08253546.jpg
尾張町を東に歩くと三叉路に突き当たります。その橋場交差点の手前の角地にもう一つ洋風建築「金沢文芸館」が建っています。昭和初期に高岡銀行橋場支店として建築されたもので、その後、石川銀行橋場支店を経て、改修され、現在は市が管理する金沢文芸館となり、文学・文芸の活動拠点として使用されています。

ネオルネサンス式を単純化した外観で、外壁は石貼り。高さ方向は胴蛇腹で上下ほぼ1対2に分割し,出入口の両側はイオニア式の付け柱で飾っています。敷地の形状に合わせた、風変わりな平面形状に、曲面で構成された立面をもち,旧三田商店と同様に地域のランドマークになっています。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、4階建て。

金沢文芸館
旧石川銀行橋場支店
1929(昭和4)年
登録有形文化財
設計・施工 : 清水組
金沢市尾張町1-7-10
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08263927.jpg
鉄筋コンクリート造りですが、石貼りで窓の開口部は要石を配して、石造りに見せています。
c0112559_08271086.jpg
4階建てですが、最上階だけ天井が高くなっていて、銅蛇腹を境に下層の3階が2、最上階が2の割合です。
c0112559_08274252.jpg
c0112559_08275991.jpg
近くの旧三田商店が昭和6年完工で大林組の設計、施工。こちらはその1年前の完工で清水組。競い合っているようで興味深いです。
c0112559_08283144.jpg
c0112559_08284489.jpg
グーグルマップで平面形状を確認。不思議な形です。
c0112559_08291722.jpg
中へ入ります。入場無料です。
c0112559_08295747.jpg
c0112559_08340050.jpg
c0112559_08344632.jpg
五木寛之関係の展示品や「泉鏡花文学賞」と「市民文学賞」の全受賞作品が閲覧できます。
c0112559_08352694.jpg
c0112559_08361775.jpg
手前にある枯木橋から。
c0112559_08364651.jpg
東内惣構堀に明治7年に架けられた石橋です。当時の欄干がそのまま残っています。
c0112559_08373058.jpg

c0112559_08375314.jpg
明治時代のガス燈を復元したそうです。

by gipsypapa | 2017-12-04 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾張町町民文化館

c0112559_08213087.jpg
尾張町を南北に分割する国道159号の南側にある尾張町町民文化館です。元は金沢蓄財銀行の本店として建てられ建物で、1976(昭和51)年まで北陸銀行尾張町支店として使われたそうです。現在は尾張町商店街が運営する文化館になっています。

建物は明治に建てられた和風の銀行建築と同様の黒漆喰仕上げの塗篭土蔵造り。腰壁は石造りです。黒い鉄製の両開き扉や窓の格子など、銀行だったことがうかがえる威厳のある外観です。石川県有形文化財の土蔵造り、平屋建て。

尾張町町民文化館
旧金沢蓄財銀行本店
1907(明治40)年
石川県有形文化財
設計 : 長岡平三
施工 : 不明
金沢市尾張町1-11-8
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08220069.jpg
c0112559_08222367.jpg
c0112559_08223954.jpg
c0112559_08225547.jpg
c0112559_08231009.jpg
c0112559_08232459.jpg
訪ねたときは閉まっていました。これ以降の内部写真はネットから借用しています。
c0112559_08241763.jpg
c0112559_08243364.jpg
c0112559_08244753.jpg

by gipsypapa | 2017-11-23 08:24 | 建築 | Trackback | Comments(0)

北國銀行武蔵ヶ辻支店

c0112559_08100560.jpg
金沢駅の兼六園口から東に進むと、近江町市場の手前にレトロな建物、北國銀行武蔵ヶ辻支店(ほっこくぎんこうむさしがつじしてん)があります。元は加能合同銀行本店として昭和初期に建てられた銀行建築ですが、当時としてはモダンな外観です。明るい褐色のレンガ風タイル張りで、教会を思わせる縦長の尖塔アーチを三つ並べたファサードが印象的です。

設計は渡辺節建築事務所で日本興業銀行本店、ダイビル本館、綿業会館などの設計に携わり、独立後は近三ビルジング関西大学簡文館世界平和記念聖堂などの個性的な洋風建築のほかにも三養荘新館などの和モダンな建物を数多く手がけた村野藤吾です。鉄筋コンクリート造り3階建て。

北國銀行武蔵ヶ辻支店
旧加能合同銀行本店
1932(昭和7)年
設計 : 村野藤吾
施工 : 清水組石川県金沢市青草町88
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08151358.jpg
c0112559_08183427.jpg
外観が新しく見えるのは、近江町市場の再開発時に少し東側へ移設した際に改修されたためと思われます。
c0112559_08154213.jpg
c0112559_08163782.jpg
c0112559_08160537.jpg

by gipsypapa | 2017-11-20 08:16 | 建築 | Trackback | Comments(4)

三国町の旧森田銀行本店

c0112559_10265934.jpg
旧森田銀行本店は三国町で最も有名なレトロ建築です。森田銀行は1894(明治27)年に、三国湊で北前船の廻船業であった森田家当主の森田三郎右衛門によって設立されました。一時は福井県内で有数の有力銀行でしたが、海運の衰退や金融恐慌から福井銀行に合併され、歴史の幕を閉じたそうです。近年まで福井銀行三国支店として営業されていたそうですが、現在は町の観光施設になっています。

外観は西欧の古典主義的なデザインで、小豆色のタイルと人工石を貼っています。内部は1階が吹き抜けで、いくつかの小部屋があり、2階は回廊に囲まれ、背後に会議室があります。設計は横浜市開港記念会館や長崎県庁を手がけた山田七五郎で、大工棟梁は地元の四折豊。国の登録有形文化財で県内最古の鉄筋コンクリート造り、2階建て。

旧森田銀行本店
1919(大正8)年
登録有形文化財
設計 : 山田七五郎
施工 : 四折豊
福井県坂井市三国町南本町3-26
撮影 : 2017.3.7
c0112559_10285154.jpg
c0112559_10290692.jpg
c0112559_10293916.jpg
c0112559_10295463.jpg
うれしいことに入館無料でした。
c0112559_10304680.jpg
c0112559_10310470.jpg
c0112559_10312464.jpg
c0112559_10314258.jpg
c0112559_10320047.jpg
壁に架かっている不思議なもの。
c0112559_10324590.jpg
c0112559_10330506.jpg
c0112559_10332496.jpg
c0112559_10334245.jpg
c0112559_10335829.jpg
c0112559_10341938.jpg
c0112559_10344350.jpg
灯具もすばらしい。
c0112559_10354258.jpg
c0112559_10355644.jpg
c0112559_10361634.jpg
天井の豪華な漆喰模様。
c0112559_10374881.jpg
c0112559_10380803.jpg
2階へ。
c0112559_10383732.jpg
c0112559_10385561.jpg
ここから頭取が店先を監視していたんでしょう。
c0112559_10413014.jpg

by gipsypapa | 2017-11-14 10:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)

黒壁ガラス館本館

c0112559_08312103.jpg
長浜では最も有名な観光名所でしょう。北国街道に面した古い街並に「黒壁スクエア」という一角があります。明治時代からある古い銀行を改装した「黒壁ガラス館」を中心に、ガラスショップや工房、ギャラリー、レストランやカフェなど、さまざまな店が立ち並び観光客で賑わっています。

建物は黒壁銀行の愛称で親しまれた、国立第百三十銀行の長浜支店でした。明治期には土蔵造の銀行が多く建てられましたが,滋賀県下における初期の事例のひとつだそうです。伝統的な黒壁の土蔵造りに、軒蛇腹,上下窓,天井飾などに洋風の意匠を取り入れた建物です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

黒壁ガラス館本館
旧国立第百三十銀行長浜支店
1900(明治33)年
登録有形文化愛
設計 : 木村音右衛門
施工 : 木村組か
滋賀県長浜市元浜町12-38
撮影 : 2016.11.18
c0112559_08331866.jpg
c0112559_08333317.jpg
c0112559_08335115.jpg
ガラス製品のショップなので入場は自由です。
c0112559_08343949.jpg
c0112559_08345786.jpg
銀行なので1階は吹き抜け。2階部分は回廊になっています。
c0112559_08355963.jpg
c0112559_08364933.jpg
c0112559_08370780.jpg
c0112559_08384616.jpg
c0112559_08372583.jpg

c0112559_08390466.jpg
ヴェネツィアにいるようです。
c0112559_08392202.jpg
c0112559_08394174.jpg
c0112559_08395774.jpg
c0112559_08401238.jpg
夜も傍を通りました。
c0112559_08410255.jpg
c0112559_08411810.jpg

by gipsypapa | 2017-08-03 08:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)

アルモニービアン(旧日本勧業銀行松本支店)

c0112559_08200897.jpg
松本城に向かう大名町通りにある歴史的建造物。日本勧業銀行松本支店として建てられたもので、2003年に銀行統合のために閉鎖されて建物存続の危機がありましたが、市民など、2万人の署名活動や市民募金がおこなわれ、解体を免れたそうです。現在はアルモニービアン(HARMONIE BIEN)という、ホテル併設型のウェディング施設になっています。

建物は銀行らしい、重厚さのなかに華やかさを感じさせるデザインです。外壁は石張り風にし、先が尖った、独特な形状をしたアーチの開口部が正面に7連、側面と背面に各3連並んでいるのが特徴。長野県の近代建築の代表例の一つとされて、商業都市の松本を象徴する建物です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、3階建て、一部地下1階、塔屋付。

アルモニービアン
旧日本勧業銀行松本支店
1937(昭和12)年
登録有形文化財
設計 : 日本勧業銀行営繕課
施工 : 清水組
長野県松本市大手3-5-15
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08210741.jpg
c0112559_08212158.jpg
このアーチが美しい。教会にありそうな形です。
c0112559_08215250.jpg
c0112559_08224363.jpg
c0112559_08230088.jpg
c0112559_08231139.jpg
側面は「じゃらんカメラ」というブログから借用しています。以下、内部写真は食べログから。
c0112559_08235101.jpg
c0112559_08240414.jpg
c0112559_08242285.jpg
c0112559_08244532.jpg

by gipsypapa | 2017-07-17 08:24 | 建築 | Trackback | Comments(4)

みずほ銀行徳島支店

c0112559_08472435.jpg
もともとは日本勧業銀行の支店として建てられた建物で、第一勧業銀行からみずほ銀行と名前が変わりましたが、現在もそのまま使われています。銀行らしい様式主義の外観で、コリント式柱頭の5本のオーダーとその間に並ぶ半円アーチ窓が特徴。古典主義の意匠ながら、重厚というより軽快な印象です。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

みずほ銀行徳島支店
旧日本勧業銀行徳島支店
1929(昭和4)年
設計・施工 : 不明
徳島市東船場町1-24
撮影 : 2016.3.28
c0112559_08475814.jpg
ネット情報では設計は國枝博、施工が竹中工務店というのがありましたが、作品リストなどで確認できなかったので「不明」としました。
c0112559_08481441.jpg
駐車しているトラックが邪魔です。
c0112559_08494256.jpg
横に回ったり、しばらく待ちましたが、トラックは動かず。
c0112559_08522371.jpg
なんとなく近接撮影ができませんでした。
c0112559_08511215.jpg
文字が消えかかっています。「みずほ」でも「日本勧銀」でもないようです。
c0112559_08514262.jpg
側面は装飾がありません。

by gipsypapa | 2017-06-21 08:52 | 建築 | Trackback | Comments(2)

おのみち歴史博物館

c0112559_05223775.jpg
尾道のこの周辺は、広島県の銀行発祥の地で、大正時代から「銀行浜」と呼ばれたそうです。この建物は元は大正後期に建設された「尾道銀行本店」だったもの。 その後銀行の統廃合により「広島銀行市役所前出張所」として活用されていましたが、現在は広島銀行が所有しつつ、尾道市が運営管理する「おのみち歴史博物館」になっています。

建物を当時に近い状況に改装し、尾道の歴史に関する資料の展示や銀行時代の名残である銀行券や鉄扉の金庫も保存されています。尾道市指定重要文化財の鉄筋コンクリート造り、2階建て。

おのみち歴史博物館
旧尾道銀行本店
1923(大正12)年
尾道市指定重要文化財
設計・施工 : 不明
広島県尾道市久保1-14-1
撮影 : 2016.3.1 & 2
c0112559_05232967.jpg
初日に行ってみたら休館日でした。
c0112559_05240319.jpg
翌日、出直しました。今度はOK。入場無料です。
c0112559_05244593.jpg
中に入ると銀行特有の吹き抜けの空間が出迎えてくれます。
c0112559_05255457.jpg
c0112559_05260797.jpg
金庫はピカピカです。
c0112559_05264685.jpg
c0112559_05270214.jpg

by gipsypapa | 2017-05-15 05:27 | 建築 | Trackback | Comments(4)

尾道市労働センター(旧住友銀行尾道支店)

c0112559_07533563.jpg
前回紹介した1938(昭和13)年に建造の旧住友銀行尾道支店が、その前に営業していたのはこの建物でした。住友銀行が移転した後は紆余曲折を経て、現在は市が管理する尾道市労働センターになっています。

玄関を中心に大型の半円アーチ窓が並ぶ外観は華麗でありまがら重厚な印象です。アーチの要石や迫石(せりいし)を装飾的に使用しています。外観から石造りに見えますが、実は木造に石板を張ったものです。設計は住友本店臨時建築部(現日建設計)の野口孫市(のぐち まごいち、1869 - 1915)です。木造平屋建て。

尾道市労働センター
旧住友銀行尾道支店
1904(明治37)年
設計 : 野口孫市(住友臨時建築部)
施工 : 直営
広島県尾道市久保1-10-3
撮影 : 2016.3.1
c0112559_07543570.jpg
c0112559_07545097.jpg
c0112559_07552657.jpg
ネット情報でも尾道市労働センターになっているので間違いはないのでしょうが、使われている気配がありません。保存や修復している様子もなく、今後の行方が気になります。
c0112559_07555909.jpg
側面が隙間から見えました。

by gipsypapa | 2017-05-11 07:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)

三井住友銀行尾道支店

c0112559_07495816.jpg
本通りにある銀行です。明治中期に開業した住友銀行の尾道支店が昭和13年に立て替えられ、現在は三井住友銀行尾道支店となっています。多くの住友銀行の建築を手がけた長谷部竹腰建築事務所が設計した現代的なビルで、知らなければ昭和初期の建物とは思えないでしょう。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

三井住友銀行尾道支店
旧住友銀行尾道支店
1938(昭和13)年
設計 : 長谷部竹腰建築事務所
施工 : 藤木工務店
広島県尾道市土堂1-8-3
撮影 : 2016.3.1
c0112559_07503638.jpg
色気のないデザインです。
c0112559_07510580.jpg
引っ込んだ位置にある窓に少しレトロ感はありますが、そのほかは装飾がまったくない、いわゆるモダニズムです。
c0112559_07514832.jpg
長谷部竹腰建築事務所の代表の長谷部鋭吉(はせべ えいきち、1885 - 1960)は住友合資会社の工作部出身で、同部建築課長であった竹腰健造(たけこし けんぞう、1888-1981)とともに建築事務所を設立しました。住友関連の建築を担当したのは、その関係から。なお長谷部竹腰建築事務所は現在の日建設計の前身です。
c0112559_07520325.jpg
狭い商店街にあるので、アーケードが邪魔して全貌が見えません。
c0112559_07525230.jpg
裏側は中浜通りから引っ込んだ位置にあります。昔は手前に建物があったのでしょう。

なお、明治期に建てられた旧尾道支店は尾道市労働センターとして残っており、次回に紹介します。こちらは見る価値ありです。

by gipsypapa | 2017-05-10 07:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)