タグ:渡辺節 ( 10 ) タグの人気記事

梅小路蒸気機関車館 扇形車庫

c0112559_947447.jpg
 玄関棟の旧二条駅舎を奥に進むと扇形車庫に出ます。上から見ると、その姿が扇を開いた形に見えるので扇形車庫といわれ、蒸気機関車の車庫となっています。内部は機関車駐留場や整備などを行う器械場や職場等に分かれて、20線の引き込み線があります。現在でも車庫内では蒸気機関車の保守や修繕などを行われています。

 また屋外には転車台(ターンテーブル)と放射状に伸びる引き込み線があります。蒸気機関車は車庫から引き込み線で転車台まで移動し、蒸気機関車の向きを変え、本線へと移動します。

 扇形庫には蒸気機関車18形式20両が収容・展示され、現在も車両基地としての機能を有していて、営業線とも接続されています。実際に観光のための「SLスチーム号」が運行されていて、多くの鉄道ファンに人気を呼んでいます。

 車庫は大正初期に建設された現存する最古の鉄筋コンクリート造りの扇形車庫。設計と建築を指揮したのは東京帝国大学建築科を卒業し、12年に鉄道院に就職したばかりの若き渡辺節。渡辺はここ梅小路機関車庫や京都駅を担当し後に退官、大阪に設計事務所を開いて、綿業会館、ダイビル本館、商船三井ビルディングなどの有名建築物手掛けました。国の重要文化財と近代化遺産に選ばれた鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

梅小路蒸気機関車館 扇形車庫
1914(大正3)年
重要文化財、近代化遺産
設計 : 渡辺節(鉄道院西部鉄道管理局)
施工 : 大林組
京都市下京区観喜寺町56
撮影 : 2014.9.30
c0112559_948945.jpg
c0112559_9481938.jpg
c0112559_9483146.jpg
c0112559_9484279.jpg
c0112559_9485356.jpg
c0112559_949355.jpg
c0112559_9491284.jpg
c0112559_9492119.jpg
c0112559_9493183.jpg
c0112559_9493930.jpg
c0112559_949515.jpg
c0112559_950268.jpg
c0112559_9501362.jpg
c0112559_950243.jpg
c0112559_9503673.jpg
c0112559_9504690.jpg
c0112559_9505748.jpg
c0112559_951797.jpg
c0112559_9512424.jpg
c0112559_9514158.jpg
 車庫に立つ煙突は蒸気機関車からでる煙を排出するためのものです。
by gipsypapa | 2015-04-08 09:52 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)

旧日本綿花実業横浜支店(ZAIM)

c0112559_14591191.jpg
 綿花や生糸の直輸入をする日本綿花実業(現 双日)の横浜支店として建てられたビル。戦後に関東財務局横浜財務事務所が使用していたため、ZAIM(ザイム)とうい名前で、文化芸術創造の場所として使用されていましたが、建物の老朽化のため、2010(平成22)年3月末に閉鎖され今は空き家になっています。

 褐色のタイル貼りに縦長窓が規則的に並ぶ典型的なオフィスビル。綿業会館旧大阪商船神戸支店(現商船三井ビルディング)旧大阪ビルジング旧館(解体)岸和田市立自泉会館旧神戸証券取引所(現神戸朝日ビルディング)旧乾邸旧和泉銀行本店(現C.T.L. BANK)など様式主義を用いた濃密な作品が多い渡辺 節(わたなべ せつ1884 - 1967)にしては、玄関周りと最頂部のロンバルディアバンドに古典様式主義が垣間見える程度で、比較的自己主張の少ない意匠です。c0112559_1533230.jpg

 なお、東側に隣接するネットがかかった背の低いビルは、同時に建設された同支店の倉庫で、かつては神奈川労働基準局などに使用されていたものです。2棟ともに鉄筋コンクリート造り、4階建て。

ZAIM
旧日本綿花実業横浜支店
1928(昭和3)年
設計 : 渡辺節
施工 : 佐伯組
横浜市中区日本大通34
撮影 : 2012.12.9
c0112559_1535330.jpg
c0112559_154540.jpg
c0112559_154151.jpg
c0112559_1542513.jpg
c0112559_1543561.jpg

by gipsypapa | 2013-10-03 15:06 | 建築 | Trackback | Comments(0)

岸和田市立自泉会館

c0112559_13174362.jpg
 岸和田を訪ねた1番の目的はこの自泉会館(じせんかいかん)。岸和田紡績(現ユニチカの前身の1つ)の創設者の寺田甚与茂氏に贈られた慰労金を基にして、社長を継いだ長男の甚吉氏が建て寺田財閥の倶楽部でした。現在は多目的文化施設になっていて岸和田市民のギャラリーやコンサート会場として利用されています。

 スパニッシュ風の洋館で、総じて装飾の少ないシンプルな外観ですが、大きな玄関ポーチを支える柱に様式主義の香りもあります。側面はモダニズムを感じる曲面を張り出した窓を並べるなど、多彩な印象です。

 内部は古典的で豪華な雰囲気がいたるところにちりばめられていて、曲線を多用した変化に富んだ設計です。見どころの大広間は吹き抜けの空間で、暖炉の煙道を内部に見せる珍しい設計になっています。

 設計はこのシリーズのC.T.L. BANKで紹介した渡辺節。旧乾邸とともに、彼の住宅建築の代表作です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り2階建て。

岸和田市立自泉会館
1932(昭和7)年
登録有形文化財
設計 : 渡辺節建築事務所
施工 : 大林組
岸和田市岸城町5-16
撮影 ; 2012.5.5
c0112559_1319656.jpg
c0112559_13192930.jpg
c0112559_13195933.jpg
c0112559_13192346.jpg
c0112559_13202262.jpg
c0112559_13193649.jpg
c0112559_13203816.jpg
c0112559_13195433.jpg
c0112559_1320392.jpg
c0112559_13203416.jpg
c0112559_13204275.jpg
c0112559_13211584.jpg
c0112559_13204734.jpg
c0112559_13205251.jpg
c0112559_1321164.jpg
c0112559_13215245.jpg
c0112559_10293881.jpg
c0112559_13211863.jpg
c0112559_13212723.jpg
c0112559_13215646.jpg
c0112559_13214868.jpg
c0112559_13224079.jpg
c0112559_1031113.jpg
c0112559_10311544.jpg
c0112559_1323065.jpg
c0112559_13222356.jpg
c0112559_132320100.jpg
c0112559_13223687.jpg
c0112559_13224657.jpg
c0112559_13234872.jpg
 私が訪ねた時はラッキーにも行事が行われておらず、問題なく内覧出来て、係りの人に親切に案内してもらいました。入場料も無料です。結構行事が多いらしいので、予めホームページで、予定を下調べしてから行くことをお勧めします。
by gipsypapa | 2013-05-21 13:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)

岸和田のC.T.L. BANK

c0112559_13152372.jpg
 商店街を抜けると旧紀州街道。この街道沿いにレトロな洋風建築が並んでいます。

 まずはC.T.L. BANKと呼ばれる建物。和泉銀行本店として建てられ、その後は住友銀行をはじめ多くの金融機関が入店し、最後の南大阪信用金庫が閉じる2004(平成16)年まで一貫して銀行として使われました。現在はダイエット食品を扱うタイムリーカンパニーなど3社が共同保有し、一般開放しています。CTLはこれらの会社の頭文字です。

 正面中央の巨大な半円アーチとその上部のテラコッタのフクロウのようなメダリオンが目を引きます。外壁はタイル貼りで、コーナーの柱はタイルを石積み風。腰の部分や蛇腹、アーチの周囲にもテラコッタが貼られた優雅な外観です。

 内部は銀行らしく吹き抜けの空間で、2階部分は表と奥にベランダ。天井のトップライトで店内を明るくする工夫がなされています。

 設計は関西を中心に様式主義を自在に使いこなし、合理性を踏まえたといわれる渡辺節(わたなべ せつ、1884 - 1967)。このブログでも既に綿業会館ダイビル本館商船三井ビルディング神戸朝日ビルディング乾邸などを紹介しており、いずれも華麗で優れた建築ばかりです。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、2階建て。

C.T.L. BANK
旧和泉銀行本店
1933(昭和8)年
登録有形文化財
設計 : 渡辺節建築事務所
施工 : 藤木工務店(早川健次)
岸和田市北町14-3
撮影 ; 2012.5.5
c0112559_13202489.jpg
c0112559_13203367.jpg
c0112559_13202671.jpg
c0112559_1320463.jpg
c0112559_13202483.jpg
c0112559_13204936.jpg
c0112559_13211046.jpg
c0112559_1321439.jpg
c0112559_13211318.jpg
c0112559_13212265.jpg
c0112559_13214128.jpg
c0112559_13212384.jpg
c0112559_13215534.jpg
c0112559_13214143.jpg

by gipsypapa | 2013-05-14 13:23 | 建築 | Trackback | Comments(0)

神戸朝日ビルデイング

c0112559_16114720.jpg
 個人的に懐かしい建物です。最初は神戸の証券取引所として建築されました。戦後、米軍に接収されたのち、1953(昭和28)年から朝日会館という映画館になっていたので、若いころに映画を見に行った記憶があります。その後、老朽化により1994(平成6)年に新ビルが建設され、この緩やかなカーブを描く証券取引所の建物は保存されています。イオニア式柱頭を持つ角柱が並ぶ姿は重厚な印象を与えています。

 ちなみに背面に新設された25階建ての高層ビル(塔屋付、地下1階)は竹中工務店の設計・施工。

 設計はこのブログで商船三井ビルディング綿業会館、今はなきダイビル本館旧乾邸鹿児島銀行大阪支店を紹介した渡辺節(わたなべ せつ1884 - 1967)。古典主義をベースとした様式建築を自在に設計し、関西を中心に商業ビルの秀作を数多く手掛けました。鉄筋コンクリート造り5階建て。

神戸朝日ビルデイング
旧神戸証券取引所
1934(昭和9)年
設計 : 渡辺節建築事務所
施工 : 清水組
神戸市中央区浪花町59
撮 影 : 2009.2.14
c0112559_16144426.jpg
c0112559_16145128.jpg
c0112559_16145837.jpg
c0112559_1615658.jpg
c0112559_16151642.jpg
 横にコリント式と思われる巨大な柱頭がありました。どこに使われていたのでしょう。
by gipsypapa | 2011-04-06 16:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)

神戸の商船三井ビルディング

c0112559_154002.jpg
 海岸通に面し旧居留地5番にある、ひときわ華やかな商船三井ビル。近代建築が並ぶ旧居留地海岸通においても重厚さと美しさから、この一帯のランドマークとなっている建物で、大正期に旧大阪商船神戸支店として竣工したものです。現在はテナントビルになっていて、各種店舗が入り、1階と2階の一部は大丸のインテリア館になっています。

 アメリカルネサンス様式で、全体的に曲線を強調したデザイン。1階部分は見事なルスティカ仕上げの石積み、ファサードになっているコーナ部の最上部に半円形のペディメントを置き、石貼りの外壁にはテラコッタを使うなど、細部にも凝った意匠を施した優れた建築といえます。建物内部も天井が高く廊下が広い欧米スタイルで統一されています。

 これだけ華やかなのは設計が渡辺節(わたなべ せつ、1884 -1967)だから。すでにこのブログでも紹介した、綿業会館ダイビル本館(取り壊されてしまいました)、旧乾邸など、やはり華麗な作品が多い建築家です。それにしても名建築といっても言い過ぎではない、この商船三井ビルが何故か何の文化財にも指定されていないのは不思議です。鉄骨コンクリート造り7階建て、地下1階、塔屋付。

商船三井ビルディング
旧大阪商船神戸支店 1922(大正11)年
設計 : 渡辺節建築事務所
施工 : 大林組
神戸市中央区海岸通5
撮影 : 2007.11.11
c0112559_1543102.jpg
c0112559_1544529.jpg
c0112559_15441085.jpg
c0112559_15441767.jpg
c0112559_15442387.jpg
c0112559_15443551.jpg
c0112559_15444391.jpg
c0112559_15444898.jpg
c0112559_1545087.jpg
c0112559_1545592.jpg
c0112559_15451782.jpg
c0112559_15452256.jpg
c0112559_15453471.jpg
c0112559_15453970.jpg
c0112559_15455095.jpg
c0112559_15455646.jpg
c0112559_1546310.jpg

by gipsypapa | 2011-03-16 15:46 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

鹿児島銀行大阪支店

c0112559_1120826.jpg
 1年前に撮った写真です。アップし忘れていました。

 渡辺節設計で有名な綿業会館から1ブロック南に下がると、同じ渡辺節建築事務所が設計した銀行があります。銀行にしてはこじんまりしていますが、戦後の築ということもあり、ステンレス鋼を使用した窓格子のある銀行。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

設計の渡辺 節(わたなべ せつ)は、近代日本の建築家。古典主義をベースとした様式建築を自在に設計し、 関西を中心に商業ビルの秀作を多く残しました。大阪の綿業会館ダイビル、自泉会館や神戸の商船三井ビルディング、乾邸、神戸証券取引所(神戸朝日ビル) などが現存しています。

鹿児島銀行大阪支店 1952(昭和27)年
設計 : 渡辺節建築事務所
施工 : 不明
大阪市中央区安土町2-5-11
撮影 : 2008.2.19
c0112559_1123370.jpg
c0112559_1122263.jpg
c0112559_11232280.jpg
 窓格子も・・・
c0112559_11235145.jpg
 この銀行らしい重厚な扉(ですよね)もステンレス鋼。
by gipsypapa | 2009-03-03 11:24 | 建築 | Trackback | Comments(4)

ダイビル本館

c0112559_11135360.jpg
 大阪中之島の中央部分にあるダイビル本館。大正15(1926)年に渡辺節の設計で建てられた、ネオ・ロマネスク様式の大規模なビルディングです。上部はスクラッチタイル貼りのシンプルな外観ですが、1階の北側正面には大國貞蔵と言う彫刻家が手がけた円柱が並ぶ濃密なデザインが施されています。
 テナントビルで1階の中には当時の建築物としては珍しいアーケード商店街が並び、また玄関ホールに宮殿のような素晴らしい空間があります。文化財登録がされていないのが不思議なくらいの建物です。

 渡辺節設計で同時期に建てられた東京の旧丸ビルが既に取り壊され、大正期の大規模オフィスビルとしては、神戸の商船三井ビルとこのダイビル本館が、現存する最後のもので貴重なものです。しかし、残念なことに平成22(2010)年の建て替え(高層ビル化)が決定していて、この魅力のある建物も消えてしまうことになりました。
 鉄筋コンクリート造り、8階建て。

ダイビル本館
旧大阪ビルジング旧館 1926(大正15)年
設計監督:渡辺節、製図主任:村野藤吾、構造設計:内藤多仲(渡辺節建築事務所)
施工 : 大林組
大阪市北区中之島3-6
撮影 : 2007.11.25 & 2008.2.19
c0112559_11151395.jpg
 西側。このように上部は褐色のスクラッチタイル貼りのシンプルなデザインですが、
c0112559_11165951.jpg
c0112559_11173158.jpg
 北側正面の1階はショッピング街になっていて、
c0112559_11194165.jpg
c0112559_11195423.jpg
 ひさしの上に並ぶ照明や彫刻が施された石円柱が濃密な意匠です。
c0112559_11223027.jpgc0112559_11224495.jpg 
























                    花や蛇を模した円柱彫刻。              羊や子供を模した角柱彫刻。
c0112559_1126511.jpg

c0112559_11264248.jpgc0112559_1127610.jpg
























c0112559_11273840.jpg
 印象的な玄関柱の人面彫刻。
c0112559_11283064.jpg
c0112559_11284392.jpg
c0112559_11285651.jpg
 中央玄関上部の半円アーチと「鷲と少女の像」。
c0112559_11302952.jpg
 今にも飛んで行きそうな鳥の装飾もあります。これらは東京美術学校出身の大國貞蔵と言う彫刻家が手がけたとか。
c0112559_11321195.jpg
 中へはいります。玄関を入ってすぐ両側にショッピングアーケード。
c0112559_11335931.jpg
 そして絢爛豪華な玄関ホール。2階まで吹き抜けになっています。しばらくその素晴らしい天井照明を。
c0112559_11352526.jpg
c0112559_11354066.jpg
c0112559_11355357.jpg
c0112559_11361457.jpg
 黄金色をした彫刻に囲まれた中心に電球。
c0112559_11382737.jpg
c0112559_11384059.jpg
c0112559_1138525.jpg
 燦然と光り輝く2階の吹き抜け部を囲むテラスから。
c0112559_11411368.jpg
 2階の黄金色の天井照明を取り囲むように見える、1階の円形の白い照明の対比が面白い。
c0112559_11425949.jpg
 2階のエレベータもレトロ。
c0112559_11433654.jpg
 1階には大正の雰囲気を残し歴史を感じる私設ポストがあります。
c0112559_11444843.jpg
 これだけの建物が解体されるのは、建物ファンとしてはあまりにも惜しい。老朽化していることや、土地利用の見地から取り壊し・超高層ビルへの建て替えが決定しています。
 解体がいつから始まるのか不明ですが、せめて早めに見ておくことをお勧めします。
by gipsypapa | 2008-03-08 11:57 | 建築 | Trackback | Comments(16)

綿業会館

c0112559_14443384.jpg
 大阪では有名な建物です。渡辺節設計で国の重要文化財。渡辺節といえば関西を中心に優れた作品が残っています。すでに紹介した神戸の乾邸は代表作の一つ。
http://gipsypapa.exblog.jp/5583803
ということはこの綿業会館も中が見たいところですが、まだ願いはかなっていません。月に1回内覧可能なのはわかっているのですが・・・
 鉄骨鉄筋コンクリート造6階建て、地下1階、塔屋付。

ネットにあったHPから。内部写真もあります。素晴らしい。
http://www.mengyo-club.or.jp/

< 綿業会館とは・・・。1928年に「日本の綿業 の進歩発展を図るため」という岡常夫氏(当時東洋紡績専務取締役)の遺言で100万 円の寄付を受け、関係業界からの醸出金50万円を加えた150万円を基金に綿業会館建設が決定されました。同時期、大阪城天守閣の再建を望む市民から寄せられ た寄付金も同じ150万円。現在の金額だと60~70億円になるそうです。

 1931年に日本綿業倶楽部の建物として竣工し、翌年1月1日に会館しました。渡辺節氏によって設計されたこの建物のヘッドドラフトマンは村野藤吾氏が担当していました。各部屋はさまざまなスタイルを持っており、世界各国の来賓や、会員の好みに応じて好きな部屋を選んでもらいたいという設計者の配慮によるものです。

 常道として、外観と内部とは同じ方式に統一するのが普通であるのに、なぜ渡辺節氏は、このような建物を計画したのかは「綿業会館の設計と私」と題した文章で以下のように記しています。「会員の好みに応じて好きな部屋で楽しんでもらい、(単一の様式による)不満がいくらかでも解消されると考えたからで、(中略)その結果こうした変った雑多なスタイルの会館が出来上がったわけである」

 大阪大空襲で一面の焼け野原になったなかで奇跡的に綿業会館が焼け残ったのはパトロンの存在と、それにこたえ得る一流の技術があったからだと言われています。1997年には本館が登録有形文化財に指定されました。


綿業会館
1931(昭和6)年
重要文化財
設計 : 渡辺節設計事務所、村野藤吾(設計主任)
施工 : 清水組
大阪市中央区備後町2-5-8
撮影 : 2007.1.14 & 2014.4.1 & 4.26
c0112559_1457344.jpg

c0112559_1458414.jpg
c0112559_1459175.jpg
c0112559_14591377.jpg
 御覧のように休館日。毎月第4土曜日には開放されるそうです。あれっ、玄関のガラスに撮影中の自分の姿が写ってしまった。
c0112559_1501916.jpg
 「社団法人日本綿業倶楽部」と「重要文化財」のプレート。
c0112559_1513644.jpg
 素晴らしいアイアングリル。
c0112559_1521129.jpg
c0112559_1521920.jpg
c0112559_1523065.jpg
 落着いたレンガ色のタイル貼り。ビル自体は大きくありませんが、階毎に異なった形をした窓がいいですね。

偶然通りかかったら、開いていました。美しい内部の写真です。
撮影 : 2014.4.1

c0112559_15242967.jpg
c0112559_15252560.jpg
c0112559_15253968.jpg
c0112559_15255472.jpg
c0112559_1526747.jpg
c0112559_15261924.jpg
c0112559_15263291.jpg
c0112559_1527596.jpg
c0112559_15271875.jpg
c0112559_1527338.jpg
c0112559_15274657.jpg
c0112559_15275897.jpg
c0112559_15281153.jpg
c0112559_15282336.jpg

 つい先日1階のホールまで見てきたばかりですが、そのあとムニュさんから、見学会のお誘いがあり行ってきました。今回は堂々とした公式訪問(笑)なので、心おきなく奥まで素晴らしい内装を見学できました。
撮影 : 2014.4.26


ホール(1F/2F 吹き抜け)
c0112559_10284227.jpg
 この前見た1階ホールを別の角度から。
c0112559_10292587.jpg
c0112559_10294082.jpg

c0112559_8524291.jpg
c0112559_8525539.jpg
c0112559_853795.jpg

会員食堂(1F)
c0112559_10295510.jpg
 1階ホール横にある会員食堂。装飾天井はミューラル・デコレーションというそうです。アーチ窓には透かし彫りのガラスが美しい。
c0112559_1032957.jpg
c0112559_10322471.jpg

c0112559_9553252.jpg

談話室(3F)
c0112559_10365615.jpg
 3階に上がって談話室へ。英国調のルネッサンス初期、ジャコビアン・スタイルだとか。吹き抜け天井や上質の木材を使った階段など、豪華絢爛です。
c0112559_104082.jpg
c0112559_104026100.jpg
c0112559_10405176.jpg
 素晴らしいタペストリーが壁に貼ってあります。京都の泉湧寺の窯場で焼かれたものだそうです。
c0112559_10435911.jpg
c0112559_1144326.jpg

特別室(3F)
c0112559_10441438.jpg
 貴賓室とも呼ばれる特別室。天井や家具は華麗なクイーン・アン・スタイル。
c0112559_10461257.jpg
c0112559_10462580.jpg
c0112559_10463752.jpg
c0112559_10465081.jpg

会議室(3F)
c0112559_1047578.jpg
 特別室とドアを介して続き部屋の会議室は通称「鏡の間」。装飾が少ない部屋ですが、天井照明などセンスがいいデザイン。パンフレットによるとアンピール・スタイルと言われるとか。
c0112559_10513044.jpg

c0112559_8563427.jpg

c0112559_10514829.jpg
c0112559_1052499.jpg

グリル(BF)
c0112559_10524049.jpg
 地下にあるグリル。モザイクタイルが見所。
c0112559_1054247.jpg
c0112559_10541640.jpg
c0112559_1054303.jpg

c0112559_10521856.jpg

c0112559_10545064.jpg
 昔のままの鉄扉がるエレベータに乗って7階へ向かいます。
c0112559_10561129.jpg

大会場(7F)
c0112559_10564896.jpg
 7階の大会場はヴォールト天井のすっきりとしたデザイン。アダム・スタイルというそうです。
c0112559_10585934.jpg
c0112559_10591768.jpg
c0112559_10593496.jpg
 1階のエレベーター横にある郵便箱。上の階から投げ込まれた郵便物がここに落ちてくるようになっています。
c0112559_11102623.jpg
c0112559_11104119.jpg

by gipsypapa | 2007-11-01 15:08 | 建築 | Trackback | Comments(10)

神戸御影の旧乾邸

c0112559_13454081.jpg
 阪急電車の御影駅から白鶴美術館を目指して北に進むと、高級住宅が立ち並ぶ一角があります。ヴォーリズの小寺邸から見て東側に位置する大邸宅。海運業を営んでいた乾新兵衛氏の住宅でした。昨年11月24日に放映されたドラマ「虹を架ける王妃」のロケ地。
 現在はヴォーリズの六甲山荘と同じくアメニティ2000協会によって保存・活用されています。鉄筋コンクリート造、一部木造2階建。

旧乾邸
1936(昭和6)年
設計 : 渡辺節
施工 : 竹中工務店
神戸市東灘区住吉山手5-1-30
撮影 2006.4.22 & 11.11
c0112559_1356437.jpg
 東側の正門。普段は閉まっています。開くのは1年に何回かある内覧会と不定期な催し物が開催されるときだけ。
c0112559_1358071.jpg
 偶然にも2006年11月11日には生け花の展覧会が開催されて中に入ることができました。
c0112559_13591643.jpg
 縦長窓。c0112559_140532.jpgc0112559_1402523.jpg























 内部から玄関アプローチを。
c0112559_1414770.jpg
 建物の中も見事に保存されています。大きな窓が印象的。
c0112559_1425911.jpg
 1階の広間から2階を。
c0112559_1434218.jpg
 この日はいたるところに生け花が飾ってあり、いい雰囲気でした。
c0112559_1442746.jpg
c0112559_1443991.jpg
 階段も手の込んだ装飾が施されています。
c0112559_1453197.jpg
 1階広間の大きなシャンデリア。
c0112559_146549.jpg
c0112559_1464590.jpg
c0112559_1465710.jpg
 2階から見た1階の広間。ドアや手摺の模様が素晴らしい。
c0112559_1484859.jpg
 2階の廊下。
c0112559_1491149.jpg
 2階の小部屋。
c0112559_14175022.jpgc0112559_1418313.jpgc0112559_14181463.jpg







 水周りの小物は昔のまま残されています。
c0112559_14112338.jpg
 2階のベランダ。
c0112559_14114753.jpg
 北側にある水飲み場。
c0112559_14121531.jpg

by gipsypapa | 2007-02-22 14:19 | Trackback | Comments(2)