タグ:観光 ( 213 ) タグの人気記事

台中から高雄へ

c0112559_07552933.jpg
台湾二日目の宿はここ。台中から日月潭湖を経て、今回ツアーの最も南の高雄に来ました。高雄市は台湾の南部にあり、台湾で3番目の人口(一位は新北市、二位は台中市)の都会です。
撮影 : 2017.4.17&18

高雄は、寿山という大きな台地(標高200m)のふもとに位置する港町。海からの目標になる寿山と、旗津という名の砂州に保護された潟があり、古くから良港として栄えました。

日本統治時代までの戦前の市街地は、愛河(日本統治時代の高雄川)の西側、寿山山麓に位置していましたが、戦後に市街地は愛河の東部に拡大、高雄駅や市の中心も愛河東部に移転したそうです。
c0112559_07572208.jpg
c0112559_07574201.jpg
中央の構造物は後にアップするMRT美麗島駅の出入り口です。
c0112559_07582841.jpg
バスの車窓から気になった建物。
c0112559_07594334.jpg
「五福国中」という文字が見えます。高雄市立五福国民中学です。 ネットでは1966年創立とありました。
高雄市苓雅區五福一路12號
c0112559_08002571.jpg
夕食後、ホテルの近くを散策。
c0112559_08012486.jpg
亭仔脚(ていしきゃく)と呼ばれる日差しや雨をしのぐための通路には屋台。台湾らしい風景です。
c0112559_08020636.jpg
翌日は朝から寿山公園へ。万寿山中腹にある公園で、高雄港全景を一望する観光スポットです。
高雄市鼓山区萬寿路350號
c0112559_08040155.jpg
忠烈祠。戦没した英霊を祀る祠で台湾各地にあります。
c0112559_08050083.jpg
市街地を一望。
c0112559_08065231.jpg
中央の高いビル。
c0112559_08072089.jpg
東帝士85プラザビル。高さ378mの超高層ビルで、台湾で2番目に高いそうです。
c0112559_08081293.jpg
右を見ると船の行列。高雄港です。
c0112559_08085392.jpg
c0112559_08094557.jpg
c0112559_08101158.jpg
デートスポットとして若者にも人気だとか。
c0112559_08110058.jpg
これネットにあった写真。LOVEの手前に犬がいます。
c0112559_08113874.jpg
その犬が展望台の上でお迎えしてくれました。同じ犬に見えます。ここに住んでいるんでしょうか。

by gipsypapa | 2018-01-09 08:12 | | Trackback | Comments(2)

台中の彩虹眷村

c0112559_07073750.jpg
この前の日月潭湖シリーズと順番が逆になりました。ツアー2日目の朝一番に行ったのは台中市の彩虹眷村です。この場所は、元は第2次世界大戦後、蒋介石の国民党軍が台湾に来た際に、同行した60万人の中国軍人たちなどが移住。そのときに開発された、台湾独特の「眷村」(軍人村)という住宅エリアです。

この手の地域は国民党が、以前からあった建物を利用し、集団住宅にした場合もありますが、多くは新しく都市の郊外に建てられたもので、小さな平屋の建物が集合した場所だそうです。ここ彩虹眷村は、時を経て老朽化し、再開発地区として取り壊しが計画された場所でした。

そんな場所が、ある日から、家の壁という壁、道路などいたる所にカラフルな絵が描かれた「虹の村」となり、徐々に有名になってきました。描いたのは「黄じいさん(黄伯伯)」こと黄永阜さん。すでに90歳を超えているそうですが、私が訪ねたときはまだまだお元気で、とてもそんな年齢には見えませんでした。

彩虹眷村
台中市春安路56巷
撮影 : 2017.4.17
c0112559_07080894.jpg
c0112559_07082524.jpg
今は観光地として、周辺も整備され、公園や・・・・
c0112559_07085622.jpg
遊園地もあります。
c0112559_07092721.jpg
c0112559_07094398.jpg
家屋の壁から地面まで、人や動物をデフォルメした抽象画のような絵が一杯。
c0112559_07101653.jpg
c0112559_07103285.jpg
c0112559_07104975.jpg
c0112559_07111269.jpg
c0112559_07113325.jpg
家の中も絵で埋まっています。
c0112559_07120580.jpg
c0112559_07122239.jpg
一人で「彩虹眷村」の全ての絵を描いた黄永阜さんです。90歳以上には見えません。
c0112559_07134158.jpg
土産物も販売中。
c0112559_07141549.jpg
絵を描き始めのは、取り壊しの話が出てきた2008(平成20)年からだとか。まだ10年経っていないわけです。
c0112559_07145637.jpg
c0112559_07152828.jpg
今では台中の観光名所です。

by gipsypapa | 2018-01-08 07:15 | | Trackback | Comments(2)

日月潭 向山遊客中心(向山ビジターセンター)

c0112559_08293465.jpg
もう一箇所、日月潭を眺めるのに絶好のスポット、「向山遊客中心」です。日本人建築家の團紀彦(だんのろひこ)が設計した向山ビジターセンターは巨大なコンクリートの建造物。流線的な曲線美を活かした現代的な形状を日月潭の景観と融合した優れたデザインしたとして、台湾建築賞を受賞したそうです。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

向山遊客中心(向山ビジターセンター)
2011(平成23)年
設計 : 團紀彦
施工 : 不明
南投縣魚池鄉水社村中山路599号
撮影 : 2017.4.17
c0112559_08301375.jpg
高速道路の下にいるような気分になります。
c0112559_08304096.jpg
團紀彦は作曲家、團伊玖磨の次男だとか。
c0112559_08310732.jpg
聞いたことがなかったので、ウィキペディアで調べると最近のモダンな作品が多いようです。
c0112559_08322028.jpg
c0112559_08323552.jpg
くぐって向こう側に出ると湖側。
c0112559_08340603.jpg
大きなガラス窓が湖に向かっています。
c0112559_08343942.jpg
c0112559_08345262.jpg
観光スポットなので、土産物屋やカフェの前にはこんなものも。
c0112559_08354928.jpg
中央広場の湖側には人工的な水面が作られています。
c0112559_08361876.jpg
手前も湖の一部のようで、湖上から眺めているように錯覚させるデザインです。
c0112559_08365153.jpg
c0112559_08371568.jpg
手前のノボリはなんとかなりませんかね。


by gipsypapa | 2018-01-06 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日月潭文武廟

c0112559_09221616.jpg
台中市から南東へ向かい山を登っていくと日月潭という湖があります。その日月潭を見下ろす高台にある「文武廟」へ行きました。

ネット情報では「日本統治時代に、台湾総督だった明石元二郎と高木友枝が率いる台湾電力株式会社が水力発電所を建設するため、台湾で最も長い川である濁水渓から地下導水路で水を引く計画を立案。途中資金不足や関東大震災による影響などで計画は中断しましたが、1928年に松木幹一郎が台湾電力社長に就任したことにより計画が再開され、1934年6月にダム湖と発電所が竣工した。」とあります。現在、この「大観水力発電所」の発電量は台湾の水力発電全体の半分以上を占めているそうです。

それ以前、この日月潭湖畔には二つ廟がありましが、発電所計画によって湖面が上昇したため廟は元の場所から移動することになり、その際に二つの廟を一つにして、この「文武廟」を新しく建てらたそうです。

日月潭文武廟
1938(昭和13)年
設計・施工 : 不明
南投県魚池郷日月村中山路63號
撮影 : 2017.4.17
c0112559_09225198.jpg
「文武廟」と書かれた大きな「山門」をくぐると・・・
c0112559_09231973.jpg
大きな二頭の赤い獅子!狛犬。
c0112559_09235350.jpg
台湾の廟だとこれは「石獅」とよばれる獅子で、高さが6mあるそうです。
c0112559_09243167.jpg
c0112559_09244795.jpg
c0112559_09251360.jpg
c0112559_09253980.jpg
赤や金色の派手な色使いや・・・
c0112559_09263044.jpg
反り返ったオレンジ色の屋根はあくまでも中華風。
c0112559_09270564.jpg
c0112559_09273456.jpg
c0112559_09275433.jpg
c0112559_09281251.jpg
c0112559_09283250.jpg
堂内の円形の天蓋も色鮮やかです。
c0112559_09291670.jpg
c0112559_09294253.jpg
c0112559_09300223.jpg
c0112559_09302103.jpg
c0112559_09304294.jpg
さらに上段にも廓があります。
c0112559_09313917.jpg
c0112559_09315868.jpg
c0112559_09321884.jpg
屋上展望台まで登りました。
c0112559_09325540.jpg
c0112559_09331324.jpg
c0112559_09333340.jpg
展望台から見ると裏にも門があります。
c0112559_09341801.jpg
c0112559_09343840.jpg
日月潭を眼下に望む絶景スポットでした。
c0112559_09352100.jpg
c0112559_09354010.jpg
バスの窓越しに撮った日月潭の湖面です。

by gipsypapa | 2018-01-05 09:36 | 建築 | Trackback | Comments(2)

台中の宝覚寺

c0112559_08115156.jpg
台湾はこれが3回目。4泊5日で台湾島を一周りするツアーに参加しました。午前中に関空を発って、台北(桃園)空港へ。そこから台中までバスで移動。早めに到着したために、翌日の朝一番に予定されていた、宝覚寺をその日の夕方に訪問しました。

宝覚寺は臨済宗妙心寺派の寺院で、正式には寶覺禅寺といい、台湾が日本統治時代であった時に建立されたとか。日本人ツアー客が台中を訪れたら、必ず訪ねる寺院です。木造平屋建て。

寶覺禅寺(宝覚寺)
1927(昭和2)年
設計・施工 : 不明
臺中市北區健行路140 號
撮影 : 2017.4.16
c0112559_08130403.jpg
本堂は木造ですが、老朽化したため、覆いかぶさるように外側に大きな石造りの本堂部分(大雄寶殿)が増築されました。
c0112559_08135493.jpg
c0112559_08141213.jpg
c0112559_08143003.jpg
本堂の前に一対の白い象が向かいあっています。狛象?
c0112559_08151273.jpg
白い象はお釈迦様の化身だそうです。
c0112559_08162908.jpg
本堂に入りました。
c0112559_08170062.jpg
c0112559_08171515.jpg
c0112559_08173255.jpg
c0112559_08175409.jpg
本堂の右手に進むと、小さな白い弥勒様が横たわっています。体をなでると金運や開運のご利益があるとかで、ツルツルになっていました。
c0112559_08184568.jpg
さらに奥に進むと巨大な金色の布袋様。布袋様は弥勒仏の化身だったらしく、台湾では「弥勒仏像」と呼ばれているそうです。
c0112559_08191978.jpg
宝覚寺が台中の観光地として有名なのは、この黄金の布袋様のおかげです。
c0112559_08200030.jpg
本堂の左側には小さな祠。
c0112559_08204494.jpg
c0112559_08212043.jpg
敷地の一角にある日本人墓地です。日本統治時代に台湾で亡くなられた日本人の共同墓地で、弔われているのは1万4000名といわれているそうです。

by gipsypapa | 2018-01-04 08:22 | 建築 | Trackback | Comments(0)

金沢からサンダーバードで帰路へ

c0112559_08215593.jpg
福井県から石川県の金沢への2泊3日の旅でした。金沢で昼食を食べた後は、特急サンダーバードに乗って京都に向かいました。昨日は福井の東尋坊や三国町で雹や雪を経験しましたが、金沢では多少の積雪は見たものの、天気がよかったのです。まだ石川県。少し積もっていますが、地面も見えています。撮影 : 2017.3.8
c0112559_08223006.jpg
ところが、金沢を出て福井に向かうにつれて雪が降ってきました。車窓からの雪景色を順に並べます。
c0112559_08225646.jpg
この辺から福井県だと思います。
c0112559_08232657.jpg
c0112559_08234023.jpg
雪も降ってきました。
c0112559_08240828.jpg
金沢文芸館で地元の人と話したときに、金沢はそれほど雪が降らない。福井の方がよく降るとおっしゃっていました。
c0112559_08261852.jpg
なるほど・・・
c0112559_08264045.jpg
c0112559_08270812.jpg
c0112559_08272524.jpg
北陸トンネルを抜けて、敦賀駅の手前です。自分が住んでいる大阪府では雪がほとんど降らないので、雪を見ると反応してしまいます。

今年はこれで終わりです。また年明けに。来年も良い年でありますように。

by gipsypapa | 2017-12-29 08:27 | | Trackback | Comments(2)

金沢の下町・鏡花通り

c0112559_08482473.jpg
泉鏡花が幼少のころ遊んだという久保市神社を出て、「泉鏡花記念館」の前の通りは「新町・鏡花通り」といわれています。住宅と商店が並び、さまざまな老舗があり、それぞれの建物の表にに鏡花にちなんだ掛け行燈が付いていました。

行燈は木枠に白地、正面にウサギの絵が描かれています。ネット情報では、ウサギは鏡花の生まれた年の干支(えと)の向かい干支(時計のように12支を並べたときの向かい)だそうです。ということは鏡花は酉年生まれだったわけです。

新町・鏡花通り
金沢市下新町6
撮影 : 2017.3.8

佃煮の佃
c0112559_08490193.jpg
「泉鏡花記念館」の向かいに、佃の佃煮本店があります。金沢の古い町家の特徴の一つという、「鰻の寝床」と呼ばれる間口が狭く、奥行きが長いたてものです。

佃煮の佃
詳細不明
金沢市下新町6-18
c0112559_08495550.jpg
隣の町屋は古そうです。
c0112559_08504742.jpg
普通の民家でしょうか。
c0112559_08510179.jpg
金沢蓄音機館
c0112559_08521015.jpg
新町・鏡花通りを左折し、尾張町に向かう途中に金沢蓄音機館があります。蓄音器を約600台を収蔵し、常時150台を展示しているそうですが、時間がなく通過しました。

金沢蓄音機館
詳細不明
金沢市尾張町2-11-21
c0112559_08523970.jpg
ネットにあった内部写真です。このあとJR金沢駅から帰路へ。

by gipsypapa | 2017-12-28 08:53 | 建築 | Trackback | Comments(0)

主税町茶屋街

c0112559_09310162.jpg
ひがし茶屋街」から戻って浅野川大橋を渡ると、もう一つの茶屋街があります。「ひがし茶屋街」は浅野川の東南、少し陸側に入り込んだ位置にありますが、「主税町(かずえまち)茶屋街」は西側の、大橋から見て下流の川沿いにあります。「主計町茶屋町」は明治期に成立した考えられているそうです。

茶屋建築としての特徴は「ひがし茶屋街」と似ていますが、明治後期から昭和初期にかけて三階建てに増築されるなど変化しているとか。観光地化している「ひがし茶屋街」に比べて、土産物屋などはほとんどなく、当時のままの料亭などが残っており、前を流れる浅野川とともに風情のある景観を形成しています。

主税町茶屋街
明治期~昭和初期
重要伝統的建造物群保存地区
金沢市主計町
撮影 : 2017.3.8
c0112559_09313198.jpg
浅野川大橋から下流を見ています。左側が主税町茶屋街。
c0112559_09320117.jpg
金沢市内は用水路が多いそうで、これは浅野川への流入口。
c0112559_09331409.jpg
帰り道に通過するのに、川沿いではなく一本浦の路地を歩きました。
c0112559_09334851.jpg
路地に源法院というお寺がひっそりと建っています。山号は臨川山で、約1200年も前の大昔、弘法大師によって建てられたという伝説のお寺だとか。
c0112559_09342037.jpg
一角にある女性友禅作家の工房、欒堂(らんどう)。
c0112559_09345542.jpg
猫がいます。
c0112559_09352958.jpg
バーです。
c0112559_09364887.jpg
この奥にあるようですが、観光客には敷居が高いです。
c0112559_09375898.jpg
路地と直角の「あがり坂」。
c0112559_09385059.jpg
c0112559_09391014.jpg
料亭が軒を並べています。
c0112559_09395623.jpg
c0112559_09401259.jpg
c0112559_09403105.jpg
c0112559_09404768.jpg
主税町料亭組合の事務所です。
c0112559_09412054.jpg
c0112559_09414430.jpg
泉鏡花はこのすぐ近くで生まれたそうです。
c0112559_09421893.jpg
c0112559_09423516.jpg
c0112559_09425240.jpg
暗がり坂。路地はまだまだ続きますが、ここを登っていきました。
c0112559_09432616.jpg
c0112559_09434626.jpg
c0112559_09440912.jpg
c0112559_09442987.jpg
c0112559_09445552.jpg
川沿いの道は通らなかったので、ネットから写真を借用しています。
c0112559_09452434.jpg
c0112559_09330281.jpg
時間がなく、ショートカットしましたが、もう一度歩きたい町並みです。

by gipsypapa | 2017-12-25 09:46 | | Trackback | Comments(2)

金沢市の「ひがし茶屋街」


c0112559_08395778.jpg
金沢市で人気の観光スポットの一つ「ひがし茶屋街」は1820(文政3)年に加賀藩がこの周辺に点在していたお茶屋を集めて町割りしたところ。浅野川の東岸にあり、犀川西岸の「にし茶屋街」とともに公許され、形成された茶屋町です。

二筋の街路に面して、1階に出格子を構え、2階の天井を高くして座敷を設ける「茶屋建築」の木造が連なっています。江戸時代後期から明治初期にかけての茶屋がまとまって残っている貴重な町並みで、京都・祇園の茶屋町と並んで、当時の華やか茶屋文化を今に伝える地域として、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

ひがし茶屋街
江戸後期~明治初期
重要伝統的建造物群保存地区
金沢市東山1-13
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08403489.gif
c0112559_08405593.jpg
石畳の両側に同じ高さの茶屋が隙間なく連なっています。
c0112559_08412641.jpg
c0112559_08414212.jpg
c0112559_08415831.jpg
c0112559_08421268.jpg
c0112559_08423117.jpg
c0112559_08424743.jpg
着物が似合う町並みです。
c0112559_08431990.jpg
まずは一部の建物を紹介します。

民宿 陽月
c0112559_08441922.jpg
茶屋を使った「ひがし茶屋街」で唯一の宿泊施設。2階に客室3部屋あり、一階に食堂、風呂場、洗面所、トイレがあるそうです。ゲストハウスとして外国人の人気が高いとか。

民宿 陽月
金沢市東山1-13-22
c0112559_08453433.jpg
c0112559_08455248.jpg
ネットにあった中の写真を2枚。
c0112559_08462242.jpg

アンティーク山屋
c0112559_08473058.jpg
九谷焼、加賀蒔絵、輪島塗などの地域の品々とバカラのグラスやヨーロッパの版画などの販売をしているそうです。

アンティーク山屋
金沢市東山1-13-20
c0112559_08480977.jpg
c0112559_08483031.jpg
これ、気づかず通り過ぎたのでネットから借用しました。

十字屋ひがし茶屋街店
c0112559_08500049.jpg
金沢の魚介やのどぐろ一夜干しなど、魚の加工品を取り扱っている土産店です。

十字屋ひがし茶屋街店
金沢市東山1-13-19
c0112559_08503123.jpg

by gipsypapa | 2017-12-11 08:50 | | Trackback | Comments(2)

金沢市尾張町の建物群

c0112559_08551496.jpg
尾張町は初代加賀藩主の前田利家の生まれ故郷である尾張の国から移住してきた商人の多くが、この地に居を構えたことから名付けられました。藩政期から現代にいたるまで、この街は商業の町として発展し、現在もその面影を残した町並みです。
c0112559_08541087.jpg
c0112559_08545014.jpg
ここまで尾張町の建物をいくつか紹介してきましたが、まだまだ興味深いものがありますので、まとめてアップします。

金沢市尾張町
撮影 : 2017.3.8

五十嵐提灯店
c0112559_08555846.jpg
尾張町の通りから南に少し入ると町名が博労町になります。五十嵐提灯店は明治時代創業で、加賀提灯を製造販売しています。
金沢市博労町62

佐野商舗
c0112559_09080135.jpg
創業が大正13年の記念品や土産物と工芸品の店です。詳細は分かりませんが、モダンな外観で昭和初期の洋風建築に見えます。
金沢市尾張町2-9-20

望月めがね店
c0112559_09092633.jpg
こちらも創業が大正12年の老舗眼鏡店です。
金沢市尾張町1-10-20
c0112559_09100159.jpg
文真堂
c0112559_09105428.jpg
古い町家建築。書道、水墨画用品の専門店で、国内外の筆、硯、紙、墨、額縁、軸表装などを取り扱っています。
金沢市尾張町2-11-28
c0112559_09112212.jpg
c0112559_09114708.jpg
旗屋
c0112559_09123887.jpg
名前の通り、各種の旗を初めとして、幕、袢纏(はんてん)、幟(のぼり)、暖簾(のれん)、記念品、贈答品などを販売しています。
金沢市尾張町1-9-17
c0112559_09130616.jpg
c0112559_09133178.jpg
たたみ工房
c0112559_09142158.jpg
明治時代から続く畳屋で、ここが製造工房だそうです。
金沢市尾張町1-9-18.
c0112559_09144939.jpg
c0112559_09150594.jpg
c0112559_09151766.jpg
東田漢法堂
c0112559_09160711.jpg
間口が狭い町家です。“まむし黒焼”と書かれた看板が目を引く漢方薬や薬草などを販売しています。
金沢市尾張町1-7-13
c0112559_09163689.jpg
c0112559_09165150.jpg
八百萬本舗
c0112559_09174139.jpg
金沢の土産物、雑貨、菓子を販売しています。元は町家の「旧志村金物店」だったものを改修したそうです。
金沢市尾張町2-14-20
c0112559_09181176.jpg

by gipsypapa | 2017-12-06 09:18 | | Trackback | Comments(2)