タグ:観光 ( 133 ) タグの人気記事

尾道の千光寺山ロープウェイ

c0112559_07572473.jpg
2回目の尾道。前回行きそびれた千光寺(せんこうじ)とその周辺の寺社と細道を探索することにしました。千光寺山ロープウェイは、千光寺山(大宝山)を通る全長36メートル、高低差115メートルの尾道市営索道です。開業は1957(昭和32)年3月25日。尾道水道を眼下に望むのに最適なロケーションで、尾道観光の目玉になっています。

千光寺山ロープウェイ
1957(昭和32)年
設計・施工 : 東京索道
広島県尾道市東土堂町20-1
撮影 : 2017.2.14
c0112559_07584884.jpg
地上の乗り場は後に紹介する予定の艮神社(うしとらじんじゃ)の鳥居の横にあります。普通運賃は(片道)大人320円、小児160円。(往復)大人500円、小児250円です。
c0112559_07593376.jpg
キャビンの定員は30人。座席は少ししかなく、ほとんどは立って乗ります。
c0112559_08003972.jpg
割安なので往復チケットを購入しました。あとで、これが間違いだったことが判明します。ともあれ山麓駅を出発。
c0112559_08011717.jpg
尾道水道が見えてきました。
c0112559_08015323.jpg
あれっ、千光寺を通過してまだまだ上る。千光寺山ロープウェイという名前から終点が千光寺とばかり思っていたのに、間違いでした。千光寺の後ろに「山」がついていました。
c0112559_08024385.jpg
まだまだ上って・・・
c0112559_08031666.jpg
長いようでも約3分で山頂駅へ到着。
c0112559_08052344.jpg
c0112559_08055240.jpg
行きがかり上、景色を楽しむしかありません。こちらの円形の建物は山頂展望台。外観は撮影し忘れたのでネットの写真を借用しました。
c0112559_08071018.jpg
螺旋階段を上って屋上へ。1階にみやげ物店や飲食コーナーが、2階に展望レストランがありますが、パス。屋上に上るのは無料です。
c0112559_08075360.jpg
尾道水道が一望できます。東から西へ見ていきます。遠くに見えるのは新尾道大橋。
c0112559_08083922.jpg
向こう側はその名も向島(むかいしま)です。造船所が見えています。
c0112559_08092375.jpg
c0112559_08094955.jpg
行き過ぎたのは仕方ない。千光寺に向かって山を徒歩で下りることにしました。大きな岩の間を通ってひたすら下ります。
c0112559_08105910.jpg
途中で上ってくる二人連れすれ違ったときに聞くと、その人たちは歩いて上って、帰りはロープウェイにするとかで、帰りの切符を差し上げることに。捨てるのは忍びないので良かったです。
c0112559_08113530.jpg
かなり下って、ようやく千光寺へたどり着きました。千光寺は次回に。ネットの写真を二つ。 ↓↓
c0112559_08121510.jpg
c0112559_08123969.jpg

by gipsypapa | 2017-05-27 08:12 | | Trackback | Comments(2)

坂の町 尾道

c0112559_08065499.jpg
JRの線路の北側は山です。瀬戸内を望む斜面に所狭しと家屋や蔵、古寺などが並んでいます。その中を縫うように行く筋もの坂道があり、テレビのJR西日本のCMでもおなじみの尾道の懐かしいと思わせる風景を見ることができます。一回目の訪問ではJRのガード下をくぐり千光寺新道などを散策しました。なお2回目の訪問になる今年は、もう一つ東の小路を歩きましたので、追ってアップする予定です。

尾道市東土堂町8-21付近
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08072652.jpg
JRの線路の下をくぐって山側へ行けます。もちろん踏み切りを渡るルートもいくつかあります。
c0112559_08080646.jpg
昔からの良さが残っている千光寺新道です。
c0112559_08091095.jpg
c0112559_08094927.jpg
c0112559_08100805.jpg
横道を入るとこんなお店がいくつかあります。
c0112559_08161057.jpg
c0112559_08172229.jpg
c0112559_08114414.jpg
岩や石が多い山側の風景。
c0112559_08123644.jpg
c0112559_08130184.jpg
尾道のパンフレットでよく見るアングル。
c0112559_08134199.jpg
c0112559_08144777.jpg
関西を主体としているので、全国的にはなじみがないかも知れませんが、JR西日本は尾道を含む広島県や金沢、九州の旅をテーマにしたCDをやっています。坂道に立つこの蔵は、テレビのCMにチラッと出てきます。

c0112559_08175963.jpg
高台から新尾道大橋が見えます。しまなみ海道の北の始点近くに架かり、向島(むかいしま)をつないでいます。
c0112559_08183123.jpg
「ブラタモリ」によると、海側は埋立地で江戸時代に発展しましたが、山側に住宅が建ち始めたのは、国鉄の線路が敷かれた明治中期以降だそうです。

by gipsypapa | 2017-05-23 08:18 | | Trackback | Comments(2)

おのみち映画資料館

c0112559_08122737.jpg
中浜通りに出ました。明治時代に倉庫として利用されていた藏を改装した「おのみち映画資料館」があります。「映画のまち・尾道」で撮影された小津安二郎監督「東京物語」や、広島県出身の新藤兼人監督らの資料、日活の古き良き時代の映画ポスターなどが展示されています。木造土蔵造り、2階建て。

おのみち映画資料館
明治期
設計・施工 : 不明
広島県尾道市久保1-14-10
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08125723.jpg
入り口にある古い映写機は、映画館で実際に使われていたたものです。
c0112559_08140979.jpg
かなり奥が深い蔵で南北ワンブロックを占めています。
c0112559_08142201.jpg
中には入らなかったので、以下 ↓ は「おのみち映画資料館」のHPにある写真を借用しています。
c0112559_08161300.jpg
ロビー。入場料は500円だそうです。
c0112559_08163752.jpg
ロケ地巡りのパネル。
c0112559_08172226.jpg
小津コーナー。
c0112559_08175247.jpg
↑ おまけ。北側の道路に並んで建っている「タイム・トンネル」。バーか倶楽部でしょうか。

by gipsypapa | 2017-05-18 08:18 | 建築 | Trackback | Comments(4)

尾道の料亭旅館「魚信」

c0112559_08251514.jpg
もう一つ、尾道水道沿いの宿。海に面して建つ料亭旅館「魚信(うおのぶ)」です。竹村家から西へ尾道駅に向かう中浜通の静寂が場所にあり、尾道らしい海岸の風景のと一体化しています。明治時代に建築された部分も残っていて、大半は大正時代に建てられたという、歴史のある宿です。

数寄屋造りの純和風建築で、総檜の内装も細部まで凝った意匠になっています。文化財指定されていないのが不思議なくらいです。部屋の窓から眺める尾道水道と地元の魚を中心とした京風会席がうたい文句の木造3階建て。

料亭旅館 魚信
明治期 / 大正期
設計・施工 : 不明
広島県尾道市久保2-27-6
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08255572.jpg
c0112559_08260821.jpg
c0112559_08262122.jpg
c0112559_08263553.jpg
c0112559_08264665.jpg
ストリートビューには女将さんが水撒きしている姿が写っています・(^^)
c0112559_08271405.jpg
まだいらっしゃいます。ハハハ。
c0112559_08274453.jpg
例のごとく、内部の写真はネットから借用しました。
c0112559_08281684.jpg
c0112559_08283206.jpg
c0112559_08284681.jpg
c0112559_08290374.jpg
3階の大広間です。
c0112559_08294139.jpg
c0112559_08295575.jpg
Google Earth で右に「竹村家」、左に「魚信」の位置関係がわかります。尾道水道に向かって「竹村家」は間に狭いながらも庭があり、「魚信」は直接海に張り出していますね。
by gipsypapa | 2017-05-14 08:30 | 建築 | Trackback | Comments(2)

文化財の宿 尾道の割烹旅館「竹村家」

c0112559_08300709.jpg
もう一つの文化財の宿「竹村家(たけむらや」が海沿いの通りにあります。玄関は道路に面した北側にあり、南側が尾道水道沿いの海を望む客室になっています。竹村家は1902(明治35)年に、この場所で洋食屋として創業したそうです。1920(大正9)年に料理旅館を建てて営業を開始しました。

外観は印象的な塀に囲まれた重厚な和風建築で,地域のランドマーク的な一角になっています。内装は竹材の細工の雪見窓や繊細な造作を多用した書院造り。主屋は塀や門とともに国の登録有形文化財に指定されている、木造2階建て。

割烹旅館 竹村家主屋
1920(大正9)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
広島県尾道市久保3-14-1
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08312666.jpg
c0112559_08314293.jpg
c0112559_08320010.jpg
c0112559_08321754.jpg
歯ぎしりしています。
c0112559_08323480.jpg
c0112559_08325292.jpg
c0112559_08331153.jpg
c0112559_08333229.jpg
東側に海に向かう道があり、そこから見える側面です。
c0112559_08340584.jpg
Google Earth です。右に尾道港の船だまりが写っています。
c0112559_08344421.jpg
ここからはネットにある内部の写真を借用しています。
c0112559_08352725.jpg
c0112559_08354522.jpg
c0112559_08360537.jpg
c0112559_08362756.jpg
c0112559_08364583.jpg
客室から庭の向こうに尾道水道が眼下に見えています。

by gipsypapa | 2017-05-13 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)

文化財の宿 尾道の西山本館

c0112559_07563274.jpg
去年の尾道の宿は昭和五年創業の「西山本館」でした。商店街を抜けた、旧出雲街道に面して建ち、市街地の中心にありますが、落ち着いて静かな雰囲気の和風旅館です。建物は大正時代に建てられた木造2階建てと3階建ての棟が複雑に組み合わされています。

玄関を入ると吹き抜けになっているのが特徴。また、すべての客室が中庭に面するよう工夫された、日本情緒と木のぬくもりを感じる宿でした。手の込んだ仕上げの数寄屋風の和室だけでなく、尾道港に入港する外国人船員の宿泊も対応するよう洋室三室を持つなど、港町の風情を醸しだす歴史を感じる旅館です。国の登録有形文化財の木造2階、一部3階建て。

西山本館
大正期 / 1952(昭和27)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
広島県尾道市十四日元町3-27
撮影 : 2016.3.1 & 2
c0112559_07572997.jpg
通りに面した棟は3階建て。
c0112559_07575877.jpg
c0112559_07594301.jpg
c0112559_08000140.jpg
玄関を入ります。上の2枚はネットの写真を借用しています。
c0112559_08010589.jpg
c0112559_08013508.jpg
右下のくずかごのようなものに「西山旅館」と書いてあります。会社の名前です。本館があるので別館もあります。「西山別館}は昭和18年に創業。瀬戸内海を望む芝庭園に点在する離れがすばらしいそうですが、同じ尾道市でありながら遠いため、見に行くことはできませんでした。
c0112559_08020961.jpg
大林宣彦監督の映画「ふたり」の撮影にも使われたそうです。

c0112559_08031384.jpg
1階にある洋風の部屋はロビーになっています。
c0112559_08035396.jpg
c0112559_08040903.jpg
c0112559_08043191.jpg
c0112559_08045794.jpg
すべての部屋が面しているという中庭。
c0112559_08055263.jpg
c0112559_08061166.jpg
海の近くですが、後に紹介する「竹村家」や「魚信」のように、海に面していないので庭を見せる工夫がされたのでしょう。
c0112559_08064641.jpg
c0112559_08070450.jpg
上質なしつらえの客室が並んでいました。
c0112559_08082804.jpg
c0112559_08084676.jpg
c0112559_08090357.jpg
いずれも上質な数奇屋風の部屋です。
c0112559_08092967.jpg
c0112559_08094643.jpg
c0112559_08100243.jpg
c0112559_08101816.jpg
c0112559_08103735.jpg
c0112559_08105321.jpg
夕食。これは一の膳です。その後は何だったか・・・
c0112559_08122884.jpg
晩酌でいただいた超辛純米酒「天宝一」は、お隣の福山市の酒。すっきりしていて、気に入ったので写真に。
c0112559_08133175.jpg
これは朝食。特に特徴はありません。(笑)
c0112559_08140526.jpg
吹き抜け部分から2階を見ています。
c0112559_08144455.jpg
c0112559_08150070.jpg
2階を探索。
c0112559_08154170.jpg
3階に上る階段が見えます。
c0112559_08161360.jpg
c0112559_08162918.jpg
東側にある洋館が外国人船員向けだったのでしょう。中も見たかったのですが、通路が閉鎖されていました。使われていないかもしれません。
c0112559_08190082.jpg


by gipsypapa | 2017-05-12 08:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)

尾道の路地を歩く

尾道本通り商店街には直交する細い路地がいくつかあります。北はJRの線路沿いの道路へ、南は中浜通りに抜ける道で、なかなか風情がありました。
撮影 : 2016.3.1 & 2017.2.14

石畳小路
c0112559_08584505.jpg
本通りと中浜通りを結ぶ石畳小路。短い小路ですがが、名の通り石畳の情緒ある風情が、落ち着いた尾道の雰囲気をかもし出します。 

石畳小路
広島県尾道市土堂1
c0112559_08593435.jpg
右の看板にある「桂馬」は創業100年以上の老舗「桂馬蒲鉾商店」です。
c0112559_09000595.jpg
c0112559_09002143.jpg
↑はネットから借用しました。
c0112559_09014580.jpg
桂馬は本通りに面しています。HPでは「瀬戸内以西の底引き漁で獲れる生魚だけにこだわり、手作りの心を「磯の香りのする蒲鉾」に込めてお届けしています。」実際にさつま揚げ風の一口大を何種類か買って帰りましたが、おいしかったです。尾道土産にお勧めです。

荒神堂通り
c0112559_09040430.jpg
「工芸の館 ひろせ」の西角から中央桟橋に抜けるこの小路の一角に「荒神社」が祀られていたことから荒神堂(こうじんどう)小路と呼ばれています。小さな通りですが、商店街になっていて、古い看板や店構えにレトロな雰囲気が残っています。

荒神堂通り
尾道市土堂2丁目
c0112559_09070935.jpg
c0112559_09072785.jpg
廃墟系みたいですが、立派に営業中です。
c0112559_09083151.jpg



浜の小路
c0112559_09111460.jpg
山側に行けば天寧寺に至る通りです。浜の小路は3階建ての建物や昔の風情の木造建築が残っている、私好みの路地です。

浜の小路
尾道市十四日元町
c0112559_09133635.jpg
本通川の近くに、蔵と洋館が並び・・・
c0112559_09135798.jpg
風情のある立派な和風建築がつながっています。

c0112559_09143427.jpg
c0112559_09145065.jpg
すれ違った地元の人に聞いてみると、昔は医院だった建物だとか。残してほしい貴重な建物です。
c0112559_09150713.jpg
これは近く紹介する予定の、文化財の宿「西山本館」の洋館部分。
c0112559_09153647.jpg
郷土料理の割烹「とこぶし食道」。食べログに内部写真がいくつかあり、店構えの割りに、広くて高級感のある割烹のようですが、ネットで調べると閉店になっていました。

とこぶし食道
尾道市十四日元町3-14
c0112559_09162382.jpg
内部の写真は食べログから借用しました。
c0112559_09170264.jpg
c0112559_09180045.jpg
路地から見る入り口では想像できない、奥の広さ。閉店とは、残念。
c0112559_09190777.jpg
c0112559_09195424.jpg
路地の途中にあるすごい3階建て。
c0112559_09210795.jpg
本通に着きました。

by gipsypapa | 2017-05-09 09:21 | | Trackback | Comments(2)

尾道本通り商店街の商店建築


c0112559_09195730.jpg
JR山陽線の南側を東西に貫く尾道本通り商店街。細長い通りの両側に、いかにも戦前からあるような店舗が数多く立ち並んでいます。キリがありませんので、気になったものをいくつか紹介します。
撮影 : 2016.3.1

イシネ事務機
c0112559_09212082.jpg
喫茶ゆーゆー(旧大和湯)の西隣なある電気、事務、設備機器の店です。前面に色々飾ってあるので、わかりにくいのですが、隙間から見える2階部分や、1階のドアを見ると古いことがわかります。

イシネ事務機
詳細 : 不明
尾道市土堂1-3-21

三笠工業
c0112559_09222029.jpg
建設資材、,工作機械器具や一般機械器具の販売をしているそうです。

三笠工業(株)
詳細 : 不明
尾道市土堂1-3-34

尾道茶の間 海物
c0112559_09230585.jpg
鉄板焼きの店です。表の看板が気に入りました。

海物
詳細 : 不明
尾道市土堂1-9-1
c0112559_09233446.jpg
食べログにあった内部写真。ちょっと無理気味ですが、頑張ろうという気になるかも。


工芸の館 ひろせ
c0112559_09260418.jpg
角地に建っています。装飾が多い、明らかに昭和初期以前の看板建築です。工芸の館とありますが、ウィンドウには女性用の服が飾ってありました。

工芸の館 ひろせ
詳細 : 不明
尾道市土堂2-4-1
c0112559_09264294.jpg
c0112559_09265735.jpg
c0112559_09271301.jpg
c0112559_09272852.jpg
c0112559_09274209.jpg
c0112559_09280497.jpg

向陽社
c0112559_09293029.jpg
洋風なファサードの洋品店。2階はタイル張りです。住所が変わりました。本通りを東側に進んだところです。

向陽社
詳細 :不明
尾道市十四日元町1-24
c0112559_09310808.jpg
c0112559_09312473.jpg
c0112559_09313890.jpg
隣のビストロもレトロです。
c0112559_09282445.jpg
c0112559_09283921.jpg
c0112559_09441088.jpg


by gipsypapa | 2017-05-08 09:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾道ゲストハウス「あなごのねどこ」

c0112559_08563866.jpg
尾道本通りにひときわ目を引く、意匠の不思議な建物があります。「うなぎ」の寝床ではなく「あなごのねどこ」という看板があります。尾道の特産品のあなごにちなんで名前をつけた、ガウディハウスで紹介した「尾道空き家再生プロジェクト」の再生物件のひとつだそうです。

尾道の旧市街地であるこの辺の商店街には、このような細長い京町家のような古い建物が多く現存していて、歴史的建物を活用したいという活動の一角として、時間と手間をかけて改修され、ゲストハウスとして、2012年にオープンしたそうです。ファサードは現代風のポップなつくりですが、中に入ると細い通路が奥まで続き、歴史を感じさせる「あなごのねどこ」だとか。おそらく大正時代、少なくとも昭和初期以前の築でしょうが、詳細はわかりませんでした。木造2階建て。

尾道ゲストハウス「あなごのねどこ」
詳細 : 不明
広島県尾道市土堂2ー4ー9
撮影 : 2016.3.1 & 2017.2.14
c0112559_08571339.jpg
c0112559_08574575.jpg
センスがいい構えは若者にうけるでしょう。
c0112559_08585946.jpg
c0112559_08591769.jpg
1階はカフェです。
c0112559_08594846.jpg
c0112559_09000492.jpg
c0112559_09002336.jpg
左側に宿の入り口があります。
c0112559_09010733.jpg
ホームページはイラストでおしゃれ。以下に内部写真をネットから借用します。
c0112559_09082746.jpg
カフェは思ったより広い。
c0112559_09085710.jpg
たしかに「あなごのねどこ」。
c0112559_09094558.jpg
宿泊客がくつろぐ共有部分でしょうか。
c0112559_09110065.jpg
寝るのはこのような2段ベッドでしょう。
c0112559_09121309.jpg
ベッドにも名前がついています。

by gipsypapa | 2017-05-06 09:06 | 建築 | Trackback | Comments(4)

尾道の喫茶ゆーゆー

c0112559_08100184.jpg
尾道駅前から東に長く伸びる本通り商店街を歩きます。明治末期から約100年続いた銭湯「大和湯」を改造し、喫茶店と尾道の土産品などを扱う雑貨店に変身しました。本通に面したファサードは昔の銭湯そのもの。

内部もレトロな雰囲気が一杯で、タイルなど銭湯時代のものも残っています。尾道の観光スポットになっている、木造2階建て。

喫茶ゆーゆー
旧大和湯
明治末期
設計・施工 : 不明
広島県尾道市土堂1-3-20
撮影 : 2016.3.1 & 2017.2.14
c0112559_08103167.jpg
去年は閉まっていました。
c0112559_08105913.jpg
c0112559_08112464.jpg
c0112559_08114521.jpg
定休日だったようです。
c0112559_08121517.jpg
今年は開いていたので、中へ。それにしても「牛乳シャンプー」ってあるんですね。
c0112559_08124859.jpg
c0112559_08130962.jpg
c0112559_08132354.jpg
c0112559_08133639.jpg
c0112559_08135023.jpg
2階へ上る階段。銭湯時代2階はオーナーの住居だったのかもしれません。
c0112559_08142430.jpg
c0112559_08143877.jpg
c0112559_08145393.jpg
入り口の床は当時のままのタイル張り。

by gipsypapa | 2017-05-05 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(6)