タグ:石川 ( 49 ) タグの人気記事

尾張町の居酒屋「むさし」

c0112559_08130389.jpg
尾張町に多い古民家を改装した居酒屋むさし。2軒長屋の左側を使っています。1階,2階ともに細かな格子窓があるのが特徴です。2階の軒が高いので、そんなに古いものではないようですが、詳細は分かりませんでした。木造2階建て。

居酒屋「むさし」
詳細不明
金沢市尾張町1-9-4
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08141675.jpg
c0112559_08143078.jpg
c0112559_08144950.jpg
c0112559_08150244.jpg
c0112559_08151834.jpg
これ以降は食べログから借用しました。
c0112559_08161400.jpg
c0112559_08163189.jpg
c0112559_08164547.jpg
海の幸が美味しそう。

by gipsypapa | 2017-11-27 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾張町の石黒ビル

c0112559_08410138.jpg
前回アップした石黒薬局の西隣にあるのは、昭和初期に石黒ファーマシーと称したころ本社ビルだった建物です。当時、町家の商店が並ぶこの地では珍しい4階建ての鉄筋コンクリート造り。設計は武田五一です。

ベージュ色のモルタル仕上げの外壁に、縦長窓が並ぶ外観で、武田五一にしては、逆に珍しく、これといった特徴がなく地味なデザインです。鉄筋コンクリート造り、4階建て、地下1階。

石黒ビル
旧石黒ファーマシー本社
1925(大正15)年
設計 : 武田五一
施工 : 清水組
金沢市尾張町1-10-5
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08413819.jpg
このビルを建てたのは18代目傳六のときだとか。ネット情報では3階広間に敷舞台(檜の置き舞台)を設け、定期的に能囃子会を開催したそうです。
c0112559_08424702.jpg
大通りに面した1階部分は、今風のタイル張りに改装されています。ここが長くコンビとして使われていたため。
c0112559_08432808.jpg
もしかしたらこの辺に武田五一のこだわりの何かがあったかもしれません。
c0112559_08441056.jpg

by gipsypapa | 2017-11-25 08:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾張町の石黒薬局(福久屋石黒傳六商店)

c0112559_08180159.jpg
尾張町の建物の中でも、最も古いものの一つ石黒薬局。江戸末期に建てられた老舗の薬局で現在も営業しています。福久屋石黒傳六商店(ふくひさやいしぐろでんろくしょうてん)は、薬種業を営んでいた石黒傳六の店舗兼住宅でした。

腕木構造の大屋根を持つ大型の建物で、町家らしく軒が低い2階建て。2階壁面は白漆喰塗で虫籠(ムシコ)窓になっており、両脇に袖壁が付いています。金沢市の保存建造物に指定されている木造2階建て。

石黒薬局(福久屋石黒傳六商店)
1852(嘉永5)年
金沢市保存建造物
設計・施工 : 不明
金沢市尾張町1-10-8
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08183250.jpg
昭和初期には石黒ファーマシーという名前で市民に親しまれたとか。石黒ファーマシーのビルは次回アップします。
c0112559_08190147.jpg
c0112559_08191608.jpg
現在の当主は20代目だそうです。
c0112559_08194657.jpg
大規模チェーン薬局が多くなった現在でも伝統を守りながら続けて営業しているのは驚きで、大変貴重です。
c0112559_08203847.jpg
c0112559_08205371.jpg
c0112559_08210806.jpg
c0112559_08215191.jpg
c0112559_08223211.jpg

by gipsypapa | 2017-11-24 08:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾張町町民文化館

c0112559_08213087.jpg
尾張町を南北に分割する国道159号の南側にある尾張町町民文化館です。元は金沢蓄財銀行の本店として建てられ建物で、1976(昭和51)年まで北陸銀行尾張町支店として使われたそうです。現在は尾張町商店街が運営する文化館になっています。

建物は明治に建てられた和風の銀行建築と同様の黒漆喰仕上げの塗篭土蔵造り。腰壁は石造りです。黒い鉄製の両開き扉や窓の格子など、銀行だったことがうかがえる威厳のある外観です。石川県有形文化財の土蔵造り、平屋建て。

尾張町町民文化館
旧金沢蓄財銀行本店
1907(明治40)年
石川県有形文化財
設計 : 長岡平三
施工 : 不明
金沢市尾張町1-11-8
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08220069.jpg
c0112559_08222367.jpg
c0112559_08223954.jpg
c0112559_08225547.jpg
c0112559_08231009.jpg
c0112559_08232459.jpg
訪ねたときは閉まっていました。これ以降の内部写真はネットから借用しています。
c0112559_08241763.jpg
c0112559_08243364.jpg
c0112559_08244753.jpg

by gipsypapa | 2017-11-23 08:24 | 建築 | Trackback | Comments(0)

尾張町の茶寮不室屋

c0112559_08171062.jpg
尾張町の西の端に不室屋(ふむろや)があります。慶応元年(1865年)創業の金沢を代表する老舗の一つです。不室村出身の土地豪族末裔だった久右衛門がここに住居を構え、その嫡子、六右衛門が慶応元年2月頃に加賀麩の製造を開始。発祥地だった不室村にちなんで「不室屋」と屋号としたとか。隣接する蔵が改装され、麩料理専門のお食事処「茶寮不室屋」になっています。

茶寮不室屋
詳細不明
金沢市尾張町2-3-1
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08174248.jpg
c0112559_08180051.jpg
c0112559_08181681.jpg
これ以降の商品や茶寮内部の写真はネットから借用しています。
c0112559_08192383.jpg
c0112559_08194695.jpg
c0112559_08200236.jpg
c0112559_08202081.jpg
c0112559_08204111.jpg
不室屋の後ろに、あきらかにレトロな木造2階建てが見えます。このときは道路の反対側から撮影しただけで追求しませんでしたが、ネット情報が見つからず。また機会があれば近くで見たいです。
by gipsypapa | 2017-11-22 08:21 | 建築 | Trackback | Comments(0)

尾張町老舗交流館

c0112559_08261443.jpg
近江町市場から東に伸びる大通りの両側は古い商家が並ぶ尾張町です。初代加賀藩主の前田利家の生まれ故郷が尾張の国で、後を追うように移住してきた、多くの尾張商人がここの住んだことから名付けられたそうです。江戸初期から現在まで、この街は商業の町として発展しましたが、今もその名残がいくつも残っています。

位置的にも近江町市場から近いので、最初に訪ねたい尾張町老舗交流館。古い商家を復元した大正浪漫の建物で、尾張町商店街振興組合が運営する観光案内所です。木造2階建て。

尾張町老舗交流館
大正期
設計・施工 : 不明
金沢市尾張町1-11-11
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08272658.jpg
c0112559_08274255.jpg
c0112559_08275711.jpg
c0112559_08281820.jpg
c0112559_08284225.jpg
この写真以下の内部写真はネットから借用しています。
c0112559_08290970.jpg
c0112559_08292643.jpg
c0112559_08295985.jpg

by gipsypapa | 2017-11-21 08:30 | 建築 | Trackback | Comments(0)

北國銀行武蔵ヶ辻支店

c0112559_08100560.jpg
金沢駅の兼六園口から東に進むと、近江町市場の手前にレトロな建物、北國銀行武蔵ヶ辻支店(ほっこくぎんこうむさしがつじしてん)があります。元は加能合同銀行本店として昭和初期に建てられた銀行建築ですが、当時としてはモダンな外観です。明るい褐色のレンガ風タイル張りで、教会を思わせる縦長の尖塔アーチを三つ並べたファサードが印象的です。

設計は渡辺節建築事務所で日本興業銀行本店、ダイビル本館、綿業会館などの設計に携わり、独立後は近三ビルジング関西大学簡文館世界平和記念聖堂などの個性的な洋風建築のほかにも三養荘新館などの和モダンな建物を数多く手がけた村野藤吾です。鉄筋コンクリート造り3階建て。

北國銀行武蔵ヶ辻支店
旧加能合同銀行本店
1932(昭和7)年
設計 : 村野藤吾
施工 : 清水組石川県金沢市青草町88
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08151358.jpg
c0112559_08183427.jpg
外観が新しく見えるのは、近江町市場の再開発時に少し東側へ移設した際に改修されたためと思われます。
c0112559_08154213.jpg
c0112559_08163782.jpg
c0112559_08160537.jpg

by gipsypapa | 2017-11-20 08:16 | 建築 | Trackback | Comments(4)

金沢の近江町市場

c0112559_08454911.jpg
近江町市場は金沢市の中心部にある市場で、約170店の生鮮食品などと生活雑貨を扱う小売店や飲食店が入っています。地元市民の台所としてだけでなく、観光名所としても知られています。名前の由来は近江商人が作ったことによるとか。

近江町市場
石川県金沢市上近江町50
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08461905.jpg
c0112559_08463197.jpg
c0112559_08481104.jpg
c0112559_08482884.jpg
c0112559_08484863.jpg
c0112559_08490615.jpg
c0112559_08464633.jpg
c0112559_08470194.jpg
c0112559_08471639.jpg
c0112559_08473075.jpg

by gipsypapa | 2017-11-18 08:50 | | Trackback | Comments(2)

15年ぶりに金沢へ

c0112559_09253744.jpg
福井県を後にして、JRで金沢に来ました。ここで1泊します。金沢は15年ぶりでした。すでに記憶は薄いのですが、金沢駅は新幹線も通って、ずいぶんモダンな駅舎になっていました。

JR金沢駅
石川県金沢市木ノ新保町1-1
撮影 : 2017.3.7 & 8
c0112559_09261452.jpg
到着した日は、すでに夕方になっていたので、金沢港口(西口)前のビジネスホテルへ直行。ホテルと同じビルにある、居酒屋で夕食をとって、何もせず寝ました。
c0112559_09264999.jpg
翌日は朝から散策開始。駅を通り抜けて兼六園口(東口)へ。大きな傘をイメージした現代的なデザインの「もてなしドーム」。
c0112559_09272595.jpg
ガラスとアルミ合金で構成された巨大な天井ドームです。
c0112559_09283237.jpg
その東側には和モダンな意匠の鼓門(つづみもん)。高さ13.7mの太い柱2本で支えられ、伝統芸能である能楽「加賀宝生」の鼓をイメージしているとか。

鼓門
石川県金沢市木ノ新保町1-1
2005(平成17)年
設計 : 白江建築研究所
c0112559_09290806.jpg
c0112559_09292332.jpg
らせん状に組み上げられた鼓門の2本の柱の中には、もてなしドームの屋根に降った雨水を貯水槽へ流す配管が通っているそうです。
c0112559_09295449.jpg
駅を出て東に向かって歩きます。

by gipsypapa | 2017-11-17 09:30 | | Trackback | Comments(4)