タグ:福岡 ( 116 ) タグの人気記事

旧古河鉱業若松ビル

c0112559_1332759.jpg
 若松バンドといわれる港湾地区に出ました。この建物は若松で最も有名なレトロ建築でしょう。旧財閥系企業の古河鉱業が若松に進出したときの支店の事務所ビルで、石炭の積出港として賑わった若松バンドのシンボル的な建物として、長く地元住民に親しまれてきたものです。2004年に大がかりな改修がなされ、現在はコミュニティーホールとして活用するとともに一般公開されています。

 道路が直交せず、コーナーが鋭角になっているので、面白い形の建物になっています。角地の南西隅に大塔、南東に小塔が3階部分まで伸びて風格のある外観。角の大塔の下部と南側の2か所に玄関を配置しています。

 明治から大正期の煉瓦造りの特徴である赤い煉瓦タイルの付け柱と白の人工石の対比が鮮やかです。付け柱の間には2連の縦長窓を上下階に並べて縦線を強調しています。国の登録有形文化財の煉瓦造2階建て、塔屋付。

旧古河鉱業若松ビル
1919(大正8)年
登録有形文化財
設計・施工 : 大林組
北九州市若松区本町1-11-18
撮影 : 2012.5.20
c0112559_1341874.jpg
c0112559_134284.jpg
c0112559_1354571.jpg
c0112559_134447.jpg
c0112559_1355213.jpg
c0112559_136275.jpg
c0112559_1355440.jpg
c0112559_1352059.jpg
c0112559_13627.jpg
c0112559_135381.jpg
c0112559_1363649.jpg
c0112559_136491.jpg
c0112559_1372568.jpg
c0112559_1362715.jpg
c0112559_1374038.jpg
c0112559_137476.jpg
c0112559_1365916.jpg
c0112559_1375342.jpg
c0112559_137882.jpg
c0112559_138691.jpg

by gipsypapa | 2013-06-07 13:10 | 建築 | Trackback | Comments(4)

北九州市若松区の旧為末病院

c0112559_1071618.jpg
 これも偶然見つけた病院建築。かなり大型の病院で、淡いクリーム色のモルタル仕上げの外壁。腰部分は褐色のスクラッチタイル、玄関周りには白い角型タイルを貼ってアクセントにしています。

 タイルに埋め込まれた「為末病院」とい看板は大理石のようです。左に煙突もあって、全体に昭和初期の雰囲気をよく伝えています。現在は閉鎖されているようです。木造2階建て。

旧為末病院
昭和初期
設計・施工 : 不明
北九州市若松区本町1-12-8
撮影 : 2012.5.20
c0112559_108350.jpg
c0112559_1081498.jpg
c0112559_1082435.jpg
c0112559_1083572.jpg
c0112559_1084515.jpg
c0112559_1085532.jpg

by gipsypapa | 2013-06-06 10:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)

料亭金鍋本館

c0112559_8425669.jpg
 若松の老舗料亭「金鍋」。創業は明治28年ですが、この建物は明治末から大正初めにかけて建てられたものです。石炭販売・海陸運送業で栄えた若松の実業家や文化人らが集う場所として広く知られているそうです。

 本館は珍しい数寄屋風の3階建てで、重厚な黒漆喰の外観と一部に洋風の意匠を用いた建物。表門は角柱を立て,腕木,軒桁,垂木に丸太を用い,ガラス欄間を嵌め込むなど,近代的な数寄屋風の意匠です。今も現役で、当時の若松の繁栄を今に伝え、地域の歴史的景観を維持する貴重な存在です。国の登録有形文化財の木造3階建て。

料亭金鍋本館
1917(大正6)年ころ
録有形文化財
設計・施工 : 不明
北九州市若松区本町2-4-22
撮影 : 2012.5.20
c0112559_8434070.jpg
c0112559_844162.jpg
c0112559_8441290.jpg
c0112559_8442166.jpg
c0112559_8443268.jpg
c0112559_8444243.jpg

by gipsypapa | 2013-06-05 13:30 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北九州市若松区の質協アパート(旧飯野海運事務所)

c0112559_12591771.jpg
 霧島海運商会を北へ進んだところにある事務所ビル。かつては飯野海運の事務所だった建物で、現在は2階部分が貸しアパート、1階の一部にはAll Ways という、カジュアル用品店が入っています。店のオーナーさんに伺うと、店内はほぼ昔のまま使われているそうです。

 左側の白いモルタル塗りと、向かって右側の鮮やかなブルーの部分(アパートの入口)とは屋根が段違いになっており、右側は増築されたのかもしれません。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

質協アパート
旧飯野海運事務所
大正末期~昭和初期
設計・施工 : 不明
北九州市若松区浜町1-6-23
撮影 : 2012.5.20
c0112559_12594628.jpg
c0112559_13046100.jpg
c0112559_13011.jpg
c0112559_1302734.jpg
c0112559_1311184.jpg
c0112559_1313364.jpg
c0112559_1314560.jpg
c0112559_1305576.jpg
c0112559_131593.jpg

by gipsypapa | 2013-06-04 13:02 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北九州市若松区の霧島海運商会

c0112559_1011089.jpg
 杤木ビルを出て、次の目標に向かって歩く途中に偶然見つけた建物。昭和初期以前に流行した、和館の前に、小さな洋館を置いた住宅です。

 洋館は白いモルタル仕上げにベイウィンドウがあり、妻面の屋根を折り曲げ、丸い換気口を配した、お洒落な住宅です。個人の住宅(A邸)ですが、霧島海運商会という表札が架かっていて、事務所も兼用しているのかも知れません。洋館は木造平屋建て。

霧島海運商会
昭和初期?
設計・施工 : 不明
北九州市若松区浜町1-5-26
撮影 : 2012.5.20
c0112559_10114546.jpg
c0112559_10121657.jpg
c0112559_10114074.jpg
c0112559_10123540.jpg
c0112559_1012418.jpg

by gipsypapa | 2013-06-03 10:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北九州市若松区の杤木(とちき)ビル

c0112559_13225780.jpg
 若戸大橋の下にある、これも大正期の商業ビル。杤木商事(現、杤木汽船)が大正9年に本社として建設した建物。現在は雑居の事務所ビルとして使われています。

 初期の鉄筋コンクリート建築で、腰部や玄関周りは石貼り、上部は暗いあずき色のタイル貼りで、2階と3階のあいだの壁面に三つの菱形を飾る比較的地味な商業ビルです。

 設計は弟の松田軍平とともに松田建築事務所を設立し、北九州を中心に活躍した松田昌平(まつだ しょうへい 1889-1976)。このブログでも重要文化財の旧門司三井倶楽部を紹介しています。鉄筋コンクリート造り、3階建て、半地下室付き。

杤木(とちき)ビル
旧杤木商事本社
1920(大正9)年
設計 : 松田昌平
施工 : 不明
北九州市若松区本町1-15-10
撮影 : 2012.5.20
c0112559_13243011.jpg
c0112559_13243935.jpg
c0112559_132595.jpg
c0112559_13255877.jpg
c0112559_1326889.jpg

by gipsypapa | 2013-05-31 13:25 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北九州市若松区の上野ビル

c0112559_9393974.jpg
 渡船の若松渡し場を降りたら最初に出会う古い建物が上野ビル。大正初期に建てられた三菱合資会社の若松支店として建設した事務所ビルです。上野海運の大きな赤い看板が目印です。

 一見して古ぼけたビル。外観も内部もかなり痛みが目立ちますが、ほとんど手を加えないままにテナントビルとして使われていて、これがかえって趣があります。行った価値がありました。

 設計は三菱の丸の内赤煉瓦オフィス街の設計を行ったのち独立し、先駆的な住宅設計で知られる保岡 勝也(やすおか かつや 1877 - 1942年)。このブログで紹介した、三菱合資会社長崎唐津出張所をはじめ、第八十五銀行本店(現在埼玉りそな銀行川越支店)、山崎氏別邸、山吉デパート、長崎次郎書店、麻田駒之助邸などが現存しています。鉄筋コンクリート造り3階建て。

上野ビル
旧三菱合資会社若松支店
1913(大正2)年
設計 : 保岡勝也
施工 : 清水組
北九州市若松区本町1-10-17
撮影 : 2012.5.20
c0112559_9412735.jpg
c0112559_9404314.jpg
c0112559_9413445.jpg
c0112559_9414120.jpg
c0112559_9412576.jpg
c0112559_941954.jpg
c0112559_9422093.jpg
c0112559_9422498.jpg
c0112559_942338.jpg
c0112559_9425084.jpg
c0112559_9421458.jpg
c0112559_942566.jpg
c0112559_9423865.jpg
c0112559_9425798.jpg
c0112559_9431596.jpg
c0112559_9432527.jpg
c0112559_9431779.jpg
c0112559_9435655.jpg
 喫茶店や小間物屋の店舗が入っていて、若者の集う場所です。
c0112559_9441519.jpg
c0112559_9444663.jpg
 3階にはお洒落なトップライト。
c0112559_9454333.jpg
 敷地にある倉庫には三菱のマーク。
c0112559_9452940.jpg
c0112559_946258.jpg
 同じく敷地の一角にある平屋建ても古そうです。
c0112559_9472825.jpg

by gipsypapa | 2013-05-30 09:49 | 建築 | Trackback(2) | Comments(6)

若戸大橋

c0112559_13212143.jpg
 若戸大橋の下を船で若松へ渡ります。

 若戸大橋は戸畑・若松間の洞海湾に架かる我が国最初の本格的な鋼製吊り橋で、竣工時は東洋一の吊り橋として話題となり、記念切手が発行されたことを覚えています。真紅の大橋は、今も北九州の象徴です。

若戸大橋
1962(昭和37)年
設計 : 旧日本道路公団
施工 : 横河ブリッジ
北九州市戸畑区川代1~若松区中川町
撮影 : 2012.5.20
c0112559_13245866.jpg

c0112559_13224568.jpg
c0112559_13221522.jpg
 市営の若戸渡船(わかととせん)です。若戸大橋は当初にあった歩道が1987(昭和62)年に廃止されたので、渡船の利用客が多いようです。乗船料は100円でした。
by gipsypapa | 2013-05-29 13:27 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本水産戸畑ビル(ニッスイビル)

c0112559_13103639.jpg
 次はJR戸畑駅で下車。ここを見て渡船に乗って若松へ渡るつもりです。

 建物は角地にあり、玄関をコーナーに配置しています。ファサードは縦の線を強調しているのが特徴。屋上に塔屋のようなものがあり、民間として日本で初めて採用した漁業無線のアンテナが立っています。遠洋漁業の拠点として、世界中で漁を行っていた名残でしょう。

 外壁は褐色のタイル貼りに大きな窓が整然と並ぶモダンなビル。ニッスイパイオニア館として一般公開されています。北九州市都市景観賞の鉄筋コンクリート造り、4階建て。

日本水産戸畑ビル(ニッスイビル)
旧共同漁業ビル
1936(昭和11)年
北九州市都市景観賞
設計・施工 : 不明
北九州市戸畑区銀座2-6-27
撮影 : 2012.5.20
c0112559_13105188.jpg
c0112559_1311213.jpg
c0112559_1311288.jpg
c0112559_13114012.jpg
c0112559_13111962.jpg
c0112559_13121217.jpg

by gipsypapa | 2013-05-28 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(4)

安川電機本社

c0112559_1301040.jpg
 福岡への帰省の帰りに北九州を少し回ってきました。

 ヴォーリズ設計の八幡バプテスト教会を訪ねるため、JR黒崎駅で下車。ついでにアントニン・レーモンドの戦後の建物があるのでこれも見てきました。九州では有名な安川電機の本社事務所です。

 戦後のA.レーモンドに多いモダンな事務所ビルで、窓のルーバーに特徴があります。解体の危機があったようですが、一部を残して使われています。北九州市の都市景観賞を受賞した鉄筋コンクリート造り、3階建て。

安川電機本社
1953(昭和28)年
北九州市都市景観賞
設計 : A.レーモンド
施工 : 大林組
北九州市八幡西区黒崎城石2-1
撮影 : 2012.5.20
c0112559_1312789.jpg
c0112559_1313512.jpg
c0112559_13289.jpg
c0112559_1321565.jpg

by gipsypapa | 2013-05-27 13:02 | 建築 | Trackback | Comments(2)