タグ:矢部又吉 ( 5 ) タグの人気記事

旧東京三菱銀行横浜中央支店

c0112559_125637100.jpg
 イオニア式オーダーが銀行らしい重厚な印象を与える建物で横浜市認定歴史的建造物ですが、いわゆるファサード保存した、日本興亜馬車道ビルと同じく「かざぶた建築」の物件。後ろに建つ高層ビルはD’ グラフォート横浜クルージングタワーという高層マンションです。

 設計は日本興亜馬車道ビルで詳しく紹介した矢部又吉。横浜市認定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り、2階建て。

旧東京三菱銀行横浜中央支店
元第百銀行横浜支店
1934(昭和9)年
横浜市認定歴史的建造物
設計 : 矢部又吉
施工 : 戸田組
横浜市中区本町4-41
撮影 : 2012.12.8 & 9
c0112559_12574155.jpg
c0112559_1257151.jpg
c0112559_12581239.jpg

by gipsypapa | 2013-09-25 12:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本興亜馬車道ビル

c0112559_1364072.jpg
 神奈川県立歴史博物館の南に隣接する日本興亜馬車道ビルは川崎財閥の中核銀行だった川崎銀行の横浜支店を復元し、ファサード保存したもの。新築の高層ビルに昔のレトロな外壁を貼りつけるこの方式は、「かざぶた建築」ともいわれるそうです。裏側の9階建ての高層ビルは1989年の築で設計は日建設計。

 ネオルネッサンス様式の銀行建築。ルスティカ積みの石造り風の銀行らしい重厚な造りです。窓の形を階ごとに変え、2階以上は両側に飾り柱を立て、3階部分はペディメントを載せて変化を持たせています。

 設計は銀行建築を数多く手がけ、主として横浜で活躍した矢部又吉(やべ またきち1888 - 1941)。このブログでも川崎銀行本店(外壁の一部が明治村に移築)、川崎貯蓄銀行大阪支店(現 堺筋倶楽部・アンブロシア)、川崎貯蓄銀行福島出張所(現 ミナミ株式会社大阪事務所)を紹介しています。横浜市認定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り3階建て、地下1階。

日本興亜馬車道ビル
旧川崎銀行横浜支店
1922(大正11)年
横浜市認定歴史的建造物
設計 : 矢部又吉
施工 : 矢部工業所
横浜市中区弁天通5-70
撮影 : 2012.12.9
c0112559_1393356.jpg
c0112559_131076.jpg
 神奈川県立歴史博物館(左)から見た日本興亜馬車道ビル。通りに面した1階から3階までの部分にのみファサードを残しているのがわかります。
c0112559_13102353.jpg
c0112559_13102989.jpg
c0112559_13103662.jpg
 夜は高層ビルの存在を忘れてしまいます。いい感じです。
by gipsypapa | 2013-09-12 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(4)

博物館明治村 川崎銀行本店

c0112559_12592669.jpg
 川崎銀行本店は、ルネッサンス様式を基調としており、当時の銀行・会社の本店建築の中でも本格的銀行建築である。構造は鉄筋コンクリート(一部鉄骨)造、外壁は御影石積で地上3階、地下1階建、間口約38メートル、高さ約20メートルの建築であった。関東大震災以前の大正10年に起工され、6年間の工期を費やして昭和2年に竣工した。設計者の矢部又吉は、ドイツのベルリン工科大学に学び、帰国後多くの銀行建築を設計したが、この建物はその代表作といえる。

 東京の中心地、日本橋のシンボルとして永く人々に親しまれてきたこの建物は、昭和61年ビル立て替えのため惜しくも取り壊され、正面左側角の外壁部分が明治村へ移築された。日本橋に建て替えられた新ビルは、旧建物の中央玄関部分や柱のキャピタル部分などを保存再利用し、旧建物の面影を活かしたポストモダーンのデザインとなっている。あわせて参考にすべきであろう。


博物館明治村 川崎銀行本店
1927(昭和2)年
登録有形文化財
設計 : 矢部又吉
施工 : 不明
旧所在地 : 東京都中央区日本橋
犬山市内山5-57博物館明治村内
撮影 : 2012.3.10
c0112559_1311339.jpg
c0112559_1312196.jpg
c0112559_1312774.jpg
c0112559_1313556.jpg
c0112559_1314179.jpg
c0112559_1314913.jpg
c0112559_1315889.jpg
c0112559_132775.jpg
c0112559_1321541.jpg

by gipsypapa | 2012-11-16 13:02 | 建築 | Trackback | Comments(4)

堺筋倶楽部・アンブロシア

c0112559_10393099.jpg
 堺筋にあるバロック風の近代建築。元銀行だった建物が今はイタリアン・フレンチレストランとして使われています。

 石貼りの外観に、中央のエントランス廻りは濃密な装飾が施されたヨーロッパを思わせる建物です。銀行らしく、1階の軒高が高く吹き抜けの営業室だったところで、イタリアンレストラン。2、3階は金庫室や電話交換室を改修したフレンチレストランの個室、4階はウェッディングパーティーなどに利用される空間となっているようです。

 設計は川崎貯蓄銀行建築課ですが、これに明治末期から昭和初期にかけて横浜で活躍した建築家で、川崎銀行をはじめとした銀行建築を多く手がけたことで知られる矢部又吉が参画したと推測されています。同じ大阪には旧川崎貯蓄銀行福島出張所(1934年現 ミナミ株式会社大阪事務所、国登録有形文化財)があります。鉄筋コンクリート造り、4階建 地下1階。

堺筋倶楽部・アンブロシア
旧川崎貯蓄銀行大阪支店1931(昭和6)年
設計 : 川崎貯蓄銀行建築課+矢部又吉
施工 : 竹中工務店
大阪市中央区南船場1-15-12
撮影 : 2009.6.9
c0112559_104135100.jpg
c0112559_10414726.jpg
 フランスとイタリアの国旗がイタリアン・フレンチレストランを表しているわけです。
c0112559_1042213.jpg
c0112559_10421768.jpg
c0112559_10423173.jpg
c0112559_1042533.jpg
c0112559_1043528.jpg
c0112559_10431917.jpg

by gipsypapa | 2009-10-30 10:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ミナミ株式会社

c0112559_1546997.jpg
大阪駅からJR環状線で1駅、福島駅からすぐ南の国道2号線沿いにあります。
 こじんまりしていますが、いかにも昔銀行だったのが分かります。旧川崎貯蓄銀行福島出張所の建物。ゆるやかな円弧を描いた正面ファサードにイオニア式の柱を持つ重厚な古典様式です。 
 川崎銀行系建築を数多く手がけた矢部又吉の設計。鉄筋コンクリート造り2階建ての登録有形文化財。

ミナミ株式会社
旧川崎貯蓄銀行福島出張所 1934(昭和9)年
登録有形文化財
設計 : 矢部又吉
施工 : 竹中工務店
大阪市福島区福島5-17-7
撮影 : 2007.11.25
c0112559_15554413.jpg
c0112559_15555791.jpg
c0112559_15561163.jpg
c0112559_15562574.jpg
c0112559_15564112.jpg
c0112559_1557280.jpg
c0112559_15571716.jpg
 ヨーロッパの古い建築のように見えます。ちなみにミナミ株式会社は生地専門商社らしいです。
by gipsypapa | 2008-01-07 16:07 | 建築 | Trackback | Comments(4)